2018/12/12

恋愛で劣等感を感じてしまったとき~男編~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

「あ~これ絶対あっちの方が良い男じゃん…」

こんな事を考えて彼女や他人と比べて悩んでいるそこの男子!

安心して下さい、気持ちは300%分かります!

 

こんにちは、夢見屋です。

今回は彼女と付き合っている時のどうしても出てきてしまう劣等感について綴っていきたいと思います。

劣等感てもう人間の欠陥ですよね。

誰かに嫉妬したり誰かと比べたり過去の思い出に浸ったり……

今幸せにするべき相手が目の前にいるのにそれに集中できないのはなんででしょう?せっかく恋人がいるのにあなたが変なコト考えていたらうまくいく恋愛も壊れてしまいます。

 

という事で、少しばかり余計なお節介とアドバイスができればと思います。参考にしてみてください。

なぜ劣等感が出てきてしまうのか?

自分でも良くわからないうちに彼女(彼氏)に八つ当たりしていませんか?

相手はイキイキ生活しているのに自分は何の取り柄もない、趣味もない、休日は相手の事に時間を使うばかりで気が付いたら果てしなく束縛していた…

そんな経験は誰にでもあると思います。

自分に無いものを相手や他の異性と比べて凹んだり有頂天になったり、日々一喜一憂してしまうんですよね。

当たり前に言われている事かもしれませんが、コレ、

「自分に自信がない」人が陥りやすい罠なんです。

私も若い彼女がいた時には「なぜこんな自分を選んだんだ?」

「趣味や話題なんて合わないし、あいつ周りからモテるからな~」

なんてよく考えてました。

自分に自信がないと相手にも伝わってしまうもの…

また周りの異性から見ても魅力的に映りません。

 

劣等感の正体

劣等感は自身の無さから沸いてくるとすると、その根幹は何なのか?

それは「怯え・不安」です。

もしかしたら振られるかも…

こんな魅力がない私にあの人が付き合ってくれるわけないよ…

そう思う心は体の外にオーラ、雰囲気として出てきます。

怯えて不安でいると、自分の態度や発言が変わってくるんですね。

自然と後ろ向きになるというか。

だから恋人と一緒にいても心底楽しめないんです。

「彼女は楽しんでくれてるだろうか?」

「あ、今言った言葉で彼に嫌な思いさせちゃったんじゃないかしら?」

 

逆にあなたが相手だと思ってみてください。

自信のない恋人と、常に劣等感に駆られて何かに怯えている人と一緒にいて楽しいですか?

分かりますよね?

「そんな事分かってるよ!でもどうにもならないんだ!」

そう思うと思います(;^ω^)

そんな簡単に劣等感がなくなれば苦労しないですしね(笑)

いやそもそも劣等感なんて無くなるものなんてないんです。

恋人が容姿もよく、内面も素敵な相手だったらなおさらですよ。

 

劣等感からくる結末

 

劣等感は何も恋愛だけで発生するものではありません。

仕事での人間関係や家庭でのパワーバランス、また学生さんであれば

友人関係でも劣等感は出てきます。

ただ恋愛という特殊な感情を抱いた異性との間柄の場合、顕著にその感覚が現れてくると思うんですね。

それは相手を想うというエネルギーの大きさの違いで、人にもよりますが恋愛にかかるエネルギーって一般的に他の人間関係よりも大きくなると思います。

だからその反面リスクや恐れといった負のエネルギーも大きいんですね。

 

私はその劣等感が原因で自分に自信をなくし、結果彼女を縛りに縛って

愛想をつかされ、失ってしまいました。

全部「自分が!自分が!」となってしまうわけですね…相手の事などお構いなしに。

しかも自分で無意識の内に”相手がどうすれば喜ぶか”ではなく”自分がどう感じたか”にシフトしていってしまうんです。

しかも厄介なことに自分では相手に尽くしているつもりでもこれが伝わらないんです(ノД`)・゜・。

これが劣等感からくる自信喪失の怖いところです。

 

劣等感とどう付き合っていくか

私の場合は残念ながら大切な存在を失ってみて初めて分かりましたが、皆さんはどうでしょうか?

多分今恋人がいる人でも、片思いの人がいる人でも、どこかしら自分は劣っていると感じている部分があると思います。

勿論自信満々で劣等感なんか感じない!って方もいると思います。

そういう人と劣等感を持ち続けている人とどこが違うか?

それは””自分で劣等感を認めている””という事です。

はい、これに尽きます。

自信が無いことをダメな事だと思い、否定し続けているから相手との関係もうまくいかなくなってしまうんです。

 

考えてもみてください、今恋人がいるあなたも別れてしまったあなたも、

一度は付き合えてるんですよ?

自分に何か惹かれるものがあって相手は付き合っていてくれている(た)わけです。

てことはあなたに全く魅力が無いわけではないのです。

要は自分の考え方次第なんです。

 

どうしても他人と比較してしまう、相手と比べて自分は劣ってると感じてしまう、そんな方は自分の本心を恋人に打ち明けてみてください。

「俺(私)、自分に自信がないんだ…〇〇と比べて良いとこなんて無いんじゃないかって思ってる」

「自分に劣等感があるから、嫌な気分にさせる事があるかもしれないけど、それでも俺(私)、〇〇の事大事にしたいって思ってる」

こう素直に打ち明けられたら相手はどう思うでしょうか?

きっと自分に正直なあなたにもっと惹かれてくれるはずです。

そんな悩みを抱えてたんだって分かったあなたのために、何かしたいって思ってくれるはずです。

だって人間は完璧じゃないですからね!

ちゃんと向き合って、劣等感を持ってる自分を認める事が大事です!

この記事を見てくださった方に少しでも力になれたら幸せです。

ありがとうございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.