ひどい別れから女性不信になった時に考えると心のためになること

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

 

こんにちは、夢見屋です。

 

大好きだった彼女にフラれた時、あれほど信じていた関係が崩れ去った時、その喪失感と失望感は計り知れないものがあります。

自分はゆるぎない関係を築いていると確信していただけに、そのダメージは大きなものとなっているでしょう。

 

「何を信じればいいか分からない」

「女性は怖い」

 

そう思ってしまうのも無理はありません。

 

 

残念ながら、時に人間関係は希薄だと思わせられるものです。

特に女性の恋愛感情は移ろいやすいもの……

一途な恋愛関係を築ければそれに越したことはありませんが、それでも相手も人間である以上、ひどい裏切りや心変わりに遭うこともあります。

 

そんな女性不信に陥ってしまった人がどうやって克服し、前を向いたらいいのかを紹介したいと思います。

 

 

しばらくは女性を信じられなくなる期間

事のいきさつはどうであれ、あなたが深い傷を負ってしまった頃は事実です。

それは変わりません。

別れに対して、どちらがいけないとか悪いとか、そういう決め方はできないのです。

 

あなたがどれだけひどい別れ方をしても、浮気されて裏切られたとしても、それはもう起こってしまった事実。

まずは女性が信じられないというその感情を素直に受け止めてあげてください。

 

 

「もう恋愛なんかしない!」

「女性は深く付き合っちゃダメなんだ」

「誰かを本気で愛するのはもうやめよう」

 

そう思うのも当然ですし、気持ちも分かります。

今はそれでも良いんです。というかそんなことくらいしか考えられないでしょうから。

 

 

信じていたものに突き放されるというのは、経験したことのない人には絶対に分からない、身を切り刻まれる様な感覚です。

困惑し、狼狽し、愕然とし、ぶつけようのない怒りや悲しみを生み出します。

 

 

そして悲しいかな相手はもう次の恋愛を満喫しているでしょう。

身を切る様な辛さですが、それも現実です。

そんな時に女性を信じろ、次の恋愛を探せなんていうのは到底無理な話。

 

 

ただし、自暴自棄になるのだけはやめておいた方が良いです。

そんな経験のためにあなたが犠牲になる必要はどこにもありません。

女性不信はそんな簡単に克服できるわけじゃないですが、かといってそれだけで人生を悲観しきってしまうのもまた、自分自身のために悲しいだけです。

 

しばらくは女性から離れてみて、恋愛以外の事に少しでも気が向けられればそれで充分です。

 

そういう相性だったと思うしかない

「女性が怖い、信じられない」と思うかもしれませんが、そういう女性は世の中にたくさんいます。

そして、あなたが思っているほどあなたにとって理想的な女性ではなかったのかもしれません。

 

 

恋愛には相性というものがあります。

ひどい仕打ちを受けた、悲惨な別れ方をした、起きたことは現実ですが、それはそこまでの相性でしかなかったといえるでしょう。

「自分にとって最高の存在だ」と思っていても相手はそうではなかったのですから。

 

 

それはもう相性が合わなかったとしか言いようがありません。

実際に、女性不信になったきっかけを作ったその恋人も、今は他の男性と幸せになっている事だってあるでしょう。

それはその人が彼女にとって「相性のいい人」だったことなのです。

 

 

起きてしまった過去が変えられないように、他人もまた変えることはできません。

変えることのできない他人を何をもって評価するか、それは価値観や恋愛観、性格などをまとった「相性」です。

友人でも同僚でも、「相性」は存在します。

自分がどれだけ愛していたとしても相性が合わなければうまくいきません。

 

 

かといって、世の中の全ての女性が自分と相性が悪いんだと言い切れるでしょうか?

違いますよね?

こういう考え方に至るまでは本当に時間がかかります。

それは仕方のないことですから、少なくともひどい別れ方をしたその人とは「残念だけどそこまでの相性しか持ち合わせていなかった」と考えてみて下さい。

ほんの少し、気持ちが楽になるはずです。

 

被害者意識に没頭していないか自問している

少しばかり気持ちが落ち着いてきたら、焦点を自分自身に向けてみましょう。

 

「あの痛々しい経験は本当に外に原因があるのか?」

「自分自身に至らなかった点は本当に無かったのか?」

 

厳しい言い方になると思いますが、別れにどちらか片方の全ての要因があることはありません。

あなたにも必ずどこかに非があったはずです。

 

〇本当はどこかで違和感を感じていた

〇取るに足らないケンカでも相手を深く失望させていた

〇彼女のために時間を使ってあげれていなかった

 

など、自分が被害者だという意識から少し相手の立場に立って考えてみると良いでしょう。

 

例えば「相手に浮気をされてしまった」場合でも、浮気に至る経緯もありますし、浮気に走るきっかけがあなたとのケンカにあったのかもしれません。

そして、自分に何も非がないと感じていても、なにより「そんな相手を選んでしまった自分」もいるわけです。

 

女性が信じられないという気持ちと合わせて、それでも”自分に足りなかったものは何か?”と自問自答してみて下さい。

 

疲れない範囲で良いです、あれこれ考えすぎるともっとふさぎ込んでしまうこともありますから。

少しだけ振り返る余裕が出来てきたら、客観的に女性というものを考えてみるのです。

本を読んでも良いでしょう。

友達に意見を聞いてみるのも一つです。

 

恋愛ではない女性との関係を作ってみよう

女性不信を払しょくするために一番効果的なのは、「恋愛に発展しない女性との関係を作ってみる」という事です。

友達として、信用できる第三者としてです。

 

そんな人誰もいないよ!

 

という方は「セラピスト」や「カウンセラー」の女性の方でも良いです。

僕もちょっと恥ずかしいのですが、昔過去の恋愛のトラウマを引きずっていた時に女性カウンセラーの人に相談に行ったことがあります。

 

もちろんお金は払わなければなりませんが、お仕事の相談としてではなく、あくまで女性いち個人としての意見を聞いてみるのです。

 

女性の心は女性が一番分かりますから、共感してくれる部分はありますし、逆に自分に不足していた部分、気づけなかったところにアドバイスをくれる事もあります。

 

そのほか、恋愛感情は一切抜きにして、女友達を作る様に働きかけても良いでしょう。

友人関係ではお互いに言いたい事も言えるし、飾らない女性の本音を聞くこともできます。

是非勇気を出して行動してみてください。

 

傷ついて悲しんだ分必ず成長出来る

女性不信になるととにかく「孤独」を愛するようになります。

 

”あんな思いをするくらいなら一生独り身でいい”

 

こう考える男性もいるでしょう。

 

 

決断は人それぞれですから無理に引き止めることはしません。

ただ、それでも幸せなひと時はあったはずです。

全てを否定しても自分が悲しいだけ……

せめて信じられなくなるくらい傷ついた恋愛に対して、そこから前向きに成長出来る何かを体得しましょう。

 

じゃないと自分だけ悲しい思いしただけで、丸損じゃないですか。

同じ様な経験をした人に優しく声をかけてあげることもできるし、人の痛みが分かるっていうのはとても素晴らしいことです。

転んでもただでは起きない!

別に恋愛じゃなくても良いから、「人を見る目」「慎重に物事を判断する力」、そういったものを養っていきましょう。

 

いつか出会うホンモノの女性を幸せにできる男に

どれだけ人を信じられないといっても、人は社会で生きている限り人間関係がなくなることはありません。

そしてあなたの事を信じ、理解し、寄り添ってくれる女性がこの先絶対に現れない可能性もまた、否定はできません。

 

 

ひどい裏切りやトラウマ、後悔を経験した過去を心に抱えながらも、いつか訪れる本当に分かち合える女性との出会いを信じましょう。

求めていなくてもかまいません、それはあなたが前向きになった時に引き寄せられてくるものなのです。

 

 

不思議な事に、時間というものは流れれば流れるほど、色んな出会いを運んできてくれます。

努力する人にとってはもっと素敵な出会いがあるでしょう。

そしてそんな時は往々にして、あなたが女性の事を信じることが出来なくて、それでもふと「二人で愛し合っている姿」を想像した時だったりするのです。

 

僕にも経験がありますから分かります。

もう恋愛はいらないと思っていても、頭の片隅で理解してるんですよね。

「本当は信じあい、愛し合うことがどれだけ幸せなことか」を。

 

 

みんな怖いだけなんです、不安なだけなんです。

それでも良いですから、全てを否定する必要はないという事だけ心にとどめておきましょう。

 

まとめ

人を信じられなくなるって怖いんですよね。

自分の人生も壊しかねないくらい、悲しく寂しいことです。

それでも人はやっぱり「幸せ」を求めるものですから、今は一人でも、恋愛を一度でも経験したことがある以上はその喜びも知っているはずです。

 

自分の魅力を磨いているうちに必ずまた新たな出会いがあります。

その時に信じろとは言いません。過去の古傷が蘇ってその人を避けてしまうこともあるでしょう。

それでも、「そんなあなたも含めて一緒にいたい」と言ってくれる女性が必ず現れます。

 

いつの日かその女性に本心を打ち明けられる事を願っています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.