意外な盲点、英語の勉強をするのに適した場所は⁉⇒変人の僕はパチンコ屋でした!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

今や世界の公用語である英語、これからの時代のビジネスや旅行では是非とも覚えておきたい言語ですね。

 

技術の発展によって今後「高性能の翻訳機」が活躍する時代ももう目の前まで来ているでしょう。

事実、公的機関では翻訳機が使用され、各国政府間の会議では基本的に翻訳機が使われています。

 

しかし、どれだけ文明の利器が発展したとしても、最も根本的に大切なのは「人間同士のコミュニケーション」です!(と、僕が確信してるだけですが)

 

という事で、若い方で海外に興味を持っている方や旅行をしてみたいという人は、ぜひ英語の勉強をしておきましょう。

そして、英語の勉強の醍醐味はやっぱり「ネイティブと話せるようになる」事でしょう。

 

今回は僕が体験した英語(特に英会話)の勉強に「勉強におススメな場所」「そうでない場所」も紹介させていただきます。

 

【勉強におススメな場所】

①会社・学校

まずは学校や会社、職場と言った場所での語学の勉強。

これは休日の勉強に適しています。

まぁ会社とかは休日空いていなければ難しいかもしれませんが、とにかくおススメです!

「みんな休みの日に勉強している自分がなんだか一歩成長してる」的な優越感に浸ることが出来ますよ(笑)

 

今の学校だと日曜はカギが閉まったりしちゃってますが、そんな時は部室とか倉庫に机持ち込んで勉強するんです。

無謀かの様に思えますが、勉強って環境によってやる気が違ってくるものです。

自分が慣れていない環境に勉強の場を移すと、結構はかどりますよ?

特に英会話の場合は発声もありますから、人のいない場所であれば存分に発音やアクセントの確認で大声出せます!(ただし万が一、人が入ってきた時には少しこっぱずかしいのでご注意を 笑)

 

②スクール・個人レッスン

多少のお金はかかってしまいますが、やはり「英会話」として学びたいのであればスクールや個人レッスンなど、実際のネイティブに自分の身を晒すことが一番です。

⇒『英会話は習いたいけど大勢の前だと緊張してうまくしゃべれない』

という人向けに、今では個別指導型の先生を紹介してくれるサイトもありますし、

アプリも増えてきています。

 

投資なく英会話が出来ればそれに越したことはないですが、やはりお金をかける以上は上達に対して効果を求めますよね。

自分の合う先生を探すことが大事です。

第一言語が本国の先生でなければ一回当たりのレッスン料も¥2,000程度で済むケースも多々あります。

 

③ファミレス

こちらは主に、英単語やライティングの勉強をするのに適しています。

「一人でいる時に中々勉強が進まない」という人にはうってつけでしょう!

ぼくも一人で黙々と書く系の勉強や仕事するのが苦手なので、そういう時は近くのガストに飛び込んで、なるべく角コーナーの席で勉強をしています。

 

「お客さんが自分の勉強を監視してるんだぞ」とか思ったら怖くて頭上げられません。

そうするとノート見てひたすら集中しないとならない強制的な力が働いてきます(笑)

 

めんどくさがり、中々続かないけどやりたい!ってちょっぴりMっ気入っている人なら効果抜群でしょう☆

 

④パチンコ店

僕が隠れた場所としておススメしているのが、「パチンコ店」です。

それもなるべく大きなパチンコ店に行った方が良いです。

 

都内だと中々狭い場所しかなくてテーブルやなんかも置いていないため適しませんが、少し郊外の方に行くと、ドでかいパチンコ店(マル〇ンやダイ〇ム)なんかがあると思います。

 

そこの休憩コーナーで勉強するんです。

ココでの最大のメリットは「施設内がうるさいので大声出しても分からない」ってことです。

 

つまり、会話やセンテンスの発音確認、発声練習がいくらでも出来るってこと!

僕は田舎の方なので、中途半端な繁華街なんかだと明らかに無駄にデカいパチンコ店がたくさんあります。

そこを利用して、休憩コーナーの一角でひたすら本を読むフリして発音練習しまくってました(笑)

 

え?周りがうるさいと自分の声もよく聞こえない?

それがそんなことないんです。嘘だと思ったら一度試してみてください!

 

ちなみにこの場所での勉強は、座学には適していません、あくまで会話の練習です。

一応パチンコが目的で来ている人たちが全員ですので、テーブルで参考書広げてカリカリやったりしてると「出禁」食らいます、僕の様に(笑)

 

【おススメできない場所】

英会話の勉強でもお勧めできない場所があります。(個人的な偏見ですが)

座学、会話の練習によってそれぞれ向かない場所となります。

 

①図書館

一見図書館での勉強もよさそうですが、英会話という観点から見るとお勧めできません。

だって喋れないし(笑)

学生さんの試験対策や書きものだけだというのならまだイイですが、どうせ英語をするのなら

話せるようになった方が良いですよね?

 

ってなことで、図書館は「本当に机に向かって書きものや暗記ものを勉強する時」以外はおススメできません。

 

②自宅

ここでちゃんと勉強できる人はこの記事読まなくても大丈夫、絶対マスターできます(笑)

 

自宅はやはり”誘惑”が多い!

マンガやらTVやら食べ物やら……

 

僕は誘惑にめっきり弱い方なので、誘惑の元となるものは一切置いていません。

TVはもちろんの事、マンガ、お菓子、こたつ……何から何まで排除しています。

それでも、今やこのPCからも動画見れるしマンガも見れる時代です……

PCはさすがに無いとブログも書けへんし(泣

 

ということで、誘惑の多い自宅はあまりおススメできません。

集中できる人は良いでしょう、でもそうでない人はやはり”環境”を変えた方が意外を捗ることが多いです。

 

③カフェ

これも個人的にはおススメできません。

何故なら、お客さんの回転率が高くて落ち着かない=集中力が続かないからです。

声に出すことも、多少ならば気にならないでしょうが、それでも周りにお客さんが少ないと自分の声が目立ちます(笑)

暗記系の勉強や、空いた時間に少し単語を覚えるっていうのであれば別に良いかもしれません。

 

英会話の勉強をしたいのならやはりアプリやチャットを使って会話の勉強ができる方が良いので、そういう意味ではカフェはおススメしません。

 

 

まとめ:結局??

 

かなり独断と偏見の扱い方となってしまいましたが、英語の勉強におススメな場所とそうでない場所、共感していただけましたでしょうか?

 

環境を変えると人はやる気が出たり考え方が変わったり、またその逆もあります。

勉強をする場所や方法、継続期間、年齢などによっても習得までかかる時間は様々です。

 

僕は30歳から英会話能力(というか英語全般の能力)が0に近い状態から今までひたすら英語勉強しまくってます

まだまだネイティブに近い話し方は難しいですが、少しずつ上達はしています。

 

そんな僕が20代の若い方々に一つだけ言っておきたいのは

 

「年齢による学習能力の差は大きい!!」

 

という事です。

体験上、もはや能力云々とかの問題じゃありません。

単純に、20歳の頃の記憶能力と30歳超えての記憶能力の違いが、自分自身で分かるほどになります。

「若いうちに色々覚えておけ」と言われたはそういう事だったのかと、この歳になってみて初めて実感しましたよ、トホホ……

 

ただ、学習自体は何歳になってもできますから、僕も成長し続けますし、「英語がうまくなりたい」「英会話できる様になりたい」という皆さんもぜひ、型にとらわれずに自分に合った学習方法を見つけてみて下さい。

 

今回はその奇抜な一例を紹介させていただきました。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.