2018/02/24

【失恋】味わった感情を忘れない事→必ず次の恋に役立ちます!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

深い悲しみを味わった人でなければ、幸せを手にすることはできません。

あの地獄の様な苦しみや得も言われぬ感情を忘れた人は、また同じことを繰り返します。

 

人は忘れる生き物、だからこそ味わった感情は忘れず、十分に認めてあげることが執着や嫉妬を手放すコツです。

 

失恋なんて人生どこかで味わうもの

まずはっきりと分かることは、失恋はたいていの人が味わうものだという事。

「初めて付き合った人が一生涯の人だった」なんて人はこの世にどれほどいるでしょう?

 

たいていの人が別れを経験します。

そして失恋を味わうと”この世の終わり”とも思える絶望感に浸されます。

 

けれどもその絶望感は多くの人が体験している事なんです。

1か月かもしれない、半年かもしれない、それ以上という人もいるのでしょう。

 

「自分はもう1年以上ずっと凹んでる……」

 

そんなあなた、僕は大学の時にフラれた子の事で3年引きずりました(泣

 

こちらもどうぞ→「過去の失恋に執着してしまう」「失恋で孤独に陥ったときに出来る事

 

また僕の知り合いの友人で、40過ぎで独身の方がいるのですが、いまだに結婚せずに独り身を貫いています。

その理由が「20歳の時にフラれたことがトラウマ」なんだとか……

 

さすがにこれには僕も「どんだけ引きずってんだ⁉」とツッコミましたが(笑)

でもこういう人もいるんです。

まぁその人は味わった感情を忘れなさ過ぎて今に至るわけですが……

それでも、笑い話になるじゃないですか。2年も3年も経てば、必ず笑って話せるようになります。だから味わった感情を忘れない様に、次に生かすことが大切なんです。

 

辛い時にその感情をありのままに認める

別れ方に大小あれど、この記事を見ているあなたはさぞ悲しみ苦しんで、なんとか味わった感情を消したい、忘れたいと思っているんじゃありませんか?

 

ですがその感情、絶対に忘れない様にしてください。

「あいつのせいだ!」と被害者意識を持っているかもしれません。

「こんな目に遭うなら出会わなきゃ良かった」と後悔しているかもしれません。

そういう感じた感情をまずは、”ネガティブでも良いから思いっきり”認めてあげるのです。

 

自分が世界一の悲劇のヒロインだと思うのも無理はないです。

そうやって人は人生一度は「世界中で一番」になれるんですから。

 

上で言ったように、何年もすれば今のその感情はたいてい薄れて無くなってしまいます。

だから存分に味わっておくのです。

否が応でも味わわされるその苦しみ、胸に刻んでおきましょう!

 

味わった感情を活かすことが何より大事

ですが、この先に大事なのはネガティブではありません。

あくまでも「未来の相手を幸せにすること」なんです。

 

僕は大失恋をしたときは

「ひたすらヤケ酒」

「優しめの失恋本を読みまくる」

「寂しさを埋めるため出会い系サイトを閲覧」

「引き寄せの法則について調べまくり」

 

などなど、今考えたら女々しい事ばかりしてたなと(笑)

 

けどこれらの行動は「味わったあの苦しみは絶対に忘れないぞ!」という感情から来てました。

今でもあの時の悲しみや絶望感、孤独感や喪失感は今でも心に残っています。

コチラの記事もどうぞ→失恋……罪悪感しかないあなたへ

 

だからこそ、この味わった感情を次に生かすのです。

 

「相手にもこの感情を与えていたのかも」

「悲しい事ってこんなに辛いんだ」

「相手がいることってやっぱりありがたい事だ」

「もう人を傷つける言葉を言うのはやめよう」

 

こういう考え方に繋がったら、あなたの未来は必ずや幸せになるでしょう。

もしここで「そんな都合の良いキレイごとじゃ何も変わらないよ」って気持ちがまだ残っているのなら言いたい。

 

「そういうネガティブな考えで相手の笑顔を奪ってきたから、失ったんじゃないの?」

 

色んなケースがあるから僕は一般化してこれが全てだとは言えません。

ただどちらかが完全な被害者はありえません。

 

あれほど辛い感情を味わったのなら、「もう恋はしない」とか「もう男(女)は信じない」とかネガティブな完結を選ぶんではなく、それを次に生かすんですよ。

参考までに⇒「過去を手放す、そして自由に生きる選択を!

人は何故「恋を失って初めて気づく」のか?その正体とは?

 

自分に足りなかったものは何か?

これから磨くべきものは何か?

 

もう二度とあんな感情を味あわないために、新しく出会う異性を今度は幸せに出来る様に。

そして、自分が成長することで「自分にふさわしい相手」を引き寄せるために。

 

そのために「味わった感情を忘れない」事が大切なんです。

 

ネガティブな感情をポジティブな行動に変えて、次に出会う素晴らしい恋人のために、自分を成長させときましょう!

それがこれからの笑顔や幸せをつかみ取るコツです☆

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.