2019/06/27

なぜ恋愛はガツガツしない方がうまくいくのか考えてみた5つの話

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、夢見屋です。

よく「結婚なんてもういいやって諦めた瞬間に出会いがあった!」なんてこと聞きません?

あれなんででしょうね(笑)

 

”落ち着いた雰囲気を出すようになったから自信がにじみ出てきた”

”執着がなくなって潜在意識が引き寄せやすくなった”

 

 

色んな言われ方しますが、兎にも角にも恋愛はやっぱりガツガツしない方がうまくいくようです。

 

というか僕の場合もそうだったのかもしれません。

モテてた頃って、結構別の趣味とかにハマってたり、仕事に打ち込んでたりしましたから、あんまり恋愛とかに視点向いてなかったですね。

 

むしろ今の方が気を抜くと恋人欲しいとか思っちゃうからダメですね(笑)
なんか自分でも「こんな奴と付き合いたくないな」って思ってますから。

 

恋愛って科学とかで証明できないから、なんかこう引き寄せとかの法則ってあるかも分かんないですけど、でもこれまでの経験からいくとやっぱりどこかで何かの力とかエネルギーとかって働いてそうなんですよね……
確率論とかでは片付けられない様な何かがね……

 

ということで、「恋愛はガツガツしない方がうまくいく」理由について、行ってみましょう!

 

焦ってると何事もうまくいかない

ガツガツしている人に共通して言えることは「焦ってる感が凄い!」ということです。

 

これは本人も気付いていないケースが多く、大体周囲に諫められて気づきます。

なんていうんでしょう、オーラで感じ取れちゃうというか(笑)

 

全くの見ず知らずの人でもたまに感じる時があります。

 

僕がこの間行った不動産屋さんで対応してくれたのが30歳過ぎのお姉さんだったのですが……

 

まだ未婚とのことで色々話を聞いてみると、まぁ出てくる出てくるガツガツした反応が(笑)

 

「休みが平日だから中々出会いがなくて~」

「一度は結婚間際までいったんですけどね~」

「早く子供欲しいんですよね~」

 

…………これ、俺彼氏だったらちょっとないなって思っちゃいます(汗

 

なんというか、こちらからそういう話を振ったわけでもないのにそんな話がどんどん出てくるので

 

「この人早く結婚したいんだなぁ…」ってなんの疑いもなく感じ取れてきます。

 

僕も一度焦って失敗した経験があるので分かりますが、特に女性なんかは出産の年齢もあって自然と焦ってきてしまう人も少なくないと思います。

が、やはり焦りは禁物です。

【女性に見て欲しい】恋愛にタイムリミットなんて設けない!そんな考え方が幸せを呼ぶ6つの理由

焦って適当な結婚して後々後悔するより、やっぱり自分をしっかり持った中で「恋愛や結婚関係はお互いに平等で尊敬しあえること」っていう基軸を置いた方が良いと思うんですよね。

勿論定義づけは人それぞれでしょうが、焦ってうまくいくことは恋愛でも仕事でもありません。

焦ることと急くことは違うのです。

 

僕の友達で「俺は結婚は55歳くらいでいい」って言ってる奴いますが、そういう奴に限ってホントにそんくらいの歳で結婚しちゃうんですよね(笑)
というかそいつからはそんなオーラが感じ取れました。
自分を生きているから周りにも魅力的に映るんでしょうね。

 

やっぱり恋愛も結婚も”条件や年齢”ではなくて”魅力”だと思いますから、ガツガツしない、余裕をもって人生謳歌している方がよっぽど出会いがありますよ。

今の自分と付き合いたいか

あなたは自分と付き合うことができますか?

 

「NO!こんな気分屋でワガママな子は嫌だ!振り回す人間同士は合わない」

「絶対嫌ですね!変な奴ですから!」

「いやぁ……僕だったら別の人と付き合うね、自分大雑把だしいい加減だし。面白みがないと言うかなんというか……」

 

巷ではこんな意見がちらほら……
自分を客観的に見ることってそんなにないと思います。

そして自分を見つめ直した時に”自分の欠点や嫌なところばかりに目がいく”という人も多いのではないでしょうか?

 

お聞きしましょう、そんな自己否定満載な考え方の人がガツガツ恋愛求めてうまくいくとでも?(笑)

 

自分と付き合いたいか?と考えた時に、「YES!」と答えられるくらい自分の事好きじゃなくでどうするんですか!

そういう自分が好きで、自分の生き方に自信を持ってる人に周りは寄ってくるんです。

 

もし自分が恋愛にガツガツしてるな~って思ったら一度自分の付き合った時に良いことって何だろう?悪いところって何だろう?

こう考えてみて下さい。きっと新たな自分が発見できるはずです。

 

これ実は心理学やカウンセリングの世界でも行われてる認知療法に近いものがあるんです。

 

自分の重要感や肯定感が上がってくると、恋愛に対しても自然に余裕が生まれてガツガツしなくなります。

 

やっぱり余裕が大事

「結局ここか!」という感も否めないですが、やっぱり余裕ですよ(笑)

 

これは男性と女性では違いがあると思いますが、特に男!

余裕がない男はマジでモテません!

 

女性から考えて、余裕がなく焦ってガツガツしてる男と付き合いたいと思いますか?

答えは絶対Noです。

前の記事にも書きましたが、女性は何かひたむきに頑張ってる姿とか、誠実な心をもっている人に惹かれます。

女性であれば、「他人を労われる優しさ」「とびきりの笑顔」が男性を惹きつける魅力になります。

女は惚れるより惚れさせろ!惚れられる男の条件とは?

自分で余裕をもって何かに熱中していれば、男女問わず周りからは輝いて見えますから、何はともあれ自分の生活に余裕を持つことが大切です。

 

考え方もそうです。

恋愛観は人それぞれ違いますが、往々にして魅力的な人間は価値観の受け入れが凄いです!

明らかに「その考えおかしいだろ!」って意見に対してもニッコリ笑顔で「そうだね、そういう考え方もあるよね」って切り替えしちゃいます。しかも単なる受け流しでなく本心から。

こういう人間には勝てません(笑)

 

そういった余裕だったり自分を持ってる部分が魅力になるんでしょうね。
僕も見習いたいものです……

 

冒頭にも書いた「結婚なんてもういいやって諦めた瞬間に出会いがあった!」なんて事例もそこから来てるのでしょう。

 

恋愛に焦ることにふっ切れて、自分の人生を生きる様になると自分に余裕が出てきますから、そうすると周囲の見かたも段々変わってきます。

本来のあなたの持つ魅力が前面に出てくるんですよ。

 

自分に余裕のある領域を持つことを忘れずにしてくださいね。

 

男性と女性では恋愛感情が違う

これは中々分からないかもしれないですが、男性と女性では感じる恋愛感情の幅も期間も違います。

生物的にそうなってるんでしょう、僕もその違いにだいぶ泣かされてきました(泣
いや、人のせいにするのは良くないですね、自分が気付けなかったというのが正しいでしょう。

 

一般論的に言ってしまうと

 

男性は「結果重視」

女性は「過程重視」

 

という流れに行き着きます。
※あくまで一般的にということですから例外もあります、悪しからず。

 

男性でも、好みの子がいたときあえてガツガツしない人は女の子の恋愛感情を知っていると言えるでしょう。

 

つまり、女性は過程重視であるがゆえに恋愛感情の高まりが男性と比べて緩やかなのです。

そして一度好きになってしまうと盲目的になってしまう傾向にあります
※もちろん個性や年齢、経験によっても個人差はありますが……

 

あなた(男)が一目惚れされるようなタイプなら話は変わりますが、多くの場合はあなたが好きでも女性はまだ恋愛感情が高まっていません。

 

だからゆっくり、少しずつ気になる子の目線をコチラに向ける様に振舞うのです。

打算的と思われるかもしれませんが、本当にモテる男ってこれを素でやるから達が悪い(笑)

 

もしあなたのことを女の子が良いなぁと思っていれば、すぐに積極的にいきたい気持ちは分かりますが、一旦冷静になってみてください。

ガツガツしないように、あなたの感情を思い切ってセーブしてください。それくらいが女の子の感情が高まるペースにちょうど良いんです。

相手の感情の高ぶりを見守ってあげるくらいが余裕もあってちょうどいいでしょう。

 

あと、女性はその性質からか、観察しながら軽くスキンシップも図ってきます。
動物的しぐさともいえるでしょうが、好意を言葉にするよりも、スキンシップのジャブの方が得意なのです。

 

ということは、逆に男性も結果重視ではなくて、女性のその緩やかな感情の高ぶりに合わせてあげることが大事でしょう。喜んでいる感じなら少しずつスキンシップをしていき、徐々に積極性を出すようにしていきましょう。

 

いずれにしても女の子の恋愛感情は、あなたよりもゆっくりと高まることを理解して行動してくださいね。

 

女性は女性で、男はすぐに結果を求める生き物だと言うことを理解してあげてください。

だからもどかしい事が嫌いだし、気持ちも確認したくなります。

男って不器用なものなんです(笑)

 

結局自分の人生しっかり生きてる奴がモテる

僕が思うに、結局のところモテるモテないって、「自分の人生をしっかり生きてる人間」かどうかってことじゃないかって。

 

人に流されずに自分のした人生を楽しんでる、これに尽きるんじゃないかと……

 

もちろん今の時代でも女性はか弱き存在であって、守るべきだっていうのは変わらないと思いますが、それでも女性で自分の人生を生き生きと過ごしている人見ると尊敬しますしね。

むしろ女性の方がたくましくなってるんじゃないかっていう……(笑)

 

 

となると、男性でも女性でもガツガツしている場合じゃないですね!

恋人っていう存在に依存するんではなくて、ちゃんと自分の生活を自立させて経済的にも豊かになって、それでもってようやく周りに自分という人間が輝きを与えられるようになる。

そう考えたらモテるって大変だなと(汗

 

そりゃそんなに重い関係になんかならないと思いますが、本質はいつでも変わらないと思います。

 

(めっちゃ失礼ですが)チャラチャラした男とか軽い女のカップルでも、お互い惹かれあってるところって人間の魅力的なところだと思うんですよね。

 

相性もあるでしょうが、その本質だけは変わらないんだろうなって今はつくづく思います。

 

 

僕の周りのモテてる人って、男でも女でもやっぱり自分の世界観や人生の軸持ってますから、僕も今そんな人間になれるよう努力中です!

 

まとめ

いかがですか?

この記事を読んで「恋愛で焦ってる暇なんかない!」と思ってくれたら僕の勝ちです(笑)

 

恋をするにも誰かに恋してもらうにも、ガツガツして余裕がない状態だと結果的に誰も寄ってきません。

 

自分をしっかりもって、何かに熱中してたり明るく振舞ってたりしてると自然にその魅力が周囲に伝わるんだと思います。

 

少なくとも僕はそう考えてます。

 

「俺はニートで良い!」

「恋人なんかいらない!」

 

そう思ってる人、それでもかまいません。
つまるところ、「自分自身が胸を張って生きている」かどうかが本質なんですから。

 

今ガツガツしてしまっている人は、すこーし冷静になってみて、自分が自信満々にしていられる生き方や方法を探ってみてください。

 

約束します、いつも笑顔で人に優しく、自分の人生を楽しんで生きている人がモテないことは絶対にありえません!

 

お互い頑張っていきましょう!

 

最後までお読みいただいてありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.