2018/02/24

付き合う前に知っておきたい!社内恋愛のメリット・デメリット!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、夢見屋です!

みなさん社内恋愛を経験したことはありますか?

職場での恋愛って良いものですよねぇ。

なんというか独特の魅力がある……

 

僕も経験したことはありますよ、酸いも甘いも含めてね!

 

ついこの間も僕の会社で「私は絶対社内なんかで男作らない!」って豪語してた子が彼氏できてました、しかも同じ部署内で(笑)

さすがにびっくりしましたね、結構ツンデレ系の子で恋愛観のこだわり凄そうでしたから(;・∀・)

 

しかししみじみ思うのはね、色恋沙汰ってホント素敵なことだなぁと……

しかも同じ社内に恋人がいるっていうのも幸せな事ですよ……

 

いいなー……

 

……と、そんな感傷に浸ってる記事にはしたくないので(笑)、今回は僕が体験した社内恋愛のメリットデメリットについてみなさんにお伝えできるものがあればと思います。

 

職場恋愛はゴールイン率高し

インターネットアンケート調査では、「社会人の約5割の人が社内恋愛の経験がある」そうです。

 

さらに「出会った場所ランキング」によると、社内・職場での出会いは堂々の1位

 

まぁそれはそうですよね。合コンや知人の紹介って言ってもいきなりアカの他人からスタートするわけですし、社内であればその人がどういう人物なのか、いわゆる「人となり」が分かりますから、自然に恋愛感情まで発展していくというケースが多いのではないでしょうか。

 

また、調べによると社内恋愛を経てゴールイン(結婚)まで行き着くカップルは約にものぼるそうです。恋愛に確率なんて考えたくないですが、それだけ真剣度が高いという事実でしょう。

 

まぁ残念ながら僕は残り3割の方に入ってしまったわけですが……泣

 

ともあれ、お互いの性格が”およそ付き合う前に”分かりますから、品定め(言い方悪い!)できるというのも本音なところでしょうね。

 

実際僕の会社でもかなりのカップルが結婚してます。20代~30代の男女のうち多分4~5割くらいがカップルなんじゃないすか?(笑)

社会人になると年を取るごとにだんだん交友関係も狭くなり、固定されてきますから職場の外で出会いを探すというのも難しくなってきます。そうなると必然的に会社の中に目が向いてきますよね?

だから出会う率も高くなるし、最終的に結婚までいく可能性も高まるんでしょう。

 

社内恋愛はハイリスクハイリターン

ただ、かといって社内恋愛が絶対おすすめ!ってわけでもありません。

実際僕も失敗してます(笑)

 

社内で恋人を作るというのはメリットもある反面デメリットもあります。そこいらを付き合う前にはよーーく考えておきたいものですね!

 

何が大事かって、良くも悪くも「同じ環境にいる」ってことです。

”相手の仕事環境を丸ごと把握できる”こともそうだし、

”ケンカしてようが嫉妬しようが相手の存在を身近に感じていなければならない”ってこともそうです。

 

特に社内恋愛はお互いの行動が比較的わかりやすいので、浮気されづらいというメリットもあります。その反面、周囲へ知られてしまうというデメリットもあります。

これは会社によりますが、噂話が大好きなおばちゃんたちが多い職場だと周りのヤジを受け流すのにけっこう大変だったりするんですよこれが(笑)

 

お互いにある意味での”監視”が出来るということもありますし、”余計な不穏分子”に悩まされるということも考慮しておかなければなりません。

 

まぁ、そんなこと関係ないってくらい二人のワールドに浸り込んでしまえればそれはそれで良いのでしょうが……

 

僕の場合はバツイチだったので結構周りの目線がいたかったです(汗

(その子目当てで別れたんじゃないの?とか平気で言われました)

 

さらに別れた時は周りの同情や中傷の波がえらいことで(泣

 

幸せな時期は気になりませんが、やはり「もしも」の時のことを考えると、社内である以上メリット以上にデメリット(リスク)もあると思います。

 

恋人との職場の距離は大事

難しいのは社内での恋人との距離ですね。

同じ部署内なのか、それとも離れている部署なのか……

毎日顔は合わせるのか、それともほとんど会わないのか……

 

僕の体験からだけで言わせてもらうと、”恋人とは極力離れている部署の方がうまくいく”ということです。

 

だって同じ部署でも遠く離れた部署でも、会社の外で「二人きりの時間」は別で作れるわけですし、お互いの仕事ぶりなんて毎日見ている必要ないですからね(笑)

むしろたまに見るくらいの方が新鮮味があって余計に恋心くすぐられる様なもんです!

 

それに何がきついって、見たくないところまで見てしまうトコですよ。

他の異性と楽しく会話してたり、プライベートでケンカしたことを根に持ってさり気なく冷たくして来たり……

僕はどっちか言うと独占欲の強いタイプでしたので、目の前で他の男に八方美人ぶりを発揮されてしまうと心穏やかではいられませんでした!

 

部署が離れていればそういった現実も見る必要ありませんし、たまにお互い頑張ってる姿を見ると更に気持ちが深まるといったこともあります。

 

もちろん、こんなことは自分で決められるような事じゃありませんので(笑)

もし部署が同じ、かなり近いということであれば「自分の感情にマイナスになるような風景は出来るだけ避ける様にする」ということに尽きるでしょう。下手に嫉妬心が出るような状況や、他の異性と比較して劣等感を感じるような状況にさらされてしまうとうまくいきません。

きついですがそこは”相手の事も考えて”自分自身でコントロールするようにしましょう。これは結構大事なことです!

 

会社の考え方を知っておく

会社によっては”恋愛禁止”とか”社内恋愛について社風が良く思わない”ということもあるでしょう。

やはり色恋沙汰が原因で仕事の能率低下や、時には退職などどいった問題も起きがちなので、経営側としてはそういった生産性に影響がある因子は出来るだけ無くしておきたいというのが本音でしょう。

 

ですので、自分が勤めている会社がどういう風土を持っているのか、じっくりと考えてみましょう。

 

社内恋愛に対してあまり良い反応を示さない様であれば、周りに知れ渡ってしまうのも考え物です。あくまでお忍びを決め込んだ方が良い場合もあります。

 

逆にアットホームで、社内の恋愛沙汰に寛容な風潮があればそこまで警戒しなくても良いでしょう。(だからといって言い触らすような付き合い方も考えものです)

 

職場恋愛は普通の恋愛と違って制限されるものも出てきます。常に冷静に「周りの目」を気にするくせも大事になってきます。

 

仕事とプライベートの区別

次に「仕事とプライベートの区別」ですが、これは中々分けづらいものです。特に恋人が同じ部署内にいる場合などはどうしても意識してしまったりするでしょう。

 

僕の体験談から言えることは「仕事の話をプライベートな空間に持ち込まない」ということです。

これまた色んな価値観や付き合い方がありますので一概にこうだとは言えませんが、仕事の話をするにしてもちょっとした愚痴大会くらいにしておいた方が良いです。また会社でのお互いの姿を褒めあえるのであればそれはそれで素晴らしいでしょう。

 

会社のもめごとや気に入らないところをプライベートまで持ち込んでしまうと、あらぬ争いになってしまいます。もし職場での相手への不満があっても出来るだけ態度や言葉に出さない方が賢明です。もちろんあくまで僕の経験からという話ですので参考までに……

 

逆にプライベートで起きたことを会社まで持ち込むのもあまり良くありません。

感情の起伏が周囲に悟られて気を遣わせてしまいます。(無駄な噂話を引き起こしかねないので)

 

良かったこと悪かったこともあるでしょうが、会社の中ではポーカーフェイスを決め込んでおいた方が無難です。

 

あと会社でケンカをしたらプライベートで仲直りしましょう!

「仕事の話でごめんだけど、今日会社で感情的になっちゃったから、お詫びにご飯ごちそうするよ」なんて言われたら彼女だって彼氏だってちょっぴり嬉しくなっちゃいます(笑)

 

会社の全体行事では気を付けて

大企業ではあまりないかもしれませんが、中小企業クラスだと1年に数回は会社全体での行事があるでしょう。全員が一堂に会する機会というのは、”ゴシップ大好き人間の恰好の取材場”であることを意識しましょう(笑)

 

世の中どんな会社にも必ず人のスキャンダルが大好きなやつがいるもんです。

素っ気ないフリしてみーんなチラチラ見ています(笑)

 

公に公表している関係であれば特に問題はありませんが、「周りにとやかく干渉されたり知られたくない」というカップルは要注意です。

そういった行事の場では出来るだけ接近しない様にしましょう。ゴシッパーの餌食になるだけです。

 

意外に会社や職場の人間というのはそういった人間関係の変化に鋭いものです。本人たちは隠し通せているつもりでも結構バレてたりします(笑)だからこそ余計に仲のいい素振りは見せないことが大事です。横からチャチャを入れられて自分たちの関係に悪影響を及ぼしてしまったら目も当てられませんからね。

 

新入社員は憧れが強い

会社に新入社員が入ってくると職場の恋愛市場が活発化します。特に年代の近い独身者がいると”あの人は付き合っているのか、フリーなのか”などと詮索したがる輩も出てきます。(写真の様なコが入ってきたら争奪戦に笑)

 

女性の新入社員に関して言えば、まだ入りたてで仕事もおぼつかず、困っているところを先輩男性に助けてもらったりすると恋に落ちやすいものです。また、男性のスーツ姿や仕事に打ち込む姿などに憧れを覚えているケースも少なくありません。

 

僕もそのクチでした(笑)

 

当時は朝から晩まで営業として仕事してましたら、そんな姿が輝いて見えたのか新しく入ってきた女性社員には結構モテた気がします(言わせて!)

 

ですがここで注意しなければならないのが、その姿は幻想に近いものであって、本当の恋心とは一線を画すものであるということです。

 

勿論本気で惚れこんでくれる場合もありますが、まだ外見しか見ておらず内面がよく分からない相手に対して抱く恋心ってホンモノでしょうか?

 

幻想や幻覚は時間が経てば消えていきます。

 

女性であれば「この気持ちはただの憧れではないか」としっかり自問自答することが大切ですし、男性であれば「好意を持ってくれていることに焦点が狭まることなく、ゆっくりと人間観察していく」ことが大事です。

 

本当にその人で良いのかよく考える

上に挙げたように、社内恋愛はその真剣度の高さからゴールイン率も高いですが、別れてしまった時のリスクやその後の精神的な辛さは普通の恋愛の比ではありません。

 

若ければ若いほど、衝動的に沸き上がる気持ちに自制がきかなくなるのも分かります。

 

ですが、そのまま付き合う前に、「本当にこの人と付き合えるか、真剣になれるか」をよくよく考えてみてください。

 

それでもいいと思えたら二人の恋を思う存分育んでいけばいいのです。そうでなければ、どこかしっくりこない部分があるのであれば……そこは自分の判断となります。(やめた方が良いとは僕も言えませんので)

 

間違っても社内で遊び気分で手を出さない様にしてくださいね、とんでもないしっぺ返しが待っています(笑)

 

僕の会社でも新入社員に片っ端から手を出して周囲の反感をくらい、挙句の果てに上層部まで話が届いて左遷されたやつがいます。会社は仕事をするところですから、女遊びをする場所ではありません。真剣に仕事をしていく中で恋が芽生えるのですから、その恋は本気な恋愛にしたいものですよね。

 

もし破局してしまったら…

本当はこんなこと考えたくないですが、もしも……ということも十分あり得るのが恋愛事情です。実際僕も痛烈な社内破局を体験しております。

 

ただ大変申し訳ないのですがもし別れてしまったらこうすればいい、というのはありません。

失恋に関しては「失恋で孤独に陥ったときに出来る事」や「過去の失恋に執着してしまう」といった記事でも紹介していますのでそちらをご参考ください。

 

一つアドバイスをさせていただくとすると、「出来るだけ見ない、声聞かない、関わらない」方が後々のために良いかと。

当然ながら「同じ部署内」というケースもあるでしょうし、「何としても復縁したい」と考える状況もありますのでこればっかりは何とも言えないですが……

 

ただ、「社内なんだから別れた時のリスクなんか承知の上だろ!」「社会人なんだから別れたって仕事に支障がないようにするのは当たり前だ!」なんてことは僕は言いません。

 

どんなカップルだって別れを想定して付き合う人はいませんし、その破局だって一生懸命お互い幸せになろうとしてきた一つの結果ですから。

 

当たり前の様ですが、この「破局」というものが社内恋愛の一番のデメリットですね。

そしてハイリターンである分、ハイリスク(というか一番の痛み)な部分です。

 

社内で付き合うなら腹をくくる!

やはり社内である以上、腹をくくらないければならないでしょう。イイ事や幸せばっかりでしたら言う事はありませんがそうもいきませんからね。

 

実際に社内で別れて、結局退職してしまった人もいますし、男性でも飛ばされた人もいます。僕も社内で破局してからうつになり、会社の信用もがた落ちで色んな意味で辛かったです。

 

だから同じような境遇の人には厳しいことは言えません(笑)

 

その代わり、「絶対に相手を幸せにしよう!という腹をくくってください」とだけお伝えします。

 

特に男性であれば”責任をとる”くらいの気持ちでお付き合いしてほしいですね。安易な恋愛は個人的にはおススメできません。(ただ付き合いたいだけなら社外でも良いわけですしね)

 

相手が既婚者の場合

 

番外編です!

相手が既婚者の場合……僕もないわけではありませんが、他の人の場合も含めて最終的に幸せが残ったケースはほとんどありません。

 

やはり最後に残るキーワードが「罪悪感」「覚悟」「気持ちの強さ」になります。

 

世間一般では受け入れられない恋愛ですからね、”何かを犠牲にしてでも得る気持ちの強さと覚悟”があれば幸せになることも可能でしょう。その後くる「罪悪感」や「自責の念」「後ろめたさ・負い目」を乗り越えられればですが……

 

こちらに関しては別記事にて紹介していきたいと思います。何しろ重すぎるので(笑)

 

まとめ~幸せな職場恋愛にするために~

いかがでしたか?

長くなってしまいましたが、社内恋愛は最も確実で成就率も高い方法です。

故に良いところも悪いところも挙げさせてもらいました。

 

職場、社内の恋愛では、相手の普段の生活や仕事に向かう姿勢なんかが良く分かります。会社の規模も小さくなればなるほど物理的な距離も近くなりますしね。

良いことがあった時も悪いことがあった時も全て見聞きできます。(しなければならないとも言えます)

 

だからこそ、付き合う前に本気で考えて相手を見極める事がものすごく大事です!

 

僕みたいに失敗しない様に(泣、本当に大切にできる恋人を見つけてあげてください。

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.