2018/02/06

仲間の大切さを知ろう!周囲への感謝をもつ6つのマインド!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

仲間ってとても大事、でも仲間がいることで悩んだり傷ついたりすることもある。自分の今の仲間・盟友はかけがえのない存在です。

 

人は一人では生きていいけないと言ってもやっぱり友達や仲間って自分で選択する必要があります。

合わない人間、嫌だと思う人と付き合っていてもお互いのためによくありません。

 

今回はそんな周囲との人間関係を円満にするために大事なマインドを紹介していきたいと思います。

 

群れるための存在は仲間ではない

 

まず大前提として、ただ群れて世間話や愚痴を言いあう関係は仲間とは言いません。薄っぺらい知り合いに毛が生えた程度の存在です。

 

これは決して相手やあなたを卑下したいわけではありませんが……

ただ本当の仲間とはお互いに切磋琢磨して認め合い、学びあえる存在の事です。

 

ですから、学校でも仕事でも、ただその環境の中にいるから付き合っているというのは「仲間」とは言いづらいですし、そういった関係は環境が変わると途端に薄く消えていってしまいます。

 

群れるためだけの存在は仲間とは言えません、それどころか現代では逆に「周囲からの孤立」や「信頼していたと思っていた人からの裏切り」といった自分自身が悲しくなる出来事に繋がってしまうこともあります。

 

「なんとなくの惰性で付き合っているけれど……」

「この輪から外れたら一人ぼっちで寂しいし……」

 

こういった感情が少しでも心にあるのであれば自分自身の”本当の仲間”の意味を考えてみましょう。

他者承認の時代だからこそ、仲間を見極めることとはとても大切です。

 

気遣いしないことが一番大事

 

よく「親しき中にも礼儀あり」と言いますが、僕はあまり周囲に礼儀を振りまいたことはありません(笑)これは僕自身の性格がそうだったのだと思うのですが、それでも「お前はそんな奴だからな」と言いながら一緒に楽しんでくれる仲間が居ます。

 

本当の仲間とはそういった堅苦しい考え方抜きに付き合えるものです。

 

もちろん、相手を中傷したりバカにしたりすることは良くありませんが、逆に言えばそんなおバカなことが言い合える関係でいられるということはとても素晴らしいものですよ。

 

当たり前だと思いますか?でも意外にそれが出来ずに仲間内でビクビクしている人もいるのではないでしょうか。

 

何より「気を遣わない」「気を遣われない」という関係はありがたいものです。そういった仲間がいてくれることこそ感謝すべきでしょう。

 

何気なく一緒にいる仲間に、ありがたいという気持ちを持てると関係がずっと続いていきます、大事にしていきましょう。

 

叱咤してくれる存在が貴重

 

また僕自身の話ですが、僕は中学や高校、大学と言った学生時代ではよく友人たちから怒られていました。約束すっぽかしたり合コンにジャージで行ったり……(いや合コンとは思ってなかったんです!ほんとに!)

わがままし放題で自己中だった僕に対していつも言いたいことをガツッと言ってくれる存在が今思えばとても貴重だったと感じています。

 

気を遣って何も言えないとか、本人の前では言わずに裏で陰口を言うとか、そんなの仲間じゃないですよね?だから面と向かって「おいこら!」って言ってくれる友達や仲間が大事なんです。

 

悪いと思ったことをちゃんと叱ってくれる、親の様で親ではないなんとも奇妙な関係ですが、今ではこういう関係も少なくなってきたのかな?とちょっぴり寂しく感じてます(勘違いかもしれないけど 笑)

 

もし自分のために怒ってくれる人、はっきり言ってくれる人が周りにいたら、大事にしましょう。そしてそんな関係に感謝しましょう。

 

自由にケンカができること

 

昔の友情マンガとかだと男が殴り合いのケンカをしたあとに「ハハハッ!」と笑いながら手を差し伸べているシーンがよくありましたが、これ現代ではないですかね?(笑)

女性には中々見られないものですが、やっぱり仲間というのは時にケンカも必要だと思います。

 

これは恋愛関係と似たようなところがあると思いますが、お互いの意見や考え方があって、ぶつかることだってあると思うんです。その時にお互いが相手の考えを認められるようになるきっかけってやっぱりケンカじゃないでしょうか?(勝手な偏見ですが…)

 

ケンカでなくとも、口論になって揉めたり、ちょっと気まずくなっちゃったり。それでもやっぱり悪いことしたな、ちゃんと仲直りしなきゃって「悪かった「ごめんね」そう言える人がいるのであれば、それは間違いなく本当の仲間だと思います。

 

そうでなければ一度ケンカをしたらそれっきり、疎遠になったり決別してしまったりするものですからね。何度もぶつかって絆が深まっていくんです!(クサい!)

 

僕の場合はそういう腐れ縁のやつらとは今でも付き合ってますね(笑)めっちゃありがたいです!

 

あなたもぜひ「自由にケンカが出来る関係」になれる人を大切にしていきましょう。

 

仕事上の仲間は戦友

 

仕事をする上でも仲間は必要です。ですが仕事の場合は仲間というより「戦友」という言い方を僕はしています。

なぜなら「同じ目標(標的)に向かって団結して事に当たっていく存在」だからです。

 

職場という環境は学校やコミュニティとは違って、個人個人の利益(お給料)を求める場所です。ですから単に人間関係を深めるだけの場所ではありません。「職場は付き合いだけ」と考えてしまう人が多いのも根本的な目的が違うからです。

 

ただ、だからこそそんな環境でも戦友と呼べる仲間が大切なんだと考えています。だって会社の目標(売り上げだったり利益だったり)を達成するのは一人の力では無理ですからね。どんな仕事だって必ず会社の目標を達成させるために必要な業務です。

 

「仕事だけの付き合い」と割り切ってしまったら途端に会社がつまらなくなります……

 

何かを達成した時に一緒に喜びあえる存在が戦友だと思います。同じ苦労を味わって、時には部署間で対立して、それでも「俺たち、私たちやったね!」って笑って喜べる関係があったら、それこそありがたいと思いませんか?

 

いろんな会社ですから色んな環境に身を置いている人がいるでしょう、そんな環境の中で、一人でも良いので「戦友」と呼べる人を作りましょう。そしてその存在に感謝しましょう!

 

こんな今の日本の企業で、職場に戦友と呼べるような仲間が居るって、ホント珍しいことですよ(笑)

ぜひ大切にしたいですね!

 

自分の成長を心から喜んでくれるのが本当の親友

 

あなたには親友と呼べる人がいますか?どんな人が親友ですか?

僕の親友は中学の時からの付き合いですからかれこれ20年くらいの関係になります。未だに年2回くらい心境やお互いの人生を語ったりしています。別に「これがあるから親友!」って定義はないんですけどね(笑)

 

ただ他の仲間にないものがあって、彼はどんなに離れていても会っていなくてもお互いが変わっても、「いいねいいね、お前ならできるよ」って必ず言うんです。適当な返事かもしれませんが。

 

これって単純ですけど、もの凄く大切な事なんだなって感じます!

 

だから僕も彼もお互いに知らないことはありません。信頼しきってます。裏切ったって離れていったって別にそれでもいいよって、ある意味どうでもいい存在というか(笑)

 

おそらく皆さんの親友と呼べる存在もそんな感じなんじゃないでしょうか?

「親友だ!」と意識的に考えるものでもありませんし、気が付いたらなんとなくずっと縁が切れなかったなって感じるものなんだと思うんです。

 

だから自分を全て認めてくれて、自分の成長や成功を心から喜んでくれる人がいるのなら、その人が同じ時代に生まれてきてくれたことに感謝しましょう。何気ない存在であったとしても、その人との関わりがあったことで嬉しいこと、ありがたいことがたくさんあったはずです。

その気持ちを忘れないでくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

この記事を読んで「仲間がいることのありがたさ」を少しでも思い出してくれたら僕も嬉しいです。

恋人もそうですが、当たり前にある存在って結構ないがしろになってしまうんですよね。

 

自分で「仲間だ、親友だ、戦友だ」と思える人を改めて挙げてみましょう。

そして、手紙でも良いしサプライズディナーでも良いです、たまにでいいので、感謝の気持ちを込めてその人たちを喜ばせるようなことをしてあげてください。

 

そうしたら相手もあなたという仲間の存在に感謝できるはずです。

 

願わくば、じいちゃんばあちゃんになっても続いている仲間の関係であってほしいです☆

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.