2017/10/06

守破離の教えを学び人生を豊かにしよう!自分を変えていく3つの法則

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

 

こんにちは!夢見屋です!

 

今日はちょっと古武道や華道といった古くからの習わしに伝わる話です。

 

みなさん「守破離」の法則というものを一度は聞いたことがあるでしょうか?

なにか物事を習得しようとしたり、勉強するときに必要な3段階の教えです。

型を必要とする剣道や柔道、また華道や茶道といった「道を極める」ための古くからの教えですね。

 

【守】・・・学ぶ物事の型を忠実に実行し、教わったものを守って

      しっかりと基礎を作ること

【破】・・・教わった基礎を昇華させて、基礎を破って新しいものを

      見いだすこと

【離】・・・全く新しい自分自身の型を作り出し、今までの教えから

      離れていくこと

 

 

知っている人は内容は分かると思いますが、私はこの教えが自分磨きに大変参考になると思っています。

教えてくれる人がいるかどうかが関係なく、自分自身を高めていくためにこの教えを少しでも活用できれば、また一段とイイ男(女)になっていくことでしょう.

 

何かをやろうとしている人も、単純に自分の今の生活をさらに向上させようとしている人も、この守破離の法則の考え方はきっと役に立つはずです。

 

 

 「守」やることは単純だけど大事な根幹部分

 

自分磨きをする上で最も基礎的で重要となってくるのがこの「守」です。

習い事や型を必要とする武道などと違って、自分を磨くということは何か特別な枠やルールがあるわけではありません。

ですので、何をもって「守」とするかを自分で決める必要があります。

ただ、自分を変えたいと思った時には、共通する「守」のおすすめ要素があります。

 

”内観”

”読書”

”瞑想”

”筋トレ”

 

などがそうです。

何かを学びたい、けど何があるか分からないという場合は、自分の興味を持ったもの(趣味でも運動でもなんでもいいです)に関しての書物をとにかく読み漁ることが大事です。

これがなぜ「守」かというと、”なにかを得たい””自分を変えたい”と思い立って、世に成功を打ち出している人たちが必ず活用しているツールだからです。

 

書物から学びを得ず大成した人はいません。

自分磨きの原点となる行動でしょう。

 

ダイエットしたい!と思ったらまずどうしたら出来るのか?どんな方法があるか?情報を集めることから始めますよね(笑)

釣りを趣味にして生活を充実させよう!と思ったらとりあえず釣具屋さんに行ってみるのも良いでしょう。

店員さんが本がわりです(笑)

 

 

そして”内観”とは自分自身を見つめ、「自分はどういう姿でありたいのか」という未来の姿を構築することです。

過去の体験や辛い記憶、そして楽しく幸福な出来事などを”冷静”な心をもって見つめてみるのです。

 

”瞑想”も良いです。自分自身の学びの姿勢をコントロール(感情のコントロール)を行うのに適しています。

瞑想方法については色んなサイトがあり、それぞれ特徴的な方法になっていますので、自分でしっくりくるものを選んでみると良いでしょう。

 

私も色々試していますが結構難しいです💦

ということはそれだけ効果があるということですね(笑)

 

”筋トレ”は一見外面を整えるものとして捉えられがちですが、実は筋トレをすることで「テストステロン」「ドーパミン」「セロトニン」といった脳内の快楽物質が分泌される効果がありますので、すっきり明るい気持ちになって意欲が湧いてきます。

 

私も週末は優先的に時間をとって、どれだけ気分がのらない日でも筋トレとジョギングの時間を1時間は作るようにしています。

走っている最中や筋トレをしている時は気分が上がらないもので、嫌気がさしたり止めたくなる気持ちが出てきますが、そんな気持ちも一緒にブツブツ言いながらやり続けてみましょう(笑)

効果が出てくるのは、呼吸が落ち着いている終わった後です。

 

筋力や持続力を鍛えるものではなく、自分の感情を前向きにするアクションとして考えてみると効果のほどを実感できます。

 

いかがですか?「守」は自分を鍛え上げるために”色んなものから力を借りる”ことです。

特に内面の力を鍛錬するということはいつも自分自身の感情をコントロールできるようにならなければなりません。

 

本から学びを得たのならまずそれをきっちり行動に移してみる。

筋トレを毎週やると決めたのならそれを守り通す。

 

こういった考え方は学習塾やセミナーに行ったとしても同じことです。

 

「読書の著者が先生だ!」

「ダンベルが師匠だ!」

 

そう思ってると意外に頑張れるものです(笑)

 

 

 「破」自分の内面に手ごたえを感じたら外に目を向けよう

 

「破」の状態は、自分の知識やメンタルの強さ、そして外見的な雰囲気が変わってきたなと自分で感じてくる状態です。

自分のやりたい事がある人は、本もあらかた読んでネットサーフィンもしまくって、なんとなく同じ内容だな、と感じてくる頃でしょう。

 

そして、一番慢心や己惚れがムクムク出やすい時期だとも思います。

 

そんな時に、外の世界に目を向けてみるのをおすすめします。

というか自分の殻に閉じこもっていられなくなる時期だとも思います(笑)

 

「守」が自分の内面を磨く時期だとしたら、「破」はその自信がいかに小さいかを学ぶ時期でしょう。

 

私自身もそうでした。

ブログがやりたいと思って自分で一生懸命勉強して、”なんかいけそうだなぁ♪”って思い始めてセミナーコミュニティに参加したら見事にボコボコになって帰ってきました(笑)

 

周りの意識の高いこと高いこと💦

 

そして自分より歳の若い人たちがどんどん成功してる、めっちゃすごい現実を突きつけられてきたのを覚えています。

 

おそらく自分自身を変えたい、もっと成長したいと思った時の初めての試練かもしれません。

※もっとも多くの人が「守」の段階で飽きてしまったり続かなかったりするかもしれませんが……

 

外の世界を知ることで、「そこから何を得るのか?」を明確にする必要があります。

例えば起業セミナーであるなら、

 

”自分の起業したいテーマに何が生かせるか”

”同じ志の人のモチベーションはどうなのか”

”継続・持続させていくためには何が必要か”

 

など、自分の「守」をである土台をもとに、更に自分の内面に刺激を取り込むことが大事です。

 

単純な自己啓発であるなら、研修などを通じて参加者と積極的な交流を図り、その人たちの体験談や失敗談などを聞いてみるのも良いでしょう。

 

外の世界を知るということはとても大事な事だと思います。

別にコミュニティやセミナーに参加しなくても、自分で外の世界を知ることはできます。

 

「海外に一人旅に行く」でもいいし

「農村や漁師町で行き当たった人の手伝いをする休日一人ボランティア」

だって良いでしょう。

”誰か仲間を引き連れて”ではなく一人で行動してみると視野がグーンと広がります。

 

 

 

「離」ここまで来たら何かを成し遂げよう

 

「離」は今までの教えや学びの基礎を土台をもとに、培ってきた経験・知見を活かした外部へのアクションとも言える時期です。

まさに自己鍛錬の集大成といえるでしょう。

 

おそらくここまで気づかずとも来る人は「起業」したり「執筆」をするようになったり、何かしら自分の価値を世に発信できる人だと思います。

 

私自身もまだまだこの段階には程遠いなと感じながらも、近い将来「モチベーション作家として大成する」「セミナーの講師としてデビューしてみる」という夢を持っています。

 

この「破」と「離」の境界線が難しいところですが、環境や本人の考え方次第ではいきなり自己流で「離」までくる人もいます。

それは悪いことではありませんし、どの道を行っても結局壁だったり苦難は待ち受けています。

 

だったら”何かを成し遂げたい””自分の生きた跡を残したい”と思っている人にとっては遅い早いは関係ないのかもしれませんね。

 

この段階は私もまだ未知の領域なので、これ以上の表現はできません(笑)

(いい加減な記事にはしたくないので…)

 

ただ一つだけ言えることは、世の中の成功者と言われる人たちは必ずこの「離」を体験しているし、その教えを意識しているかどうかに関係なく、

 

「社会貢献という信念を持っている」

「自分のためでなく誰かのためになるという精神で行動している」

 

ということは間違いないです。

 

私もこの古き教えを知ってから自分の心構えが変わりましたし、もっと自分を成長させようと奮起させられたことも事実です。

 

別にみなさんに「起業しよう!」とか言っているわけではありませんので誤解のないようお願いします(笑)

 

 

 まとめ

 

いかがでしたか?

皆さんにうまく伝えられたかどうかあまり自信が無いですが、小さなことでも、誰かの役に立つことが出来ればそれは私は「離」の状態だと考えています。

大事なのは個々の考え方に守破離の法則を取り入れて、自分の状態を段階的に捉えていくことだと思っています。

 

そうすればおのずと自分を高めていく方法が分かってくるでしょう。

些細なことでも、たわいのないことでも全然良いんです。

”あなたの人生”が向上することが一番大切ですから。

 

この記事が少しでもお役に立てたらこれほど嬉しい事はありません。

最後までお読みいただきありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.