2017/10/06

マイナスな感情をプラスに変える5つの考え方!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

 

こんにちは! 夢見屋です!

今日はマイナスな感情をプラスに転換するちょっとした考え方をおすすめしたいと思います。

 

自分を変えたい、もっと前向きな考えでいたいのに気づくといつもネガティブな感情が頭の中をぐるぐるぐるぐる……

 

人は誰でも常に明るい気持ちでいたいもの。

嫌なことがあってもすぐに気持ちを切り替えられて、いつも笑ってられたら素敵ですよね!

 

でも現実は中々うまくいかないのが正直なところではないでしょうか?

 

私も実はもともとネガティブな気質で、幼いころからとにかく自他ともに認めるネガティブ人間でした。

ちょっと嫌なことがあると自分の人生を否定し始めたり、何か人に注意されると落ち込んで自分の人格を全否定してみたり…

 

ぶっちゃけ今でも放っておくとネガティブな感情がどんどん湧き出てくる体質です(笑)

 

だからこそ、ここまで歳をとってきて、やっぱり

 

「この先死ぬまでこんなネガティブな感情に振り回されるのは嫌だ!」

 

って思っちゃったんですよ(;^ω^)

そこから、色んな本を読んだり映画を観たり、セミナーに参加したり、とにかく自分自身を肯定できる方法をたくさん試してきました。

その中から”フッと心が軽くなる”プラス転換の考え方をシェアしたいと思います。

参考にしてみてください☆

 

 

マイナス感情は命を守ってくれている!

 

 

なぜ人はマイナスな感情を持って生まれてくるのでしょうか?

人は元来「危機感」や「生存本能」というものを備えています。

それはなにも「体温調整」や「免疫」といった肉体的なものだけにあるわけではありません。

 

メンタルの部分でも生存本能は存在しています。

それがマイナス、ネガティブといった感情なんです。

 

例えばあなたが「転職したい」と考えたとします。

そうすると脳の中のどこかで「不安」「心配」といった感情が沸き上がってきますよね?

 

”転職先が決まらなかったらどうしよう”

”新しい職場でうまくいかなかったらどうしよう”

 

つまり転職することに失敗して生活基盤が崩れたら生きていけないと感じるから不安や心配ごとが起こってくるのです。

 

これは言い換えれば、今の状態、状況から変わって生命の危険が起きないように体が生存反応を出しているんです。

 

これは単純な例ですが、様々なマイナス感情も実は自分の体と心を守ってくれるために備わっている機能なんだということです。

 

嫉妬だって罪悪感だってイライラだって、全部その時々の状況から自分を回避させてくれるためのものだって考えると、なんか自分の感情にも親近感沸いてきませんか?

だから大事なのは、ネガティブな気分に落ちた時、

 

”これはこれで仕方ない、きっとそのうちおさまるさ”

 

ってかるーく考えてみてください。

 

ほんの少し、気持ちが楽になりますよ。

 

 

マイナスはたやすい、プラスは時間がかかる!

 

 

例えばあなたが普段「悩んで困っていること」を思い浮かべたとしましょう。

 

どうですか?すぐに浮かんできませんでしたか?

 

反対に今すぐ「明るくて楽しい未来」を想像してください。

 

いかがですか?すぐに浮かびました?

そんな簡単には浮かんできませんでしたよね、だって未来のことですし。

 

コレどういうことかというと、

 

”結局マイナスもプラスも未来のことは感情で表せない”ということです。

つまりはすべての感情は過去のものということになるんです。

だって感じた瞬間はもう0.1秒経ったら過去ですよね?

 

当たり前と感じますか?

でも当たり前と思うことをこうやって少し掘り下げてみてみると自分の中の感情と向き合うことが出来ます。

 

ほとんどの人は明るく楽しい未来が良いわけですから、今この瞬間瞬間をプラスの感情で積み重ねていく必要があります。

(潜在意識に刷り込んでプラス思考の癖をつけるためです)

 

でも未来のことは分からないから不安や恐れが襲ってくる。

マイナスの感情に身を任せていたら楽なんです。

だからネガティブになることなんてすぐできちゃう。

 

でもプラスに持っていくことって凄く大変…

普段から意識付けしていないとプラス思考って習慣になっていかないですからね。

だから今あなたがネガティブな感情ばかり浮かんでくるとしても、それは当たり前なんです。

そんな時に”当たり前だけどちょっと考えないように踏ん張ろうかな”と思ってみてください。

 

その時点であなたは”プラス思考”に変換しています。

プラス思考に少しでもなろうという気持ちが既に前向きな感情なんですよ!

それを忘れないでくださいね☆

 

 

不安の8割以上は実現しない!

 

あなたは去年の今頃の不安を言えるだろうか?

2年前、3年前自分がどんなことで悩んで不安を抱えていたか説明できるでしょうか?

 

ほとんどの人が、その不安全てを思い出すことが出来ないはずです。

 

不安の正体は、「恐れ」

 

思い通りにならないかもしれない”未来”に対して感じている感情なんです。

 

人は過去➡現在の延長線上で未来を無意識に予測視しています。

そこから不安は生まれます。

 

”今こんなに辛いからきっと将来もこんな状態が続くんだ”

 

そう思うのも無理ありません。

 

ですが、もしここで

 

”自分が思ってるこのネガティブな未来が起きなかったら100万円差し出すよ”

 

とそのお金を賭けることが出来るでしょうか?

(今はそんな事が出来るサイトもあるんですよ (笑) )

 

どうでしょう?どこかで「そうなる」と思い込んでいても実際に絶対保証とまでは言い切れないですよね(*^-^*)

 

そんなもんなんです。

 

不安や悩みなどネガティブな感情を持って迎える未来も、ほとんどの確率で実現しません。

 

じゃぁプラス思考をもって迎えた未来だって同じことじゃないか!

そう考える人もいますね。

 

マイナス感情とプラス感情が続くことの決定的な違いって何でしょう?

 

 

その答えは「何かしらの行動をしていること」です。

 

どんなにネガティブな人でも、マイナスになる様に一生懸命勉強する人はいませんよね(笑)

 

逆に同じ未来でも、プラス思考に少しずつ変換することでそれは何らかしらの「行動」として現れてきます。

 

それが将来の自分の未来を形作るきっかけになるんです。

 

”資格をとる”

”恋人をつくる”

”趣味を見つける”

 

こういった行動が積もり積み重なって、”今”あなたが感じているマイナス感情が予測させる未来から遠ざけていってるんです!

 

だからマイナス感情に振り回されているなと思ったら、根拠のない不安や不満だらけの未来を考える前に、少し”行動”してみましょう!

 

やる気が無くても良いです、心でどう感じててもいい、そのマイナスな感情ごと持って

 

”筋トレをする”

”ぶらり買い物をしてみる”

”思いきって週末旅に出る”

 

などなど、少しでも行動してみてください。

きっと、そこで何か不思議な出会いがあります。

そしてそんな行動が出来たら自分に自信もつきます。

繰り返していくと、気が付いたらマイナス感情を考える暇がなくなってしまったなんてことになるかもしれませんね(笑)

 

そんなものですよ☆

 

 

周りの力を借りたって良いんです

 

ネガティブになるとどうしても一人で引きこもりがちになってしまうものです。

 

「自分なんて誰もわかってくれない」

「自分には価値がない」

「友達や恋人に嫌われるのがこわい」

 

そう思って自分から人間関係を遠ざけていませんか?

 

実際私もそうでした。  ていうか今でも若干そうかも(笑)

 

自分で感じた劣等感や嫉妬心から、周りとの関係を否定して自暴自棄になって…

気付くと自然に周囲から人が離れてきます。

そうすると更にふさぎ込むことになって、負のスパイラルに陥っていきます。

 

最後には誰もいなくなってしまう……

 

 

そんな人生嫌ですよね(ノД`)・゜・。

 

ですから、ネガティブになってしょうがない。

そんな時は周りの友達や同僚(できればホントに中の良い人が良いです)とか、家族でも良いので思い切って話をしてみましょう。

愚痴になっても仕方ないです、とにかく話だけ聞いてもらうんです。

そうすると少しだけすっきりします。

そして”ああ、やっぱり自分は一人じゃないんだな”って感じられるようになります。

同時に”人は一人じゃ生きていくのが難しい”っていう当たり前の感覚も感じられるようになります。

これ本当に一人でふさぎ込んでると分かんないんですよ(笑)

 

「人は一人じゃ生きていけないったって私誰も友達いないし」とか考えちゃうんですよね。

 

本当はいるはずなのに、目に見えなくなってしまうんです。

 

本当にいないですか?

今まで誰一人関わらず生きてきましたか?

そうじゃないですよね、自分が勘違いしているだけであなたのことを”仲間”だと感じてくれている人は必ずいます。

 

どうしても周りに頼れないっていう状況の人は、街に繰り出して喫茶店でもバーでも良いので、マスターに話を聞いてもらいましょう!

私もよくそうしていました。客観的に話を聞いてくれるのでホントに楽になりますよ!

 

一人でマイナス感情のまま悶えてる必要なんてないんです。

ちょっとだけわがまま聞いてもらっちゃいましょう!

 

あ、話を聞いてもらったら必ず”お礼”をすることを忘れないでくださいね!

 

「ご飯をごちそうする」

「逆に困っていることがあったら相談に乗ってあげる」

 

などなど、小さな恩返しで良いのでしてあげてください。

自分自身もちょっと嬉しくなるはずです。

それもプラス感情を身に着けるちょっとしたコツです☆

 

 

どうせなら楽しい方がいいよなって言ってみよう

 

人は普段何気なく使っている言葉やつぶやきを無意識にどんどんと脳の中(潜在意識)に取り込んでいます。

マイナスな言葉もプラスの言葉も全部です。

 

「やっちゃった、やっぱりダメだ」

「あーまたなんか気分落ちてきた」

「良いことないなぁ」

 

こんなセリフをなんとなく口癖にしていませんか?

これはとても危険なことで、ずーっとこんな言葉が続いている人はもれなく

”いつもマイナス感情に苛まれている”はずです。

 

はい、私も20年以上こんな口癖をもつ人間でした(笑)

だから”良い事があっても素直に喜べない体質”になってしまっていたんです。

(20年経ってようやくわかるとは……泣)

 

コレ、自分がそうだとか、周りにそういう人がいるっていうケースよくあるんじゃないでしょうか?

 

自分が発する言葉には大きな力があります。

 

人間が考えるプラスの言葉を使っていれば段々とプラスな現実を引き寄せます。

(というか起こったことに対してプラスの感情でもって接することになります)

 

反対に人にとってマイナスだと考えられる言葉を使っていれば、本当にそうなります。

(これも”そうなった”と自分の意識が認識してしまいます)

 

 

これはなにも大げさな話でもなんでもなくて、普段の口癖の習慣が”自分の人生を左右する程の影響力を持っている”といっても過言ではありません。

 

既に私自身の人生で立証済みですからね(笑)

 

なので、マイナス感情がふつふつと湧き出てきたらすかさず

 

「いやいや、どうせなら楽しい明るい方がいいよ」

 

って口に出して言ってみましょう!

感情はついてこなくても良いです、現実は楽しい事なんてない、明るい事なんてないって思っててもかまいません。

はじめは落ちてるときに真逆の言葉を言うのですからとてもストレスに感じるかもしれませんし、違和感たっぷりだと思います。

 

でも、それでも毎回何度も何度も唱え続けることで少しずつ自分の中の気分が変わってきます。

だから違和感があっても言葉を発し続けることが大事です。

 

私は気分が落ちてきたとき、ネガティブな感情が出てきたときはいつも

 

「大丈夫、きっとうまくいく」

 

と口に出して言っています。(人がいる時はボソッと 笑)

根拠なんてありません、現実逃避しているかもと思うこともあります。

でもそんな”内なる声”を無視して言い続けるんです。

 

だって目の前に起こったことに対して、ずっとマイナスな感情に引きずられるより、「どうせなら少しでも明るく考えれたらいいじゃん」って思うからです。

だからムリヤリ言葉に出して言うんです。

 

最初は辛いかもしれませんが言い続ければ必ず自分の心の持ち方が変わってきます。

試してみてくださいね!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

当たり前なものばかりと思われたでしょうか?

それとも斬新な考え方と思われたでしょうか?

 

ちまたに溢れている情報や本なども、行き着くとみな同じ内容になります。

私も何十冊も本を読み、色んな人に出会い、分かったことは”上の様な考え方を実践して心に定着させている人ほど幸福感が高い”ということです。

 

 

もちろん幼少期から刷り込まれてきた感情や口癖は中々変えられないと思うかもしれません。

 

ですが少しずつ、日々の生活の中でプラス思考でいられる様になることで、誰が一番幸せを感じるかというと、それは「自分自身」にほかなりません。

 

どうせなら、マイナスな感情に振り回されて生きるより、失敗や困ったこと、悲しい事が起きてもどこかで少しずつプラス転換できた方が自分自身が幸せですよね。

 

自分自身が幸せ、プラス感情でいられればそのエネルギーは周りにも伝わります。

そうなったら、仕事、お金、人間関係などあらゆるものが好転していきます。

 

信じるかどうかはあなた次第。

私は未来を幸せで埋めたいと考えているから毎日出来るプラス転換はしています。

 

 

参考程度になるかどうかですが、この記事が誰か一人でも元気にすることができたのならこれほど嬉しい事はありません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.