優しいだけではモテない!?男らしさが現代でモテる理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

 

こんにちは!夢見屋です!

なんだか、酒を飲みながら記事書いてると内容もハイテンションになってしまう今日この頃……

 

いや、読んで下さっている方には大変申し訳ないのですが…

それでも僕の体験談&想いをみなさんに伝えられたらと思います!

 

男はどうやったらモテるのか!?優しいだけではモテないのか!?

そんな疑問や悩みを抱えている人も多いのでは?

 

結論

別に優しくなくたってモテます(笑)

以下、詳しくお伝えしたいと思います。

 

優しい男は良い人で終わる

 

優しい”だけ”の男性は間違いなく良い人で終わります(;・∀・)

現に僕がそうでした。

 

「お前と一緒にするんじゃねーよ!」

 

そう思われた方、一個人の戯言ですからお気になさらず(笑)

ただ、優しい男性はたくさんいます。そう、腐るほどに。というか端っこ腐ってんじゃねーか!?ってくらい男はどこかしら優しい側面は持ってるもんなんです。

 

でもなんで優しいのにモテないの??

 

理由は簡単、優しいだけの男なんて端っこが腐ってる位いくらでもいるからです(笑)

優しいだけではモテません!

本当に優しい男ってのは女性が思いも寄らないところでその優しさをさりげなく見せるものです。

つまり打算や下心がない真の思いやりってやつですね。

 

僕もそれに気づいたのは30代を過ぎてからです。意識的な優しさではなくて、何気ない素振りや行動でにじみ出てくる優しさに女性は惹かれます。そういう男性はどことなく先天的な才能を感じます。

 

ちきしょー!うらやましい!

 

って思えるくらいの才能ですね(笑)

 

ただ単に優しいだけの男は結局「良い人」で終わっていくもんなんです……

 

そんなこと言ったらミもフタもないって思うかもしれませんがネ、これはもう事実なんです。

女性を虜にできる優しさってやっぱり才能なんじゃないかってくらい自分の考えの及ばないところで思い知らされるんすよ(泣

 

じゃぁどうすればいいか?

 

答えは一つ。

 

”自分が出せる優しさを他人によって変えない”

 

ってことに尽きますね。なんだそりゃ!?って思うでしょ?

イヤそれしか実際できないって(笑)

世の中持ち前の優しさで自然と女性にモテる男なんていくらでもいます。他の男と比較したって仕方ないんです。

 

だったら自分なりの優しさを素直に出すしかないじゃないですか。あなたはあなたなんですから。努力して優しさなんて出すもんじゃないです、日ごろの女性に対する接し方や扱い方があなたの優しさを決めてるんですから。

 

モテるための優しさは結局良い人で終わるだけです。そんなものじゃなくて、あなたが無理に意識せず打算抜き、見返り抜きで発揮できる優しさを持ち続けることが一番重要です。

 

だからこの記事を見て「そうしよう」と思うのではなくて、日々生活の中で少しずつ変わっていくのが理想なんです。

 

良いですか?見返りなしの無償の優しさですよ??

 

本当に優しい男はこれを無意識にしています。だからあなた自身が持つ優しさを自覚しましょう。あなたはあなたらしい優しさがあればそれで良いんです!無償の優しさがあれば必ず魅力は高まります。

 

男はいつの時代でもやっぱり漢!

 

こういってしまうといかにも古風な感じですが、男って男らしさを持ち続けることが大事だって思いますね、ホント。

今の世の中草食系男子って騒がれてるじゃないすか(もう古いのか⁉)

 

それって、なーんか情けないんですよね。別に弱々しいのが悪いってわけじゃないんですが、もっと

 

「男だったら」

 

ってものを持っててほしいです。

それは包容力かもしれないし、何かに熱中できる力かもしれません。自分の信念かもしれないし凝り固まった生き様だって良いと思います。”こうだ!”ってものを持ってるのってやっぱカッコいいじゃないですか。

 

まぁ色んな考え方がありますから、この記事が正しいなんて言えませんがね(笑)

 

でも不思議と「男らしい人」って、女性に優しいんです。ただ優しいだけでない、何かがありますね。硬派(これも古い)というかなんというか、カッコいい優しさみたいなのが。

 

こういう男らしさってやっぱモテますよ。大事に磨き上げなきゃ!

 

強引さ、理不尽さが魅力になる

 

なんででしょうね?女性って時に強引だったり、理屈が通ってないけど理不尽に突っ走るぜ!みたいなところに弱いんでしょうか(笑)

ただ優しいだけの男がモテないってのも何かわかる気がします。

 

僕もどっちかいうと強引な方なので、「壁ドン!」とかやったことあります(笑)

胸キュンするらしいです(爆)

 

程よいわがままと自己中心的な物言いをはき違えてはいけませんが、やっぱり強引な性分を持ってる男は魅力がハンパないす!ここは性格的なものもあって万人に共通することじゃありませんので中々難しいところ……

 

んまぁそれが全てってわけじゃないですけどね、でもわがままだったり言う事聞かなかったりするところって女性から見たら「でっかい子供」みたいな母性本能をくすぐられるところってあるみたいすよ??

 

大人の男の様な紳士な部分だけでなくて、子供っぽいわがままさを兼ね備えてるくらいが丁度いいんですね。

 

肉食系男子の強みはやっぱり牽引力

 

昔の女友達が言ってました、「命令されたい」

 

………それただのドMぢゃねーかΣ(;´Д`)

 

って思いましたが案外そういう気質って女性ならではのものなのかもしれません(これも性格が色々ありますが)

 

でも男のそういうオラオラ的な部分に惹かれる女性も多いはず。会社でバリバリのキャリアウーマンであっても、服装・言葉遣いまで完全ボーイッシュ系女子であっても、どこかで「男にリードされたい」って本心があるはず。てかそう思いたい!そうであってほしい!俺はそういう子大好きです!

 

すいません、また自分の欲望が出ちまいました。

 

が、今や若い男の半数が草食系と言われる時代。同じような男ばかりでは飽きてしまうのも無理はありません。「イイ女をものにしたい!」って自分の欲望に素直な方が女性にとっては魅力的に映るときもあるでしょう。

 

荒い男は信念がある

 

コレも僕の価値観になっちまいますが……

 

「荒削り」で「我が道を行く!」って男は絶対モテます!

 

例えばホリエモンこと堀江貴文さん。彼なんかは容姿はそんなでもない(めっちゃ失礼)のに意外に凄くモテるって知ってました?あんな毒吐く言い方してるような人でも、自分の仕事や生き様に関しては飛びぬけた輝きがあるじゃないですか。堀江さんが荒削りかどうかは分かりませんが、少なくとも自分の人生突っ走ってる人は男から見たって「カッコいい」って思いますよ。

 

やっぱそういうガツガツしてハングリー精神むき出しの男ってどこか惹かれる部分があるんですよ。

 

僕もうつになってからだいぶ草の根っこ食ってるような時期がありましたが、最近ようやく「木でも登ってみっか!」って気持ちになるまで復活してきました(笑)そのあとはもう狩りですね、狩り!

 

仕事でも生き方でも恋愛でも、これだけは譲れない!ってものがある男はしっかり自分の信念持ってますから、これもまたカッコいいですね!

 

女性にうまく転がされるくらいの優しさ

 

これはテクニックってわけじゃないんですが、「女性にうま~く転がせてあげれる様な優しさ」ってのも女性目線では大事です。

ある部分では「女性に主導権をにぎってもらう」ということです。この考え方は結婚して家庭を持つようになると非常に大切なマインドになります。いくら肉食系が良いからって、四六時中ずっとオラオラだったらちょっとむさ苦しいですよね(笑)

 

だから女性につけこまれられる弱みや情けない領域を持っておくのも女性にモテるためにはポイントです。

 

これは意識的にというよりは、無意識な部分で女性が気付くのが一番良いと思います。わざとらしかったら女性のプライドを傷つけてしまうだけですからね!

 

自分の弱みだったり欠点を隠さず、”それも含めてオレだ!文句あるか!”ってくらいがちょうどいい(笑)

 

ちなみに僕は昔けっこう粗暴な性格だったんですが、前の彼女からは「そういう所とかバカなところとか優しいところも含めて全部好き!」って言われました……

これ喜んでいいのか⁉って感じでしたけど、女性からしたらどこかしら魅力があったんでしょうね(笑)

今思えばありがたい限りです。

 

少しの欠点なんか気にすんな!

 

少しだけ無責任なことを言わせてもらうと、この記事を読んでくれている男性諸氏、今のままで十分魅力的です!

女性だったらごめんなさい(笑)

 

優しい人と優しいだけの人って何が違うと思います?

 

答えは「自分に自信を持ってるか持ってないかの違い」です。

 

優しいだけの人って、実は優しそうに見えて「ちょっぴり卑屈」なんです。だから優しさの次が出てこない。自分に自信がないから、優しさも「自己犠牲」に近い部分があります。自分の身を削って優しくされても女性はちょっと気まずいですよね?

 

言い換えると、「自分に自信が無いから優しくすることくらいしかできない」と言えます。こんなんじゃ女性は寄ってきません。

 

 

反面、本当に優しさを持っている人はいくらハングリーだろうがオラオラだろうが自分に絶対的な自信(執念に近い信念のようなものでしょうかね)を持っていることがほとんどです。だから自分の持ってる欠点や弱点も含めて基本「自分の事大好き!」です(笑)

 

実はこういうアホっぽさが女性受けするんですね。

 

「自分好きなんてただのナルシストじゃん」と思うなかれ、自己陶酔ではなく自己肯定なのです。

 

違い分かりますか?

 

自己陶酔は自分しか見ていません、自己肯定は自分や自分の周囲、環境、過去、経験、全部受け止めて「これが自分だ」と認めていることです。

 

自分を長所短所含めて認めているからこそ、いつも変わろう成長しようと努力するのです。

 

だから、少しの欠点なんて気にしなくていいです。そういうの全部自分で分かって前に進んでる男がカッコいいんです。分かっているから、本当の意味で女性だけでなく周囲にも優しくできるんです。

 

これ、忘れないでくださいね☆

 

まとめ

 

いかがでしたか、少し(いや、大いにか 笑)独断と偏見が入りましたが、優しいだけじゃ今の時代通用しません。特に男磨きして、男の恋をしようと思ったらちゃんと男らしさも身につけないといけませんね。

 

この記事書いてたらなぜか僕も自身ついてきました(笑)

 

本質的に男ってバカだから、自分の「自分らしさ(世界)」持ってないといられないんです。今はそういうの持てない人が多いかもしれません。何もしなくても社会環境ばっかり整っちゃってるから、自分の力で成長してくってことに外的誘惑が多すぎて中々前に進めない。

 

それでも、男に生まれた以上はやっぱ根性ある生き方したいですよね!

 

優しいだけじゃモテないって理由が分かりましたでしょうか?

 

この記事を読んで下さった方に少しでも僕の考える男らしさが伝われば嬉しいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.