女性の考えさせてには理由がある⁉焦る気持ちを抑えて男を磨く方法!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

 

こんにちは!夢見屋です!

皆さんは女性に告白したことはありますか?

とても勇気のいる瞬間ですよね。僕も何度かありますがやっぱり自分から告白するのはかなり億劫になってしまいます。ので、少しずつこちらに気持ちを向けさせるようにしますね(笑)

※気になる方はこちらの記事をどうぞ

「女は惚れるより惚れさせろ!惚れられる男の条件とは?」

 

でもいざ勇気を振り絞って告白したら「少し時間が欲しい」なんて返事を保留されてしまった事なんてありませんか?

 

今回は男だったら一度(⁉)は経験があるであろう、女性からの「少し考えさせて……」のセリフ。

 

いやいや、考えさせてって何⁉

いいの??

ダメなの??

 

むっちゃ気になる言葉でしょうね(笑)

 

男としてはその場で返事をもらいたいし、はっきりしてほしいという気持ちもこの上なく出てくる瞬間ですが、少し待つべし!

 

ここは女性心理というものを少し考えて、恋愛感情に振り回されて冷静さを欠かすことがないようにふるまうべきです。

そしてなぜ女性が「考えさせて」という言葉を発するのか、よく考えてみましょう。

 

今回は僕の経験から女性の「考えさせて理由」をお伝えしたいと思います。

 

女性の「考えさせて」には理由がある

女性の「少し考えさせて」という言葉には理由があります。

すんなりOKというわけでもなく、かといって「ノー」というのも忍びない……

 

煮え切らない返事に男としてはモンモンしますよね。

 

女性が返事を保留にする理由としては、

 

「自分の気持ちがまだ分からない」

「断る理由を探している(優しい)」

「他の人(友達)があなたを好きな事を知っている」

「他に片思いの人がいて心が揺れている」

「友達関係を崩したくない(恋愛対象ではない)」

 

などなどあると思います。

 

いずれにしても「即OK!」ということでない以上、そこにある程度マイナスの感情が存在していることは確かです。

 

ただし、逆に考えれば「え?ありえないんだけど」という反応というわけでないことも確かです。

 

気持ちがないワケじゃない、でも何かしらの理由があるんです。

 

残念ながらその個別の理由が何かは特定することはできません。

 

あなたは嫌われているわけではない

それでも一つ言えることは「あなたは嫌われているわけではない」ということです。ここに自信をもってほしいですね!

 

そうでなければ”告白できる関係まで持ち込める”ことはできないでしょうし、相手だってある程度察しているでしょうから、その告白タイムを受け入れてくれていることは確かです。

 

だからこそ男は生殺しな気分になるんですよ(笑)

 

そして、どんな男性であれ「自分の事を好いてくれている、好意を持ってくれている」ことに対して女性はよっぽどのことがない限り嫌な気持ちにはなりません。

 

「え?キモイんだけど……」

 

こういった場合には潔く諦めましょう、そもそも選んだ相手が間違ってます(笑)

上で言うケースのどれにも当てはまらないし、お互いの意識の差があり過ぎます。残念ですが見当違いや勘違いだったと思うしかありませんね……

 

「いや、そう言われても俺は良い!」

 

という腹をくくって告白したアナタ、本当の勇者です!

 

そんな根性のある男性はその人でなくても他に良い女性がどんどん寄ってきます。僕の体験上「女性に告白してフラれてもめげない男」というのは軟派な様でですが事実モテます。

トライ&エラーができる男ってなぜか仕事や学問でも結果出すんですよね(笑)

 

そもそも考えさせてはいけない

これは僕の持論ですが、「女性には考えさせる暇を与えるな!考える必要もないくらいOKしてもらえる関係になれ」というものです。

要は惚れてもらうことを先に考えるということですね。

 

「それが出来たら苦労しねーんだよ!!」

 

と言いたくなるのは分かりますが(笑)

 

ただ身も蓋もないことを言ってしまえば、「考えさせて」という状況を作り出してしまっている以上、

 

「彼女の本当の気持ちを分かっていない」

→普段の会話やしぐさで自分の事をどう思っているか
ある程度予測はつけられるはず

 

「身辺環境について知らない」

→友達だったり家庭環境だったり、彼女のことを
あまり知らないのは調査不足

 

「自分の魅力を伝えきれていない」

→恋愛感情を相手に持たせるような振る舞いが普段から
出来ていない、惚れさせようとしていない

 

ということになります。

 

つまり周到な準備をせずに本番に入っちまったわけです(笑)

 

 

女性は「乙女心を分かってほしい」という気持ちを何歳になっても心のどこかで持っていますから

 

「タイミング考えて」

「こんなシチュエーショんではこんなこと言ってほしい」

「今こんなことしてくれたらなぁ」

 

といった、ホント男には理解不能なくらいタイミングや雰囲気についてこだわり(?)があります。なので女性に告白する場合はそういった女性の心を知ろうとすることも大切です。

 

なにしろ万全の関係に持っていったつもりでも「ええ!?」ってことがありますから(泣

一番いいのは「考えさせて」なんてセリフが出ない位に、告白する前にイイ関係になっておくことが重要ですね!

 

 

保留期間こそ冷静になる

「少し考えさせて」と言われたアナタ……

 

「少し」←ってどのくらい!?

3日なの?1週間なの?2週間?

 

こう思ってはいませんか?

 

正直なところ、この保留期間に答えはないでしょう。

「なんだがっかり」と思うかもしれませんが、相手によって時間が変わる以上は明確な期間というものは存在しません。

 

それが1週間かもしれないし1か月かもしれない。

 

大事なのは、「焦らずに自分の気持ちを信じて待つ」ということです。

 

僕もぶっちゃけ待つのは”大嫌い”なので、焦って答えを求めては玉砕していたのを思い出します(笑)

 

これこそ「乙女心を知る」ということでしょうか……

 

だって待てませんものねぇ???

 

ですが、自分から愛を伝えたのであればやはりボールは相手にあるのです。決断を相手に委ねた以上は自分を信じて待つしかないのです(クサい台詞ですが)

 

そして、できることなら保留期間の内は”あれこれ思考を巡らせて考える”のを止めることをすすめます。

余計なことを考えても相手の気持ちが変わるわけではないし、じたばたしても自分の自信を失わせるだけです。

 

男なら黙って返事を待って、自然に振舞うことを意識しましょう。それが返って気持ちを楽にさせてくれることもありますから。

 

結果がどうあれ自分の男らしさは後悔しない

彼女から返事がきて、もし恋に破れてしまったとしても、自分の出した結論に後悔はしないようにしましょう。(フラれる前提の話ではありませんが)

 

「気持ちを伝える選択をした」のは自分自身です。後悔をしてしまったらもったいないです。

 

「少し考えさせて」ということは様々なケースがあれど、回答を先延ばしにしている時点であまりいい結果になることも少なくないです。残念ながら。

 

ただ別にここであなたの勇気を否定するつもりはありません。

 

大事なのは「どんな結果になろうと自分の男らしい決断は後悔しない」ようにするべきだということです。

 

僕も散々色んな女性にフラれてきましたが、それでも「この子をモノにしたい!」と思って行動してきたことに関して微塵の後悔もありません。

 

自信が持てずに動けないより思い切って行動して砕け散る方がよっぽどスカッとしますから!(ただし少し時間が経ってからの話)

 

そして、想いが届いたときの嬉しさはこの上ない喜びに変わるでしょう。

 

その選択を選ぶのはあなた自身です。

そしてその暁にはなぜ「少し考える必要があったのか」という答えもオマケ付きです!

後で知るとなかなか興味深い答えが待っているものですよ。乙女心ってそんな風に出来てるの!?って知れます(笑)

 

だから結果はどうあれ、自分に自信を持つことが本当に大事です!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

女性に「少し考えさせて」と言われると不安で居たたまれなくなりますよね。

 

「もう答えは決まってるんじゃないか?」

「断る理由を探しているんじゃないか?」

「他の男と天秤にかけられてるんじゃないか?」

 

などなど、様々な憶測が宙を飛び交うことでしょう。

 

それでも確かなのは「あなたが思いを伝えるという決断をした」ということです。

 

それが密かであれ軽薄であれ、あなた自身の選択に自信を持ちましょう。そして女性の「考えさせて」という心理を学ぶいい機会です。

 

そんな経験はあなた自身の恋愛観を豊かにしてくれるでしょう。

 

願わくば、酸いも甘いも経験して”いい男磨き”をしてほしいと願っています。

 

悩んで不安でソワソワしながら、それでも手に入れた恋というのは別格ですからね。僕が経験してますから、お墨付きです(笑)

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.