恋愛に保証はない。自信を持つことが大切な5つの理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

絶対に成就する恋愛があったらこれほど嬉しい事はないのに……

そう思った事、あなたも一度はありませんか?

 

若かりし年ごろから大人まで、何歳になってもそういう願望って持っちゃうんですよね。

残念ながら人間関係において保証というものはありません。

ビジネス上の契約は出来ても、恋愛上の契約って出来ないんです。

 

僕は契約書とかめっちゃ書かせたかったですが、今思えば情けない考え方だったなと反省します。

自信が無いと、せっかくそばにいてくれる人もあなたに魅力を感じられなくなってしまいます。

 

今回はそんな保証のない恋愛で大切な「自信をつける」事をシェアします。

 

恋愛は縛り付けるものではない

なぜ恋愛に保証を求めるのか?

それは「不安」があるからです。

不安があるとその感情は次第に束縛に変わっていきます。

 

多少の束縛であれば可愛いものですが、度を越してくると相手は段々疲れてきてしまうでしょう。

 

自分に自信がないと、「いつか相手が離れていってしまうかも」という不安がいつも頭から抜けないため、残念な嫉妬や束縛に繋がっていってしまいます。

 

僕は本当に愛した女性が2人いました。

結婚も考えて、絶対に手放したくないと思って付き合っていました。

 

けれど二つともその恋愛は成就することはありませんでした。

おかしなことですよね?向こうから自分を好いてくれて、付き合いが始まったのに最終的にいつもフラれてしまうなんて…

 

今思えば、相当相手を束縛していたと思います。

というか「自分の想い通りにしたい」という考えになってしまっていたのでしょう。

それだけ自分に自信が無かったことを痛感しましたね。

 

本当に自信があるのなら、縛り付ける必要なんてどこにもないんです。

コチラもどうぞ→女は惚れるより惚れさせろ!惚れられる男の条件とは?

 

女性は敏感ないきものですから、男らしさや包容力が無いと「なんであんな人好きになったんだろう?」と思い始めてきてしまいます。

コチラもどうぞ→別れた後の女性心理~なぜあんなに切り替え早いの⁉~

コチラもどうぞ→圧倒的な包容力を磨く!モテる男の持つその包容力とは?

 

どれだけ尽くしても、ずっとその人がそばにいるという保証はありません。

 

ただ、自分に自信が ある人は不安がって相手を束縛するより、「相手を喜ばせるために何をするか」を考えます。

そこがやっぱり一番大事なんですよ。

自分の体験からも、こればっかりは絶対と言っていいほど言い切れますね。

 

保証があると人は堕落する

仮に「何があっても絶対にうまくいく恋愛」が存在しているとして、あなたはどうなりますか?

 

多くの人が堕落していくでしょう。

既婚の女性はこの事が分かるかもしれません。

僕自身も一度結婚した身ですので、当時の自分の不甲斐なさがよく分かります(笑)

 

「釣った魚にエサをやらない」とはよく言ったもので、特に男性はその傾向が強いです。

これは動物的な本能があるのでそうなるんです。

たくさんのメスと関わって子孫を増やさなければならないですしね。

 

ただ多くの女性にとってはちょっと迷惑な話ですよね(笑)

 

「昔はあんな人じゃなかったのに」

「あの頃のあの人はもっと輝いてたわ」

 

口々にこう言うでしょう。

これが人間社会の男女の現実です。

 

人間なんて欲深いですから、不安がある時は保証を求めて、いざそれが手に入って出ていかないとなると飽き始めるんです。

ようは慣れちゃうってことですね。

 

だからそれが手からこぼれて失った時、初めて事の重大さや大切な存在であったときに気づくんです。

 

これも経験済みだからバッチリ分かります(泣

悲しい体験はコチラ→人は何故「恋を失って初めて気づく」のか?その正体とは?

 

自分に自信を持つという事は”過信”ではありません。

人間関係なんていう不安定で確実性が全くないものだからこそ、いつも自信を持てるように自分を成長させていかないといけないわけです。

 

保証を求める人に限って、結局は結婚してもぐうたらで魅力のかけらもなかったりします。

男性でも女性でも、不安に駆られる前にまず「保証が無くても気にしない」くらい自分に自信を持つようにしてみてください。

これが根本的に大切な事です。

 

自信があるから相手に優しくできる

自信がある人は、恋愛に対しては言い換えれば

 

「来るもの拒まず去る者は追わず」

 

という姿勢を保つことが出来ます。

もちろんすべてが受け身ではうまくいきませんが、前述したように「別れは嫌だけど、自分がにできることをして、それでも離れていくならそこまでの関係」という割切りが大切なのです。

だからそういった自信がある人は相手に優しくなることが出来るんです。

見返りを求めた優しさは本当の愛情ではありません。

 

 

家族関係で見返りを求めますか?

自分の子供に「今までの教育費の代わりに何かちょうだい」っていう親はあまりいないですよね(笑)

 

本当の優しさは無償です。

これは自分の精神状態もそうですし、生活も充実していないと出てきません。

自信を持つことが大切なのは、保証がない恋愛の中でちゃんと相手に無償の優しさを与えられるからなんです。自分の事でいっぱいいっぱいになってたら相手の事考えられないですよね?

 

恋愛中心の生活にならないこと

特に女性にもありがちですが、とにかく恋愛に依存してしまうという事。

これは相手から見たら重い以外のなにものでもありません。

 

僕も一時期恋愛依存になっていたので、その危険さがよく分かります。

なんであんなに余裕が無かったんだ?ってくらい四六時中恋人のことばかりでしたからね……

 

そりゃ相手は息が詰まりますよ。

(というか実際に言われたけど 泣)

 

共依存ていう言葉もあるくらい、人間関係(男女の恋愛)の依存危険度はかなり高いものがあります。

男女の関係のもつれで凶悪な事件になってしまうこともしばしばありますから、これホント馬鹿にできませんね。

 

自分の経験から言わせてもらうと、今恋愛が全ての生活をしている人はとにかく恋愛以外の熱中できることを探してみてください。

趣味でも興味のある勉強でも、なんでもいいです。

僕のブログ見てダメ出しのコメントくれても良いですし(笑)

 

ただでさえ保証のない恋愛でそれにのめり込んでしまったら、うまくいくケースはあまりないでしょう。

束縛・過度の嫉妬に繋がり、相手を疲弊させてしまうだけです。

そのくらい恋愛依存は危険です。

コチラもどうぞ→のめり込んだ恋愛ほど別れた後の復縁は難しい

 

逆に普段の生活が充実している人は、恋愛だけでなく人間関係に保証なんて無いという事も知っていますし、そういう経験も恋愛以外でしています。

だから心に余裕が出てくるんですね。

 

相手を喜ばせたいという気持ちさえあればOK

 

このブログでも何度もお伝えしてきました。

 

あなたは相手を喜ばせたいと思えてますか?

どうしたら喜ぶかを一つ一つ考えて行動していますか?

相手が喜んでいる姿を喜べるような自分になれていますか?

 

感動は与えることでしか生まれません。

同時に愛情も与え続けることでしか強くなっていきません。

 

笑顔を奪ったら、残っているのは悲惨な末路だけです。

そう、僕の様に(泣)

 

でもそういうの経験しながら人って成長してくもんなんだとも思いますけど(笑)

最終的には「相手のための行動」しか幸せになる方法はないんですよ。

もしあなたが今保証のない恋愛で思い悩んだり不安を感じているのであれば、まずは家族を喜ばせてみる練習をしてみたらどうですか?

 

僕も両親とは物心ついてから不仲でしたが、考え方を思い直して親が喜ぶこと少しずつしてます。

こっぱずかしいですが(笑)

コチラもどうぞ→家族を大切にしない男は絶対にモテない!家族を大切する男の特徴5つ

 

そうやって周りを喜ばせる自分になれてくれば、恋愛に依存しない素敵な大人になれます。

 

まとめ

こうやってブログを書いていると、昔の自分ってホントに人間として色々足りなかったなと思い知らされますね(笑)

人生の保証などどこにもない!だからこそ不安と期待を抱えて生きるのみ!でも書きましたが、生きてると本当に不安が出てきます。でも期待も一緒にそこにあるわけで……

 

恋愛ってその最たるものじゃないかなって思うんです。

保証があって、絶対確実なら楽だけど、でも楽したら人間腐ってっちゃうから、やっぱ不安も持ってていいし期待もセットで持っててほしいですね。

 

「○○いなくなったらって不安もあるよ!でもちゃんと笑顔にさせてあげられる様に俺頑張るからさ!」

 

こう言える男が本当の自信てもの持ってるんじゃないすかね(笑)

保証がないからこそ、不安もあるけど期待もある。

どうせなら両方持って自信満々に恋人を笑顔にさせてあげてみませんか?

 

最後まで読んでいただいてありがとうです!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.