2018/02/12

失恋……罪悪感しかないあなたへ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、夢見屋です。

今日は失恋し、罪悪感を抱えて生きている人にこの記事を送ります。

 

なぜフラれたのに罪悪感が?

フッた方に罪悪感はないの?

 

フッた方にもフラれた方にも罪悪感はあるんです。

恋はまことしやかに華やかなものですが、それは時に幻覚に近いほどの幸福感を与えてくれます。その分、別れ方によっては心に大きな大きなトラウマとなって刻み込まれることも少なからずあります。

 

どうすれば罪悪感から逃れることが出来るのでしょうか……

過去の傷が完全に癒えていない僕自身の体験も込めてお伝えしたいと思います。

 

フッた方の罪悪感

「フッた方に罪悪感はあるのか?」よくこう聞かれることがあります。

僕としては「フッた方にも多少なりとも罪悪感はある」と言いたいです。

 

もちろん、心無い言葉で別れを告げていく人もいるでしょう、既に新しい恋人がいて罪悪感など微塵も感じていないような相手もいるでしょう。

それは千差万別ですし、必ず罪悪感があるとは言い切れません。

 

ですが、”フッた方が罪悪感を持つかどうか”は、あなた自身が大きく影響しています。

 

なぜ? と思うかもしれませんね。

 

でもあなたがどういう人と付き合ったかが大事なのです。

「別れを切り出すことに多少なりとも罪悪感を持つ優しい人であったか」ということです。

 

僕はフラれた側の人間ですが、それでも付き合ってきた人達はみんな優しい人たちばかりでした。これは本当にありがたいことだと、今思うと感謝の気持ちが湧いてきます。

 

涙を流し、泣きじゃくりながら何度も「ごめんなさい、ごめんなさい」と……

 

あれほど約束したのに、誓ったのに、守れなかったという罪悪感を、心から愛してくれた人は持っているんです。

 

それでも一緒にいられないという決断をして、心に傷を負いながらも去っていきます。

 

僕はこう考えた時、「フラれるのも悲しいけど、フる方だってやっぱり悲しいよな」って思うんですよ。

決してキレイごとではなく、本当に自分を想っていてくれたということがただただ嬉しい、それだけですよ。

 

フラれた方の罪悪感

フラれた方の罪悪感は、「その罪悪感に気づくかどうか」だと思います。

 

一方的に別れを告げられた立場なんだから罪悪感なんてないでしょ!

 

そう思うのも無理はありませんし、事実多くの人が「捨てられた」「裏切られた」と被害者意識を持つのではないでしょうか?

 

別れの理由は十人十色ですからここばかりはなんとも言えませんが……

 

それでもフラれた方にも罪悪感を感じる事もあります。

 

「自分が手を出してしまったのがいけないんだ」

「私と付き合わなければあの人はきっと……」

 

そういった半分自虐的な感情が湧き出てくるのではないでしょうか?

 

僕は最後の最後に「もう連絡してこないでください」と言われたとき、「ああ、僕との記憶は彼女にとって苦痛でしかなかったんだ」と悟りました……

フラれた側なのに、自分のせいで彼女に別れを選択させてしまった。そう感じた時、とてつもない罪悪感が襲ったのを今でも鮮明に覚えています。

 

別れを言い渡される方はこの世の終わりかという位に辛い思いとそれからの地獄の様な日々を過ごさなければなりませんが、更に罪悪感まで伴ってきてしまってはたまったものではないですよね。

 

それでも優しいあなたは自分を責めてしまう……

 

世の中うまくいかないものだとつくづく思うこの頃です……

 

 

過ちと自己嫌悪からくる罪悪感

「過ち」と「自己嫌悪」はフる方フラれる方どちらにもあると思いますが、意外にもフラれた方が付き合っていたころの過ちや相手を傷つけたことなどを鮮明に思いだしてしまうものです。

 

「あの時なぜあんなことを言ったんだ」

「私がもっとしっかりしていれば……」

「ひどいことをしてしまったから失ってしまったんだ」

 

色んな思考が頭の中を駆け巡っていき、終わりのない自責の念は罪悪感となり、あなたの心を蝕んでいきます。

 

僕もそうでした、守るべきはずの大切な人を傷つけて束縛して、支配しようとしていました……

 

何が一番の罪悪感かって、そんなクソみたいな(言い方悪くてごめんなさい)僕を前に、彼女はいつも笑顔でいてくれたこと。

 

自分が追い込まれて、悩まされて、自死まで考える様になっていた状態でも、それでも僕といる時はいつも笑顔で「またね!」って言ってくれていた事……

 

僕が彼女を支配するために守らせた束縛を一生懸命守ろうと努力してくれていた事……

 

 

真実を知った時、僕は自分を殺したくなるくらい責めました。責めて責めて、罪悪感に埋もれて彼女と出会ったことを後悔するくらいに自分のしてきた過ちを悔やみました。

 

フラれたのに、自分が大切にできなかった、守れなかったという罪悪感しか残りませんでした。

 

今思い出しても泣き出したくなるくらい、情けない男だったと思います。

 

 

皆さんにはそういった経験があるでしょうか?

失恋をしたのに、自分で自分を責めるような後悔や罪悪感を持っていませんか?

相手が純粋であればあるほど、一途であればあるほど、優しければ優しいだけ、自分の思い当たる過去の過ちは罪悪感や後悔といった形で残ります。

 

こればっかりはすぐに切り替えるというわけにはいかないかもしれません。

 

なにしろ自分が100%悪いんだという思い方をしてしまってますから、罪悪感というものは中々消えてくれないでしょう。

 

そんな思い詰めるあなたも本当は優しい人間なんですけどね……

 

手放すということを自らが選択するしかない

これは本当に難しいことだと思いますが、罪悪感や自責の念は自分自身で手放すしかないと思っています。

相手が許してくれても、周りが同乗してくれても、それでも自分の中にしこりとして残ってしまうものだと思いますから。

 

別れを切り出した側も、受けざるを得ない側も、罪悪感はどこかで手放さない限りはずっとついて回ります。

 

そう簡単に割り切れない部分もあるでしょう。「自分は一生この罪を背負っていかなければならない」といった辛い過去を抱える人もいるでしょう。

ただそれでも、その罪悪感がいつしか忘却の彼方に行ってくれるということを期待するよりかは、自分自身でけじめをつけた方が良いと僕は思っています。

 

というかそうしなければ前に進めないと思ったからそうしました。

 

「都合がいい」と思われてもいい、「逃げだ」と言われてもいい、大事なのは他人からどう見られようと「自分が自分を認めて、幸せになろう頑張ろう」と思えることです。

 

罪悪感を抱えているからって、あなたが幸せになってはいけないなんてことはないんです。

 

悩むだけ悩んで、責めるだけ責めたら、そっとバイバイしてあげる……
それで良いんじゃないでしょうか。

 

罪悪感を手放すために大事なこと

罪悪感を手放すためには、やっぱり「自分で自分を許してあげる」ことですね。

 

「そんなことできない」

「絶対に許せない」

「こんな私に幸せになる資格なんてない」

 

そういう自分を許してあげるのです。

今どう思っていてもどう感じていても、「そのありのままの自分を許すよ」と自分に言ってあげてください。

言い聞かせるのではありません、”言ってあげるの”です。

 

最初はよく分からないかもしれないし、むずがゆいかもしれないですが、自分に声をかけていると段々心が和らいでいきます。

 

また、どうしても自分自身で我慢できない罪悪感や後悔があるのなら、一度だけ元恋人に謝罪をさせてもらうということもありでしょう。連絡が取れて、会ってもらえる状態であればの話ですが。

 

僕はどうしても許せない自分の行為があったので、自責の念と罪悪感を手放すために元カノに会って、土下座して謝罪してきました。これは許してもらうためではなく”自分自身の因果を断ち切るため”にしたことなので、相手に許してもらえるかどうかはもう関係ありませんでした。

 

ただただ、自分でけじめをつけたかったんです。

 

それから少しずつ自分で前を向き、先の未来を考えられるようになりました。

 

同じことが出来る人は一度だけしっかりと謝罪する機会を作ってもらっても良いでしょう。

 

罪悪感の残る失恋は悪いことじゃない

ここまで重々しく綴ってきましたが、誰でも彼でも恋を失った時、また捨てた時というのは少なからず罪悪感や後悔の念に悩まされるものです。

 

それが大きかれ小さかれ、ぼくは罪悪感が残る失恋を悪いとは思っていません。

 

確かに後味が悪かったり、別れ方がひどかったりトラウマになってしまったりするケースもあります。それでも、あなた自身が感じた後悔や罪悪は絶対に無駄なまま終わることはありません。

 

罪悪感が残るからこそ手放すことができます。

手放さなければ自分が幸せになることも「未来のパートナーを幸せにする」こともできません。

 

辛いでしょうが、その経験は必ず自分の人生の糧になります。

 

傷つけてしまった人は「もう人を傷つけることはしない」と心に誓うことができます。

約束を守れなかった人は「次は絶対に約束を守る、守れない様ないい加減な恋愛はしない」と考える事もできます。

これらは全部自分の成長につながります。

だから無駄ではないのです。

 

あなたはもう自分を責める必要はない

ここまで読んで下さった方ならもう罪悪感は手放せるはずです。

 

自分を鎖で縛る必要はどこにもありません。

縛っているのはあなた自身の心であり思考です。

もう十分考えたと思います、後悔で泣きまくったと思います、だからもう自分を許してあげてください。

 

完全じゃなくても良いですよ、少しずつ心を解き放ってあげるんです。

 

でも人生って不思議なもので、そうやって手放そうとしてると罪の意識を再認識させられるかのような出来事が起こってしまいがちです。

 

「友達に話したら一般論で責められた」

「本を読んだりテレビを見ていたりしたら自分が過去してきたことが批評されていた」

 

など、過去の自分と照らし合わせて「あぁやっぱり自分は許されないんだ……」と思ってしまうかもしれません。それでも自分を許せるのは自分だけです。

だから他人や周りがどう思おうが何を言おうが、流されずに自分自身でしっかりとけじめがつけられていればそれでいいです!

 

自分の事を責めそうになったら、一旦気持ちを落ち着けて冷静になりましょう。

この記事も、そんな時に役に立つものでありたいと思って書いています。

 

何があってもあなたはもう自分を責める必要はありません。

 

未来へ進むこと

過去の事実は変わりません、いくら時間が経っても自分の記録も変わりません。

 

今この瞬間を罪悪感に呑まれながら過ごしても、手放して笑顔で過ごしても同じ時間です。

であれば、どうせなら笑顔の方が良いじゃないですか!

 

どれだけ悪いことをしてきたとしても、どれほど人に批判される様な事をしてきたとしても、あなたが幸せになってはいけない理由にはなりません。

 

その幸せの心を決めるのはあなた自身なんですから、あなた自身が前へ進む!ということをしっかりと心に誓って下さい。

 

どんな人にも幸せになる権利はあります。

大きな恋を失って、それでも罪悪感しか残らなかったあなただからこそ、相手の気持ちが分かる優しい人間になれると思います。

 

まとめ

 

いやぁ、ちょっとどころか大分重い記事になってしまいました💦

自分の実体験も含めて色々とお伝えさせていただきました。

罪悪感、後悔、自責、どれも少なからずそういった感情を抱えて、時にはそれに振り回されてしまう人もいるのではないでしょうか?

 

今回はそういった感情に苦しんでいる人が少しでも元気になってくれればと思いこの記事を作りました。

恋愛や失恋には学ぶべきものが本当に多くあります。

それは、苦しい時には絶対に理解できないことばかりですが、1年2年、はたまた5年後か、ふと自分を見つめてみた時に「あの時の体験や思った事が今の自分を突き動かしているな」って、あとで感じられるものだと思うんです。

 

僕もそうでしたし、多くの先人・人生の先輩方がそう思っているのではないかと考えています。

 

「今この瞬間」はどうしても分からないですから、そんな時は同じような記事を見てひと時でも心を癒してあげる、そんなことが大事だと思います。

 

恋を失ってまで罪悪感を感じてるんです、きっとそんな人は先の未来、魅力的な人間になって素敵なパートナーと幸せになっていると思いますよ!

僕もそう願っています。

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございます!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. ダメ人間18号 より:

    状況が全く同じで、共感してしまいました。
    先月、7年間付き合った彼女に婚約破棄されて、ずっと自分を責め続けています。

    書かれているように、もう同じ過ちはしないと切り替えたいのですが
    将来の恋愛について考えると、どうしても元彼女のことを思い出してしまいます。

    彼女を忘れるためにヒントになることがあれば教えてください。

    • 夢見屋 より:

      コメントありがとうございます。
      まずは僕の記事に共感して頂いたことに感謝いたします。

      先月との事であればまだ気持ちの整理もついていないはず……
      今は無理をせずに自分の気持ちを落ち着けることを優先してあげてくださいね。

      僕も大切な存在を失って初めて自分の愚かさに気づきました。
      後悔してもしたりない、ずっと自分を責めてきました。
      18号さんの状況は分かりませんが、同じように後悔や自責の念に苛まれているのだと思います。

      7年もお付き合いされて、しかも婚約までされていたのであればそんなに簡単に
      忘れることはできないはず。

      そんな方に偉そうなことは言えませんが、あえて言葉を送らせてもらうとするなら
      「自分で因果を断ち切って、過去を背負っていくこと」だと思います。

      人を傷つけたことがない人間はいません。
      誰かの笑顔を奪ってしまうこともあります。

      ただそれでも18号さんは、自分が悔やんでいることを背負って
      前に進むしかないのです。

      今はまだ忘れられません。
      そんなに簡単に切り替えられるくらいなら苦労はしないでしょうし
      そんな人は罪悪感なんか持ちません。

      18号さんは本当は優しい人なんだと思います。
      だから、少しずつゆっくりで良いので、自分を許していって
      あげてください。
      将来のことは少しおいて、自分自身をちょっとばかり
      見つめ直してあげてください。

      僕もそうしてきました。

      苦しい時、やるせない時はいつでもコメントくださいね。
      何も出来ないかもしれませんが、少しばかりでもお力に
      なれれば嬉しいです。

  2. ダメ人間18号 より:

    夢見屋さん

    丁寧にご返信いただきありがとうございます。

    >「自分で因果を断ち切って、過去を背負っていくこと」だと思います。

    >だから、少しずつゆっくりで良いので、自分を許していって
    >あげてください。
    >将来のことは少しおいて、自分自身をちょっとばかり
    >見つめ直してあげてください。

    書いて頂いているように、自分が過去の事実と向き合って、自分を許していくように頑張りたいと思います。

    彼女との別れから1ヶ月以上が経過して、徐々に思い出す回数も減ってきました。
    ご相談したいことは、
    ”どうやって元彼女との思い出を美化し過ぎずに、新しい恋愛に進むことができるか”についてです。

    私の場合、元彼女にフラれた立場とは言え、自分が原因だと考えていることで余計に過去の楽しかったことや一途に自分に愛情を向けてくれていたことを美化してしまいます。
    他の女性と遊んでいても、なぜか心から楽しめていない自分がいます。

    頭では、そんな状態はとても失礼だと思うし、いつまでも引きずっていても明るい未来が無いと思っています。

    美化し過ぎずに、次の恋愛や人生に進むために夢見屋さんが心がけたことなど、アドバイスがあれば頂きたいです。

    • 夢見屋 より:

      返信が遅くなり申し訳ありません。
      コメントありがとうございます。
      その後いかがでしょうか?

      ダメ人間18号さんの元彼女さんがどういう心境であなたのもとを去っていったのか分かりません。
      ですが、少なくとも嫌悪や失望だけで別れを決意したとは思えないのです。

      美化しているのはダメ人間18号さんだけではないと思います。
      あなたを振った彼女さんにも、罪悪感はあったでしょうし、彼女にだってあなたとの楽しい幸せな思い出は
      美化されているでしょう。

      ご自身でも仰っている様に、今「他の女性と遊んでいても心から楽しめない」という事は、ダメ人間18号さんには
      少しばかりの内観の時間が必要なのかもしれません。

      早く元彼女の美化された思い出を払しょくして次の恋愛に進みたい気持ちはよく分かりますが、
      少し恋愛というものを離れてみてはいかがでしょうか?

      美化しまいと思えば思うほど執着の心は根強く居つきます。
      それよりも、「美化するくらい良い思い出だった」と、少しだけ受け入れてみてください。

      僕の場合はいつの恋愛でも思い切り引きずりましたが、その度に自分を成長させる様に努力しようと
      しました。

      できることなら次の恋愛を探すのではなく自分をちょっぴり見つめ直して、何が足りなかったのか、
      これから”恋愛だけでなく”自分に何が必要かを探してみてください。

      そうして恋愛から少し離れて自分の生活に笑顔が溢れてくると、次の恋はひょんなところから始まって
      くるものです。

      美化された思い出はそのままでいいです、そしてダメ人間18号さんが感じている罪悪感も全て
      背負うと決めたのなら、後は後悔や自責の念はいりません。

      慌てずに、少しずつトライしてみてください。
      応援しています。

  3. やしこぱん より:

    初めまして。この記事を読んで少し救われました。

    先日初めて出来た彼氏と別れました。

    彼とは大学の同級生で、卒業する直前に私から告白し、付き合うことになりました。卒業後は彼の配属先の関係で遠距離恋愛をしていました。
    私は男の人が苦手で、仲の良い男性が1人もいませんでした。そんな中、彼だけは素で話せる、一緒にいて楽しい存在でした。

    私は少し気に食わないことがあると不機嫌になり、喋ることが出来なくなってしまいます。彼の軽口を本気で捉えてしまって、無言になる、もしくは、泣き出すという事が少なからずありました。その度に慰めてもらい仲直りするというパターンでした。

    以前似たようなことで別れようという話になりましたが、その時は、「じゃあ、俺が次無理だってなったら別れよう」と言われ、その場は別れませんでした。

    自分を変えよう。こんな事は二度と起こさないようにしようと思っていたのに、同じことを繰り返してしまいました。きっと甘えていたんだと思います。別れることはないだろう、許してくれるだろうって。

    今回、三連休に有給を繋げて休みを取ってくれた彼のところに遊びに行きましたが、自分の悪い性格が出てしまい、彼にもう無理だと言われ、四連休の初日に別れる事になりました。

    別れて私が地元に戻り、て何日か経った後、彼と電話をしました。未練がましく別れたくないと言ったんです。勿論無理だと言われましたが…。他にも色んなことを話しました。あの時は楽しかった、こんな事してくれてありがとうという感謝と、本当にごめんなさいという謝罪もしました。

    彼の心境も聞きました。
    この四連休は本当に楽しみにしていたし、こんな事になって残念だと言うこと、私の機嫌が悪くなって慰めている時、正直なんで怒ってるのか分からなかったし、しんどいと思っていた事、今回も私の機嫌が悪くなってしまい、イライラしていた事などです。最後は笑って話しができ、私が今までありがとうと言って電話を切りました。少しだけ気持ちが楽になりました。

    彼の事はそのうち諦める事が出来そうですが、もう会えないんだ、彼女になれないんだという気持ちがずっと私の中を回っています。それ以上に彼にしてしまったことの罪悪感と自己嫌悪が心に残っていて辛いです。
    分かっていたはずなのに同じ事を繰り返してしまった。大人になっても自分の機嫌をコントロール出来なかったこと。楽しみにしてくれてた彼の気持ちを無下にし、台無しにしてしまった事。申し訳なさと、後悔とがぐちゃぐちゃになっています。
    先程も言いましたが、謝罪はしました。本当に許してくれたかは定かではありませんが、精一杯謝ったつもりです。彼の中では終わった事なのでもうどうでもいいことかもしれませんが、私を私が許せないでいます。

    初めての恋愛で気持ちの整理の付け方がいまいち分かりません。まだ別れて日が浅いからかもしれませんが、私の性格上、ずっと彼に対する罪悪感に囚われて、引きずりそうで怖いです。

    長々とこんな事を書いてしまって申し訳ありません。彼と別れた後に色んな記事を読みましたが、あなた様の記事が私の心境に1番近いと思い、コメントさせて頂きました。

    • 夢見屋 より:

      やしこぱん様

      コメントありがとうございます。
      また返信が遅くなってしまい申し訳ありません

      長文の内容から、やしこぱんさんの居たたまれない気持ちがもの凄く伝わってきました。
      つらいですよね、今でも辛いと思います。
      女性の方が気持ちの切り替えが早いと言われますが、本当にきつい失恋をした人間にとっては男も女も関係ないものです。

      正直、僕もやしこぱんさんのコメントを見ていて昔の罪悪感を思い出してしまったくらいです……
      やしこぱんさんは今おいくつなんでしょうか?
      きっとお若いんだろうなと思いますが、僕が思うに本当の恋愛って「酸いも甘いも全部さらけ出せる関係」だと
      思っています。

      みなさん当たり前だと思われますが、こんな当たり前の事がお互い尊重できずに別れるカップル、離婚する夫婦が
      たくさん増えています。
      やしこぱんさんは自分を責める必要はありませんよ。
      それが自分なんだろうし、きっと彼氏さんにはそれを受け止めるだけの余裕がなかったのかもしれません。
      ちなみに僕だったら嬉しいですね(笑)

      だって、わがままや機嫌悪い姿、泣いている顔を見せてくれる位自分に気を許してくれてるってコト
      じゃないですか。
      捉え方は人それぞれだと思います、だから「お互いに長所も短所も受け入れ合おうよ」っていう関係が
      一番絆が強いと思うんです。

      やしこぱんさんの恋愛はこれで終わりじゃないですよ。また心を許せる人が出来たら、その時に必ず
      笑顔を見せてあげてください。

      恋愛の本質は”一緒にいて笑顔になれるかどうか”です。今回の罪悪感からやしこぱんさんが学んだこと、
      自分を少しだけ成長させてあげて、必ず未来の恋と愛に活かしてあげてください!

      「やっちまった」って経験があるほど人は強く優しくなれます。
      僕も過去の過ちや失敗は繰り返さないと心に誓っています。

      僕も頑張りますから、やしこぱんさんも未来の恋人を絶対に幸せに
      出来る様に「魅力的な女性」になってくださいね☆

      僕のブログを読んでくれてありがとうございます。
      また、フラリと寄ってみてください☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.