2018/08/11

人生に訪れる3つの期、どんな時でも前向きに生きよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、夢見屋です!

今回は「人生には3つの期がある」というお話。

 

人~生~楽ありゃ苦もあるさ~♪

小学生の頃に夜8時から放映されていた「水戸黄門」をよく見ていました。

その歌がとても印象的だったのを覚えています。

(というか耳から離れなかった 笑 )

 

皆さんは今楽しんでいますか?それとも苦しい最中に身を投じていますか?

人それぞれ色んな時期に立っていると思います。

そんな人によって違う時期も、大きく分けるとおおよそ3つの時期として区分けすることが出来てきます。

この世は諸行無常、常に変化している

 

 

人生を生き続けている限り平坦な道のりというのは絶対にありえません。

環境の観点からも、生活の観点からも、自分のメンタル状態からも常に一定ということはないのです。

地球の大陸が毎年ほんの少しずつ動いているように、太陽が膨張し続けているように、人も絶えず変動の波にさらわれています。

 

そしてその多くの状態変化は自分でコントロールできるものではないでしょう。

 

”念願の昇進が叶った” 

”突然リストラされた”

”家の都合で急に引っ越すことになった”

”恋人をフッてしまった”

”宝くじが1億円当たった”

”病気になってしまった”

 

これら身の回りに起きる現象や心境の変化のほとんどは、3つの期として分けることが出来ます。

その期の変化を知ることで、周りの環境や生活が変わり、身に起こる心身の変化があった時にも心を前に向けることができます。

 

1、成長期 ~自身を高め、ひたすら登る時期~

 

第一の期は「成長期」です。

皆さんが最も自覚できる言葉ではないでしょうか?

 

受験勉強や昇進試験、新入社員研修などなど、何かに向けて努力をしている時期と言えます。

 

また、気になる異性がいて猛烈にアピールしている時なんかもそうだと思います。

外観を気にしてイメチェンしてみたり、自分を磨いてみたり。

 

この時期は不安や葛藤と闘いながらも、未来の希望に向かって突き進んでいる時期と言えるでしょう。

また気づきも多く、どん欲に自分の願望を引き寄せていますので、吸収できるものもたくさんあります。

これは若い時代でも、年老いてからの時代でも変わりません。

 

勉学も、仕事も、また引退後の趣味であっても、何かに打ち込むという事はその人自身を成長させていく糧になるのです。

 

こんな時期はガムシャラに推し進む姿勢でいけば間違いなく結果や将来はついてきます。

 

”成長だけしっぱなし”という事はありません、どこかで結果という自覚が現れます。 物理的なものなのかもしれませんし、自身の覚醒という形で現れるかもしれません。

ただ、続ける事、進める事で必ず未来は開けてきます!

2、成功期 ~目先の結果に惑わされずに~

人生で成功した、と思える時期もあるのではないでしょうか?

 

”試験に合格した!”

”昇給した!”

”大好きな彼と結婚した!”

”願っていた夢が叶った!”

 

人それぞれの成功期の捉え方は違いますが、おそらく個々それまでの人生でも最高潮に感極まる幸福な時期ではないでしょうか?

 

まずは心の底からその幸せを噛み締めてください。

そしてその成功の”有難さ”を存分に味わっていただきたい。

その幸福感、達成感はそこから未来永劫続くことはないからです…

 

すいません(汗)  決して否定的な表現をしているわけでも、成功者を妬んでいるわけでもありません!

でもこれが事実です。

 

物理的、現実的に続くかどうかではなく、あなた自身の心が”ずっと幸福感・達成感を感じ続ける様に”出来ていないのです。

人は生理的に欲求を常に追い求めているものです。

 

今ここで起きている成功期がずっと続かないのも、あなた自身の心が次第に現状に満足してこなくなるからです。

 

より大きな成功を収めたと実感している人ほど、”更に上の欲求”を求めてしまうものです。

だからこそ、そうなる前の”今この瞬間の至福を忘れないでほしい”のです。

 

なんだか偉そうなことばかり言ってるみたいで申し訳ないですが、多くの成功者たちが口をそろえて言っている”現状に満足するな”というセリフもこう言った心理現象からきています。

 

大事なのは、”自分の力が一定の結果をもたらしたという事実を素直に喜ぶということ、謙虚な自信に繋げていくということ”と、”さて、次はどう成長してくれようか”という更なる探求心を追い求めるマインドセットの重要さだと思います。

 

中々訪れないからこそ”有り難い”のです。

この心を忘れない人はみんな成功者として世に貢献できる人財になっています。

3、学び期 ~落ちぶれたからこそ大事な時期~

さて、3つ目の期は「学び期」です。

3つの人生の期の中で最も重要で、自分の人生を左右する程の影響力を持つ期です。

 

この時期をどう過ごすかによって、今後の自分の人生が大きく変わってきます。

 

学び期と称していますが、言い換えれば”人生の谷の底”の部分です。

 

 

”突然リストラに遭い家族を養っていけなくなった”

 

”大学受験に失敗し、浪人生活を送ることに”

 

”親がガンになり介護をしなけらばならなくなった”

 

”婚約していた恋人に浮気をされて人生途方にくれている”

 

 

おそらくはどんな人でも人生に1度はこういった”どん底”を味わう事があるでしょう。

一番辛く、苦しい時期です。

 

私が「学び期」と表現しているのは何故でしょうか?

 

 

それはこの時期が一番”あなたを強く輝かせてくれる時期”だからです。

 

「ふざけんなよ!こっちは絶望の中将来の希望も見いだせずにいるのに」

「綺麗ごとだったらどうとでも言えるんだよ!」

 

そう思うのも無理もないですし、当たり前だと思います。

むしろそういう”底”の経験をしないという事は極めて奇跡に近い確率だと思います。

どんな人でも、どんな人生を送っていてもこの”学び期”は必ずと言っていいほど高確率で訪れます。

 

そんな時、現実を突きつけられた時、最も大事なのは

 

「自分自身がこの時期をどう解釈するかどうか」

 

で変わってきます。

 

それこそ”北極に行くか南極に行くか”くらいの差だと思います。

今回の記事のタイトルで本当に伝えたいメッセージというのは、「人生にマイナスなんかない」という事なんです。

 

 

かつてトーマス・エジソンは言いました。

 

”私は1万回、うまくいかない方法を発見したのだ” と

 

「失敗した」「絶望だ」

と考えるのか

「未来の成功期のために今は学びを得る時期なんだ」

と考えるのか

 

全てはあなた自身の心が決めているんです。

 

過去の経験から、未来を悲観すればそれ相応の人生になります。

だって自分でそう決めてるんですから。

 

でも、落ちぶれた時や大失敗した時、どん底だと感じた時に

 

”そこから少しでも何かを学ぶ姿勢、気持ち”

 

があるなら、それは失敗でもなんでもなくなるんです。

 

将来が不安でいっぱいでしょう、今この瞬間も辛く悲しく涙が止まらないでしょう、過去の過ちを悔やみひどく重い罪悪感に苛まれているでしょう…

 

だからこそ、学ぶんです。

 

「この苦しみから自分は何を得るか」

「過去を見つめ、反省し、どう未来に生かすのか」

 

そう思う事が出来る時期こそが~学び期~だと私は確信しています。

 

どうせ1度しかない人生、放っておいても谷が来るなら、そこから1㎜でも学んで自分の糧にしていこう。

 

そう考えて自分を見つめ直せる人は本当に強くなります。

必ず成長出来ます。

 

どんな人でも、~学び期~を通して学べることは必ずあります。

 

決して悲観で終わらせず、自責で済まさず、次の「成長期」や「成功期」に向けて学んでいくことを忘れないでください。

まとめ

冒頭の通り、”人生楽ありゃ苦もある”というのは本当です。

 

それは既に多くの先人たち、また現代のお歴々の方々が身を以て体験している事に相違ありません。

ものは考え方ひとつでいくらでも変わります。

 

「成長期」に自己の力を蓄え、活かし

「成功期」に自分のこれまでの過程や経験を実感し

「学び期」に自分を見つめ直し、次の成長期に繋げていく

 

決して人生をネガティブに考えるのではなく、ネガティブも全部受け入れながら自分自身の幸せを追求していく……

 

そう考えたら人生の3つの期には希望しかありません。

 

ものは考えよう、自分の思いこみ次第です。

 

どうせなら、都合の良い素敵な成長、そして学びをしていきませんか?

 

 

この記事が1人でも多くの人の心の支えになれたなら、これほど嬉しい事はありません。

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.