2018/02/06

モテたい男はお笑いを見ろ!笑わせられるから人が集まる5つの理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

 

お笑い芸人ってなんであんなにモテるのか?

TVに出てるからなのか?

 

一発芸人と呼ばれる芸人さんから冠番組、司会者を任される芸人さんまで、芸能界も結構破城の争いが大変みたいですね。

 

自分の芸を売ってくわけですからそらもう生活かかってます(笑)

 

でもなんとなく気づきません?

面白い芸人さんてなんか”オーラ”が出てるっていうか……

 

「あ~なんかこの人多分売れるんだろうな」って感覚で分かっちゃいます。

 

それって、多分「漫才」とか「コント」の質の高さだけじゃないんですよね。

独特の人間性が現れてます。

 

今回はなんで芸人さんがあんなにモテるのか?

芸人さんから学ぶモテ要素は何なのか?

を追求してみました。

 

「ポジティブになれる」

 

まず前提はコレ、基本ポジティブだってこと。

そりゃそうだ、自分が落ち込んでる時やイライラしてるときに誰かを笑わせられますか?

否定的な事を言っていて隣の人笑いますか?

……ですよね?

 

僕は死ぬほど凹んだり辛い事があった時にはムリヤリお笑いDVD借りてきてみるようにしてます。

そいつで精神安定図ってます(笑)

 

 

不思議と落ち込んでても漫才とか見てると気分が楽になってくるんですよね。

コツは「お笑いなんか見る気になれない」って時に無理やり見るんです!

だまされたと思って強引に見てみてください、10分後には「くすっ(;・∀・)」ってな感じで自然に笑顔がこぼれてきますから!

 

んで、ポジティブになるからいう事も少し明るくなる……

そうすると態度も変わってくる、ジョーダンの一つや二つかませるようになる。

みんなが笑う、面白いと思われて好かれるようになる。

 

良いこと尽くしですね!

 

 

「場の空気をよく読む」

お笑い芸人は「間の取り方」が絶妙にうまいです。

ツッコみどころ、ボケどころ、話を切り出すタイミング、どれをとっても逸品でしょう。

もちろん、プロだからというのもあるかもしれませんが、それだけ周りの雰囲気を大事にします。

つまりは大多数の集団であっても、常に周囲の雰囲気を考えて行動しているのです。

 

これって簡単な様でとても難しいスキルですね!

 

「周りを気まずい雰囲気にしない」

「どうしたらみんなが笑えるかを考える」

 

 

こんなことをいつも考えているから周囲に気を遣えるんです。

配慮することが出来るんです。

 

ムードメーカーって、色んな行事で幹事とか頼まれたりしませんか?

それと同じことですよね。

 

「この人だったら仕切ってくれそう」

「場を盛り上げてくれる人だから頼りになる」

 

あなたが幹事を決める立場なら、真っ先にこういう人を想い浮かべるはずです。

という事はやっぱり「雰囲気を大事にして空気を読んでくれる人」は周囲の期待も厚いんです。

 

どうせならそういう人間になりたいですよね。

特に「モテたい」とか「信頼されたい」って人は似たような人を参考にしてみてください。

 

驚くほど周りに気を遣ってますよ!

 

「相手を立てる」

お笑い芸人もそうですが、周りを笑わせられる人って、ことあるごとに笑わせようとしてます。

これって要は、「どうやったら相手が笑ってくれるか」をいつも考えてるんですね。

 

性格とか性分とかそういうものの前に、基本相手目線です。

だからモテるんです。

 

だって自分の事ばかり考えてる人と、人の笑顔や笑いを考えてる人だったら、どっちが魅力的ですか?

当然後者ですよね??

 

目の前の人がどんな人間であっても、分け隔てなく笑顔にしよう、笑わせようと考えている人の貢献力はハンパないです(笑)

 

そんな屈託のない笑顔や振る舞いが出せる人だからモテるんです。

 

誤解のないように言っておきますが、コレって先天的なものじゃないですよ!?

 

NON STYLEの石田さんだって、お笑い始めたきっかけが「性格改善」ですからね(笑)

引っ込み思案でしゃべることが苦手だった彼が意を決してストリートお笑いに転身し、色んな人を笑わせることが出来るようになったのも、自分の性格を変えるために人を喜ばせることを選んだのが理由なんですから。

そりゃ人のために貢献しようって人の方がモテます!

 

人を笑わせる。

これってやっぱり突き詰めると「他者への貢献」なんですよ。

 

あなたも打算抜きで、人に笑いを提供して貢献できる人間になってみませんか?

 

「私生活でもよく笑う」

人を笑わせられる事が出来る人って、結構私生活でも笑顔が絶えないことが多いです。

何故なら「笑う」という状態が自然に出てこないと、人に対しても笑いを提供することはできませんからね。

 

意外に難しいかもしれませんけどね、でも結果的に「笑い」があって「笑顔」が絶えない人はやっぱ人生の勝者ですよ。

だって楽しんでんだもん(笑)

 

普段の私生活で笑ってるって、素で笑うことが癖になってないと中々難しいです。

普通に生活してれば嫌な事もあるし悲しい事もある……

それでも人を笑わせることを大事に考えてるから、笑いで自分が満足することも同じように大事なんですね。

 

こういった目線でお笑いとか見ると、また違った見え方しますよ。

あくまで仕事でお笑い芸人やってるのか、本当にお客さん笑わせてたくてお笑い芸人やってるのか、TV越しでも意外に分かります。

 

お笑い見ると、こんな「人を笑わせて自分も幸せになる」方法も見つかるんです。

 

「めっちゃ勉強してる」

お笑い芸人はその道のプロだから、「お客さんの笑いが自分の稼ぎになる」ことを分かってます。だから猛烈に”どうしたら笑わせることが出来るか”を全力で考えてます。

 

一見大したこと無いように思えるボケの流れも、研究して研究して考えつくされた中で作られてます。

そういう目線でお笑い見てみると、めっちゃ勉強になりますよ。

「あぁ、だからこの人達こんな売れてんだな」って感じます。

 

モテたいと思ったらお笑いを見た方が良いという最大の理由は、この「笑わせるための努力」から来ています。

だからまずやってみる!ってチャレンジ精神も大事だし、うまく笑ってくれなかったから今度はこうしよう!って考える姿勢も素晴らしい。

 

「面白い、楽しい」ってのがどういう努力から成り立っているか、お笑いを見ると本当に分かります。

 

人を笑わせられる人や、ユーモア高い人って、けっこう無意識に「どうしたら笑ってくれるのかな~」って考えてます。

みんながみんなそうなった方が良いとは言いませんが、「魅力的になりたい」「モテるようになりたい」と思ったらお笑いを見て、芸人さんたちが努力して作った漫才やコントを違った見方で堪能してみましょう。

 

「辛いことがあっても笑顔」

芸人さんてメンタル強いなって思うんですよ。

いくら仕事だって言ってもあれだけTVでくそみそ言われて、私生活とかまでずかずか入り込まれて、それでいて売れなかったらギャラも出ないし、稼ぎが不安定だから常に勉強して人間関係も構築しなきゃならない……

ましてや運の要素もあったりするし…

「面白くないな」って思われたらそういうイメージやレッテルがすぐに出来上がってしまう。

 

いやぁ、過酷ですよ。

 

でも仕事に出ると笑わせるのが仕事だから笑顔を絶やさない。

プライベートで辛いことがあっても悲しいことがあっても決して表にそれを出さないんです。

 

アあなたの周りにもいませんか?そういう人。

普段明るく振舞ってるのに、悲しい過去を抱えてる人とか。

 

自分の事より周りや雰囲気を大事にできるのってもはやスキルですよ。

お笑いを見て学べるのはそういう「何があってもいつでも明るく振舞える姿」だと僕は思ってます。

 

僕も日ごろ訓練してますけどね、ホント大変ですよ(笑)

だって嫌なことあったら顔に出るし、機嫌の悪い時・気分の乗らない時ってあるじゃないですか。

そんな時にも周囲には明るく振舞うって簡単そうに見えて本当に難しい……

 

だからいつも人を笑わせられてる人って僕は尊敬してます。

おちゃらけろというわけではないですけど、なるべく色んな人の前で笑顔でいられるなら、少しでもお笑いを見て気持ち明るくしてユーモラスな人間になっていきたいって思ってますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

お笑い芸人てTVではキャラ演じないといけないしホントに大変な仕事だと思いますけど、そこから学べることってありそうだと思いませんか?

笑う門には福来るってよく言われますがその通りでしょう。

 

そして中々笑えないと思うのであれば、お笑いを見て少し勉強してみましょう。

異性を笑わすことが出来ると人間の幅も広がります。

自然とモテる様にもなります。ホントに!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.