年下の女性と恋愛を経験して分かった10の事ー超えるべき壁は愛をもって!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、夢見屋です。

あなたの恋人はいくつ歳が離れてるでしょうか?

年上なのか、それとも年下なのか??

 

僕は断然「年下派」です!

だって若い方が良いじゃないすか(笑)

というよりは自分の精神年齢が結構低いので年下のコに好かれることが多いんですね……

 

歳が離れていると、良いこともあれば大変な事もあります。

今回はそんな体験を交えて分かったことをシェアしたいと思います。

 

アプローチは大人の余裕を見せる

年下の女性が気になるのなら、積極的にアプローチしましょう!

 

……と言いたいところですが、それは逆効果になる事が多いです。

何故なら、多くの女性は年上の男性に「頼りがい」「包容力「大人の魅力」を求めているからです。

これは人それぞれというより本能に近いと思います。

 

気になる子がいるのなら、ちょっとした優しさや笑顔、気配りなどを見せてあげると良いでしょう。

 

同年代の男子と比べて違う部分、それは「変なガキっぽさ」がないことです。

紳士な所や誠実な部分、落ち着いた包容力みたいなものを嗅ぎつけます。

 

あなたに自信が無いのなら、まずその自信を磨くことから始めましょう。

何より年下の男子と違い、人生経験値があります。

自分にはなんとも思っていないところが、女性にとって見たらとても魅力的に映る事なんてザラにあるんですよ。

まずは誠実で余裕がある、それがとるべき第一の姿勢です。

 

 恋愛関係になれば全部対等な関係

これは僕の失敗談ですが……

どんな恋愛でも、男女の関係になれば全て対等です。

 

どちらかがエライとかってのはありません。

ちょっとでも「支配欲」なんて出てしまったら、途端に魅力は激減します。

特に20代前半の女性は心の移り変わりも激しいですし、何よりまだ感情も発達中です。

「大人の余裕」に惹かれてきたのに、支配なんかされたらたまったもんじゃないですよね(笑)

※僕の失敗談は「後悔しないために。女性を大切にするために「してはいけないこと」」を

ご覧ください。

 

歳が離れているという事で、男性は女性に対して変なプライドが出てしまうもの。

ここは彼女を大切にするという意味でも、あまり気張らず自然体でいてあげてください。

そんなあなたに彼女は「落ち着く感覚」を感じるでしょう。

 

価値観の違いは意外に関係ない

けっこう色んなサイトで歳の差恋愛は価値観が合わないことをデメリットとして指摘されてますが、僕の経験からすると、

 

価値観の違いは全くと言っていいほど関係ない!

 

です。

というよりは、年が離れていようといまいと、価値観が合う合わないは完全に個人に委ねられます。

相性みたいなものですね。

同年代であっても価値観が合わなければうまくいきませんし、逆に同世代だから価値観が同じという事もありません。

 

むしろ「価値観が違うから相手に迎合しないと!」なんて考える方が良くありません。

相手には相手の考え方があるんです、そいつをちゃんと認めて、受け入れてあげましょう。

それが大人の余裕の一つでもあります。

 

「そんな子供みたいな考え方も可愛い」って思えたら一番ですね☆

相手は年下なんですから、自分から見たら少し幼稚な所もあるかもしれません。

そんな部分も含めて、広く受け止めてあげましょう!

 

会話はお互いに知らないことをシェアし合う

一世代ほどの歳が離れていると、これまで過ごしてきた環境から生活基盤、何から何まで全く経験が違います。

そうすると「何を話していいか分からない」「話題が共通していない」なんて心配事もあるかもしれません。

 

でも実際にはそんな事もないです。

逆に、知らない事ばかりだから会話が新鮮です。

 

 

歳が離れている時の会話や普段の生活の違いは、「お互いにシェアし合う」という気持ちで接していくとうまくいきます。

音楽やTVドラマ、時事や芸能人など世代が違うからこそ会話が楽しいんです。

 

僕の場合14歳も歳が離れていたので、もはや「光 GENJI」とはなんぞや⁉って感じでしたね(笑)

昔はこんな人らがモテてたんだと驚愕してましたが………

逆に僕はAKBとか全く知らなかったので、何故か一緒に曲の振り付けやらされました(;^_^A

 

せっかく歳が離れてお互い知らない事ばかりなんだから、それをデメリットではなくお互いに知り合っていくための楽しい過程として捉えてみてはいかがでしょうか?

 

生活感が違うと思ったのはゆとり世代あたりから

僕の感じる中で、明らかに違和感を感じ始めたのは「ゆとり世代」と言われる時代の子からでしたね。

 

〇朝起きれない

〇他人に気を遣いすぎる

〇「覚悟」とか「責任」という感覚が薄い

〇依存心がけっこう強め

〇諦めや心変わりが早い

※偏見になってしまうので気を悪くする方がいらっしゃったら申し訳ない

 

これを価値観の違いと考えるかどうかは人それぞれですが、結局僕がうまくいかなかった理由の多くはこういった生活の違いが大きかったですね。

 

ここの考え方の差を埋めるにはやっぱり男性側が「受け入れる」しかないでしょう。

「こういう育ち方をしてきた」と思えば、別に悪いことではないですし、世代の違いですからね。

会社で今の若者の扱いが難しいと言われる所以もそういったところにあるのかもしれません。

 

依存する・されるとNG

これは歳の差恋愛に限った話ではないですが、どちらかが過度に依存してしまうとうまくいきません。

依存された方は重荷に感じてしまいますし、依存する側はさらに依存するようになってしまいます。

 

 

年下の女性であれば男に頼りたいという心があるので、放っておくとどんどんと依存がエスカレートしていく可能性があります。

まだ20代であれば尚更です。

仕事で忙しくても会いたがったり、執拗に連絡をしてきたり、生活が恋愛だけになってしまうと男だけが人生になりかねません。

 

若いうちは友達との関係も深くありますし、家族も若い。社会の事もあまりよく分かっていないことが多いです。

長い目で見て「若いうちは好きな事をさせてあげる」余裕も必要でしょう。

 

言い忘れましたが、年下の女性に対して男が依存するのは論外ですからね!

一度ハマってしまった僕が言うのだから間違いありません(泣)

 

将来を考えるならよく話し合うこと

最近では歳の差婚も珍しくなく、世間から見ても別に特異な事ではなくなってきました。

芸能界のみならず、一般社会でも10歳15歳差の結婚も当たり前になったでしょう。

 

僕の知人も20歳近い年齢差で結婚した人もいますし、起業した友達は55歳くらいになったら20代の若いコと結婚するって、さらっと言ってました(笑)

 

ですが、男の方から見て、結婚を考えているのであればお互いの意思をしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

あまり若すぎる子だと「まだ遊びたい」といって他の男に鞍替えされることも珍しくありません(トホホ(;´Д`)

 

〇結婚の意思と時期(何年くらい付き合って、何歳くらいで結婚したいのか)

〇両親は納得してくれそうなのか

〇子供が出来て父親が高齢になっても問題ないか

〇彼女に将来やりたい事や夢があるのか

〇老後は妻の方が残される可能性が高いがそれでも良いのか

〇夫の両親の介護が普通の家庭よりも早く訪れるが大丈夫なのか

 

などなど、若い者同士がなんとなく時期が来て結婚するのとは少しばかり事情が変わってくるでしょう。奥さんになる方が若ければなおさら色んな覚悟がいります。

 

僕の場合も、「現実を考えた時にやっぱり無理」ってケースがありました。

女性が”好き好き”の状態の時はドーパミン出てるんで感情まっしぐらですが、いざ現実的な事に直面した時に夢から覚めるってのはよくあります。

 

年上の男の方がそういう事をしっかりと腹にくくっておかなければならないでしょう。

女性の心は移ろいやすいのです。

 

まぁそれでもやっぱり最後は気持ちですから、「必ず幸せにする」って強い気持ちがあれば必ず壁は超えていけます。実際そういった障壁を乗り越えて結ばれたカップルも多くなってきていますしね。

 

考えることは多いと思いますが、彼女の立場を尊重して支えてあげていってください。

そこが一番大事ですよ。

 

浮気を心配したらキリがない

歳が離れている事だけじゃありませんけど、やっぱり浮気は心配になるでしょう。

彼女が年下で20代なんかだと、これから女性としての魅力がどんどん高まっていくし、あなた以外の男性の出会いだって必ずあります。

 

残酷な言い方かもしれませんが、あなたがどんなにいい男だったとしても、もっといい男はたくさんいます!

彼女が若気の至りで他の男に心移りしてしまう可能性だってあるでしょう。

こればっかりは仕方ないです。そこまでの縁しか無かったと思うほかありません……

 

(とっても失礼ですが)30代の女性であればやはり出産や婚期などを気にしますので、言ってしまえば「男を選んでる暇がありません」

でも20代前半とかだとやっぱり若いので、心変わりってのがけっこうあるんです。

勿論若くして結婚する人もいますし、全員がそうとは限らないですけどね。

 

 

極論してしまえば、彼女の心を繋ぎとめる物理的な方法は皆無でしょう。

それならばいっその事そんなことは気にしないのです。

「離れていったらそれまで」ってくらいの気持ちでいた方がまだ清々しいです(笑)

 

それに、そんなことを心配していたらどんどん彼女を疑いの目で見てしまうことになります。

それじゃ本末転倒ですよね。

 

自分は信じる

でもダメだったら仕方ない

 

そういう姿勢でいると余裕も自信も持てますので、意外とうまくいきます。

てか僕の周り、みんな余裕のあるやつは若いコの心手放さなかったですね(笑)

 

何があってもどうなっても、彼女を信じて大切にすることを大事にしてくださいね!

 

縛ることはしない方が良い

若いコは特にそうです。

今どきの女性だけでなく、時代が10年前に比べて発展しすぎてます。

スマホがあれば何でもできるし、勉強・娯楽・出会い・衣食住、すべてと言って良いほど便利な時代になってます。

つまり、男以外の自由がすぐに手に入るんです。

 

10年前であればまだ携帯もそんなに普及していないし、LINEやFacebookも無かった。

だから恋愛にかける比重も大きかったのですが、今はそうではありません。

 

出会い系のサイト使えば男なんていくらでもつかまります!

僕も出会い系サイトを使ったことがありますが、写真でカワイイと思う子は「いいね!」が500とかついてました(笑)

 

束縛したら女性は逃げていきます。依存していない限り。

そして依存することもまた健全とは言えません。

 

僕も昔の感覚で付き合ってたら、彼女に「縛らないで!」って言われましたよ(トホホ(;´Д`))

年上なのですから、束縛したり支配したりすることがないよう、ここでも余裕を見せてあげてください。

 

しつこいようですが、年下の女性はあなたに「大人の余裕」や「包容力」を求めてるんです。

そう考えたら、もう分かりますよね。

彼女の前では器の大きな男でいてあげてください☆

 

大事なのはお互いに尊敬しあえるかどうか

最後はやっぱりこれ、「お互いに尊敬できる関係」であることです。

恋愛関係は対等だと言いましたが、対等だからこそお互いの尊敬できる部分を大事にするのです。

 

歳が離れていてもいなくても、尊敬できる人じゃなきゃ好きになりません(笑)

ケンカもするでしょう、すれ違いばかりの時期もあるかもしれません、それでも二人を繋ぎとめてるのは愛情ですから。

愛情を維持し続けるためには尊敬や感謝の気持ちがとにかく一番大事です。

 

これ、簡単な事じゃないですよ?

 

まとめ

いかがでしたか?

当たり前の事ばかりでしたか?

でもここまで読んでくれてるってことは、あなたにも少なからず悩みや不安があるんだと思います。

 

当たり前に思えることって、実際は結構難しいんです。

僕もこの身をもって体感してきましたし、年下の彼女であれば余計に自分がリードしてあげることって大事になってきます。

 

でもリードするって、上下関係でも偉いことでもないんですよね。

 

男って基本バカだから、年下の彼女に尻に敷かれてるくらいがちょうどいいのかもしれませんね(笑)

 

変な見栄やプライドは捨てて、彼女を幸せにすることを考えてあげてください。

そうしたらきっとうまくいきます!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.