やる気なんて長くは続かない!だからテンション高いうちに全力出しておく!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

あ~今日もここまでやろうと思ったのに全然できんかった~……

こんなセリフを1度は吐いた事のある人はいますよね?

 

年明け元旦一発目に「今年も頑張るぞー!」と高々目標を掲げたはいいものの、1週間と続かずに自己嫌悪に陥って終わったなんてよくあることです。

 

なぜ人のやる気は続かないんですかねぇ……

 

 

と、僕と同じ悩みを抱えている人も結構多いんじゃないでしょうか?

 

 

僕も色んな自己啓発やら意識高い系の本を読み漁ってやる気を出させようとした時期がありましたが、ことごとく失敗に終わり、また自分を責めながら、それでも「このまま人生ダラダラ過ごすのは嫌だな」なんて思ってる日々が続いたこともあります。

 

が、最終的に僕が行き着いた結論は、「やる気なんて毎日常に出し続けてる必要なんてない」ってことです(笑)

 

おいおいそこかよ!?

 

ってツッコみたくなる気持ちもありますが、多くの人の場合の”事実”であることは間違いなさそうです。

 

だって昨日まで毎日グダグダしてた生活がそんなに一気に変わるわけないですよ。

自分の性格だってそうだし、これまでの過ごしてきた生き方や環境だってある。

それを「やる気」なんてもので自分の都合の良い方にうまく誘導しよう、コントロールしようとするから無理が生じる。

結果、挫折して自分にダメレッテルを貼ってもっと自分自身を貶めていく……

悪循環ですよね?

 

だから、そもそもやる気が毎日続くものだなんて思う必要はないワケですよ。

 

……とまぁ言い訳じみたことばかり書いていても仕方ないので、僕なりに少しずつ成長出来るコツをお伝えします。

 

それは、以下の通り。

 

「普通の人はやる気が続かなくて当たり前、と少し諦めの気持ちを持ってみる」

「一日の終わりに”今日””本当に全く何も””自分自身のためになる事が出来なかったか?”と自問自答してみる」

「人間いきなり変わるなんてありえない、1㎜でも前進したらそれは立派な成長と考える」

「グダってしまった日は、”自分の頭が元のダラけた生活に戻そうとしてるな”と考える」

「テンションが高い時フィーバータイムが必ず来る、その時に全力出して前進しまくる!」

 

そもそも人間には恒常性維持機能(ホメオスタシス)という、元の慣れた状態に戻そうとする機能が生理的に備わっています。

風邪をひいたときに熱を出して細菌やウイルスを体外に追い出そうとする免疫機能とかと同じですね💡

 

それが脳内の思考にも働いてるんです。

 

だからよっぽど意志の強い人は別にして、普通の人は三日坊主が当たり前なんです。
体の正常反応です。

 

そこで、自分自身に言い聞かせるわけです。

 

「本当に自分は今日何も成長出来なかった?」

「読書を3ページしたなぁ、これって前進じゃないか!」

「英単語を3つ覚えたじゃないか、これも成長だ!」

 

こんな雀の涙ほどの成果でも、自分自身にとっては立派な成長です。

 

 

そしていかがでしょう、こんなミクロな事であれば毎日続けようと思ったらなんとなく出来そうじゃないですか?

僕のこのブログだって、三日坊主も良いところのせいかくしてた自分がここまで続いてます。(約6か月ほど)

 

最初は「毎日1記事更新だぁ!」なんて思ってましたが、案の定そんなにうまくいくはずありません(笑)

はじめの1か月は更新記事はたったの4記事…

 

それでも「最初なんてそんなもんだ」って開き直って書きたいときに書く様にしていました。

 

それが段々と習慣化されてきて、今では毎日(もしくは2日に)1記事更新するまでになりました。

 

この半年を長いとみるか短いとみるかは人それぞれですが、結果的にブログを更新するという行動自体は続いています。

ライティングスキルも随分と向上したなって実感してます。

 

同時に英会話の勉強も「一日10分の英会話タイムを作る」という自分目標から、今では「1日1時間は英語しか使わない」なんていうよく分からん縛りプレイが楽しくなってます(笑)

 

最初はそんなミミズの這う様な成長でも良いわけです。

自分の脳が気付いて反発しないように続けていくと、徐々にそれが当たり前になっていきますし、その内にある時間が訪れるのです。

 

そう、「何故かテンションが上がりまくるフィーバータイム」が(笑)

 

これの説明は一切できません!

理屈も分からんですし、色々調べても全然解明しません。

 

だから僕は、都合よくこの自分の感情の高まりを存分に利用させてもらってます。

 

当然やる気の出ない日だってありますし、それが3日も4日も続くかもしれません。

それでも5日目からはまたやるんです。やる気が出てからでイイですから。

 

「4日も空けてたら覚えたこと全部忘れるがな!」

 

と思う方、ご安心ください。本当に続けていればそのやる気なし空白タイムは徐々に感覚が短くなっていきます。

これはもう不思議なくらいに。

 

多分これが「楽しくやる」ということの入り口なんだと思います。

 

スポーツや趣味、勉学でも、やっぱり”楽しんだもん勝ち”ってのはあると思います。

 

楽しくないと続かないし、なんでも初めから楽しい事なんてそうそうありません。

やっていくうちに段々と楽しさが分かってくるようになるんです。

 

もし、最終的に続かなかったとしても、それは「自分に必要のないこと」だったと思います。
少なくとも僕はそう考えてますね。

 

そのためにも、「なんか今日やる気みなぎってんな!」ってテンション高い時に全力を出しまくってみてください。

 

ふとしたきっかけで楽しさに目覚めて脳が反発しなくなります。

 

 

 

自分の脳は敵にも味方にもなります。

できるなら味方につけて、

 

〇やる気のない日は大人しく休む、鋭気を養う

〇やる気が出てきたら少しずつ取り組む

〇フィーバータイムがきたら一気に頑張る

 

といった感じで自分の行動をコントロールしてあげましょう。

理屈で考えなくていいですから、気分の波に乗ってあげる事が大事です。

 

僕は超が付くほどの凡人ですが、自分の頭の中を味方につけることでどんどん成長してるぞって思い込んでます(笑)

来年の今頃は更に英語ペラペラになってるのを妄想して、明日も頑張るでしょう。

 

人のやる気はそんなに続かないですから、テンション高い時だけでも行動すると自分が磨かれていきますよ。

 

ぜひお試しあれ!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.