のめり込んだ恋愛ほど別れた後の復縁は難しい

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

 

あれほど好きだった人なのになぜ僕の前から消えていってしまったんだ……

後悔と自責の念に苛まれている、そんなあなたもいるのではないでしょうか?

 

のめり込んでしまった恋愛ほどその後苦しいものはありません。

 

なぜならその恋愛は必然的に”重い”ものになってしまうから……

 

そんな恋愛が壊れてしまった後は中々復縁は厳しいと言わざるを得ないでしょう……

 

これから先は少し悲しい話になってしまいますので、復縁を目指している人は見ない方が良いかもしれません、現実を知りたい人のみ閲覧下さい。

 

 考えた行く末の分かれ

重いカップルはとにかく会話も真面目な話が多いです。

僕自身も重い傾向にあったため、会っても重い会話が多いことがあり、中々二人の関係が発展しないことがありました。

 

これは男女の相性にもよりますし、本人の体感としても感じるかもしれません。

なんとなく、「仲が深まっている気がしない」というのがお互いの本音です。

そういう場合は段々と「このまま一緒にいてもなんか楽しくないかも……」と思い始めてしまいます。

 

そうすると無意識に付き合っていることに対して辛くなり、「~したい」から「~しなければ」という状態に変わっていきます。

 

義務感が生じる恋愛ほど息苦しいものはありません。

そのため、相手も自分もどんどんとネガティブな方向に傾いていきます。

別れる時もしっかり考えてから別れる様になるため、ケンカ別れの様な「勢いに任せた別れ」とはなりません。

考え切って別れを決断することで、もう2度ともとには戻れないことを決めてしまうでしょう。

重いカップルに復縁が少ないのもそれが理由です。

 

出来ればマイナス方向ではなく、プラス方向にその考えを持っていきたいのですが、コレも恋愛の難しいところ……

なんとなく相性も合わずに別れてしまったカップルは復縁は難しいと言わざるを得ません。

 

もう一度付き合う気にはならない

のめり込みすぎてネガティブな雰囲気に包まれてしまうお付き合いは、もう一度ヨリを戻そうという気にはなれないもの。

 

のめり込んでしまいすぎると、恋愛に対する依存が出てきてしまい、必然と執着や束縛といった事が多くなります。

片一方がそういった依存状態に陥ってしまうと、”相方は息苦しい”だけです。

 

僕も恥ずかしながら、若かりしころの彼女に痛烈な一言を言われたのを覚えています。

 

「あなたといると息が詰まりそうになる……」

 

会話も、態度も、考え方も重苦しいんです。

そんな人と一緒にいて幸せを感じられるわけがありません。

 

「もう一度付き合う気なんて起きない」と思わる恋愛をしてしまう人は、自分の振る舞いや恋愛観を見直す必要がありそうです。

 

自分のことばっかりでなかったか?

相手を笑顔にすることを忘れていなかったか?

気を遣いすぎていなかったか?

 

これらは自信がや余裕がないと陥りやすいマイナス状態です。

自分磨きが必要となるでしょう。

 

お互い傷つけあう

これは僕の経験談からもそうですが、のめり込み、重くなると必然的に相手に依存し、束縛や支配をしようとする感情を育ててしまいます。

 

結果、ケンカやもめごとが絶えないようになります。

ケンカについても、普通のカップルがするようなケンカじゃなく、かなり真面目なケンカになってしまいます。

 

重いケンカというのは本当に息が詰まります。

毎回涙を見なければならないケンカ、毎回付き合っていくための条件やルールを話し合うような言い争いは何の生産性もなく、お互いの関係を発展させることはありません。

 

「なんでこんな私と付き合ったの?」

「付き合う前に何があってもそばにいるって言ったよね?」

 

こんな会話を付き合っている時にしていませんでしたか?

恋愛は契約でも義務でもありません

 

また、何かをしてもらうためでも、自分が得をすることでもありません。

 

お互い傷つけあって別れに繋がってしまった恋愛は、復縁は難しいです。

自分に非があったとするなら、それを克服して、更に長い時間相手に変わった自分をアピールした上で誠心誠意に気持ちを伝える必要があります。

 

これは非常に大変な事です。かつとても難しいことです。

表面上で変わった様に見えても、自分の奥底の深層心理までを変えていかなければ、相手にその魅力は伝わらないからです。

復縁が難しいと言われているのは、なまじっか相手の本性を知っているから、相手にもあなたのイメージが刷り込まれているからなのです。

 

それでも復縁したいというのなら、本気で自分の人生を使って自分を磨き上げていくしかないでしょう。

(その前に大体挫折したり心変わりしたりしますが……)

 

トラウマになっているケースも

あなたに大きく傷つけられた、ひどいことをされた、という場合、残念ですが復縁を望んでも可能性は極めて低いと思います。

復縁サイトではあたかも簡単に復縁できるような方法が書いてありますが、僕の体験してきたところから言わせてもらうと

 

「そもそもそんな簡単に人が変われて復縁できるのなら別れなんて必要ない」

 

ってことです。

 

 

自分自身は変わることはできます。

過去と決別し、前を向いて自身を成長させていくこともできます。

 

でも他人の記憶や、自分に対するイメージまでは即座に変えることはできません。

同様に、あなた自身が与えた相手に対する印象や人物像についても、変えることは困難です。

 

無理とは言いません、ですが他人は変えられないのです。

 

一度大きなトラウマを背負ってしまった状態では、自分自身はどうにかなっても相手まではコントロールできません。

復縁という観点から見たら、絶望的な可能性になってしまっているでしょう。

 

それほど、一度付き合ったという現実や体験は濃いものなのです。

 

特に、明らかな自分の過失や責任で相手を傷つけてしまった、辛い思いをさせてしまった場合には、相手の記憶に刷り込まれている印象が変わらない限り、再び自分の方を向いてもらうことはとても難しいです。

 

諦めろとは言いませんが、これもまた自分の人生をかけて、相手を変えるのではなく自分が変わる決心をしなければ、関係は好転しません。

そして当たり前ですが、他人は変わることはありません。

自分が変わることによって影響を及ぼさせることしか出来ないのです。

 

故に、のめり込んだ重い恋愛は復縁しづらいのです。

 

重すぎて浮気に走りやすい

重い恋愛の場合、相手も「こんなはずじゃなかった」「こんな人だとは思わなかった」という後悔の念が少なからず感じられている事でしょう。

 

そういった場合、重ければ重いほど、窒息しかけて苦しい相手はどうするかというと

 

「息継ぎできる異性を無意識に求める」

 

のです。

 

つまり浮気です。

しかも、軽いものではなく”浮気が本気”レベルの気持ちの移り変わりです。

 

当然ですよね、今のあなたとの恋愛が息苦しいわけですから、もっと楽に過ごせる異性を求めるのは至極当たり前のことです。

 

厳しいようですが、男でも女でも自分が落ち着ける安住の環境を追い求めるものなのです。

 

あなたに不満があれば別の相手を求めるまで。

僕はこの現実に嫌というほど直面してきました。

 

別れた後の女性心理~なぜあんなに切り替え早いの⁉~でも男性目線で書きましたが、特に女性は「ダメだな」と思った男に対して烙印を押すのは非常に早いです。

 

ましてや、重すぎてのめり込んでくる男なんて魅力のかけらもありません。

女性に関しても、依存しすぎない関係を築くことをおススメします。

お互いが自立してこそ初めて良好な恋愛関係ができあがるのです。

 

浮気に走られるというのは男女によっても異なりますが、理由の一つとして断言できるのは「あなたに魅力が欠けているから」という事です。

それが全てでないにしても、一つの要因ではあるでしょう。

 

重苦しい恋愛をしてしまう方はよくよく考え、自分の恋愛観を見つめ直してみましょう。

 

 

まとめ

今回はネガティブなことばかりの記事になってしまいすみませんが、僕が感じてきた恋愛観でもあります。

若かりし頃は誰でもそういった経験があるかもしれませんが、恋愛の本質は”お互いの生活・人生の補完・共有”です。

 

相手の事を思いやり、支えていく気概を持つからこそ、そこに笑顔が生まれ、信頼が生まれるのです。

 

恋愛にのめり込んでそれが生活の全てになってしまい、恋人に依存してしまうことは結果的に幸せを呼び込みません。

 

そして残念ながらそんな恋愛では復縁もとても厳しいものとなるでしょう。

 

あなたがもしそんな重い恋愛の末別れてしまい、なおその相手との復縁を望むのなら、何よりも先に自分自身の構造改革をしなければなりません。

それはとても厳しい諸行になるでしょうし、辛く苦しいものになるかもしれません。

それでも僕が絶対に復縁は無理だと言い切れないのは、愛情の深さを知っているつもりでもあるからです。

 

この記事を読んで、何かしら心に響くものがあったのであれば、教訓として頂けると幸いです。

僕の実体験でもありますから。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.