2018/02/06

感謝の気持ちを持てば自分の人生が変わる!自分磨きは感謝の心から

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

 

あなたは今日何回「ありがとう」と言いましたか?

食事のとき「いただきます」と言いますか?

 

人生において感謝の気持ちを持つことは大変重要です。

何気ないものに感謝の気持ちをもてることで自分の人生が明るくなってきます。

感謝の心がどう人生を変えていくか、私の経験も含めてお伝えしていきます。

 

なぜ感謝の気持ちが必要なのか?

なんで感謝なんかしなきゃいけないんでしょうか?

そんな疑問を抱いたことはありませんか?

それは”自分自身の気持ちが明るくなる”からです。

 

「他人のため」とか、そういうキレイな言葉の前に、自分自身の感情を明るくすることができるというのが一番最初の答えです。

感謝の心を抵抗なく持てる人は例外なく人生を明るく生きている人です。

これは断言します。

 

なぜなら、いつも不平不満や愚痴、心配事を口にしている人は「感謝」の気持ちがどれほど自分にエネルギーを与えてくれるか分かっていないからです。

だから暗い気持ちがなくなりません。

 

もちろん感謝の気持ちだけあれば良いというわけでもありませんが、意識することで自然に気持ちが前向きになり、すっきりしてきます。

まずは感謝をするという意識付けを自分自身で見直してみましょう。

 

  感謝の反対は当たり前?

 

感謝の対義語ってなんでしょう?

辞書で調べようと思っても中々出てきません。

何故でしょうか。

私見だけで言わせてもらえば、感謝の反対の意味が明確でないのは”抽象的かつ人によって解釈の幅が広い”からだと思っています。

「怨嗟」だという人もいますし、「非礼」だととらえる人もいます。

 

この解釈については人それぞれあって良いと思います。

 

私は感謝の反対は

 

「無関心」

 

だと思っています。

「当たり前」という感覚に近いですが、感謝すべき事柄が近くにありすぎて、当たり前にありすぎて関心が向かない状態じゃないかなと。

だからこそ意識して感謝できることを見つけることがとても大事なんだと考えています。

 

感謝と後悔は紙一重

私の友人で、学生時代に恋人を亡くした人がいます。

とても仲睦まじい関係でお互い本当に好きだったんだなと思わせる理想のカップルでした。

亡くなった彼女とは当時仕事に行く前、毎朝コンビニで会ってくっちゃべってから会社に向かっていたそうです。

 

が、亡くなった当日の朝、些細な行き違いでケンカをしてしまい、彼は「ごめん」と言えない違和感を抱えながらそのまま会社に向かったそうです。

 

そして、ほんの数分後、大雨の中彼女の車はスリップし、中央分離帯を越えて道路上わきの木に衝突。

 

そのまま一瞬のうちに帰らぬ人となりました。

なによりも悲しいことに、彼女がこの世から消えてしまう現実にその彼は立ち会っていました。

 

それからもう10年以上経ちますが、当時の悲しみと激しい後悔は今でも彼の記憶に刻まれていると言います。

 

なぜあの時ごめんと言えなかったのか

仲直りしていれば彼女はイラついてスピードを出しすぎることもなかった

 

彼は自分を殺したいくらい責めたと言っていました。

 

感謝することと後悔は紙一重です。

感謝の気持ちを忘れてしまっていたがために、失ってしまった時にはもう遅かったりするものです。

私自身も感謝の気持ちを忘れて無関心で、それが当たり前の状態になることの怖さを知っています。

だからこそ「ありがたい」と思えるものに感謝の気持ちを持つことを日々忘れぬよう心に刻み込んでいます。

 

感謝できることはどこにでもある

 

感謝は人にだけするものではありません。

極端な話ですが、息が出来るのも大気中に空気があるおかげですし、毎日トイレに行けるのも体が老廃物を排出してくれるからです。

 

「毎日食べている肉や魚」

「毎日帰る場所がある」

「暖かい布団で寝られる」

「生活用品がどんどん便利になっている」

「おしゃれな洋服やアクセサリー」

「どこでも通話できる携帯電話」

 

普段当たり前にあると感じられる様々なもののために、世界中の人が汗水流していてくれるおかげで、これらは今目の前にあります。

私達は色んな人たちのおかげでこの地に暮らしていられるのです。

 

そして、私達が毎日当然の様に食べているものや、寝るところですら満足に得られない人もいます。

これも、ありきたりですが忘れてはいけないことですよね。

 

感謝しようと思ったらしきれないくらい、色んなところに感謝するものはあります。

 

感謝は自分に戻ってくる

 

感謝の言葉には高等なテクニックなどは必要ありません。確かに「ありがとう」や「おかげさま」という言葉として使うときに相手の心理状態を活用したテクニックはありますが、基本的には自分の感謝の気持ちが相手や動物に伝わるか、ということの方が最も重要です。

 

ありがとうと言えば相手も嬉しいですから、今度はこっちがありがとうと言いたくなるような事をしてくれるんです。

だからお互いにハッピーな幸せになれますよね☆

 

小さなことでも、笑顔やちょっとした気遣いは自分に返ってくるものです。

 

ただし、戻ってくることを期待しての感謝は本当の感謝ではありませんからね。

ありがとうの気持ちは自分自身が心から感じて、相手に伝えるものですから、そこだけ忘れないようにしましょう。

 

 

感謝をを習慣にする方法

感謝の精神は気づくとどこかに埋もれていってしまうものです。

四六時中とは言いませんが、やはりいつも気にしていたいものですよね。

 

◉朝起きたら、これから始まる一日に「今日もよろしく」

◉食事の時には「いただきます」「ごちそうさま」を心を込めて

◉車で出勤「頼むぜ相棒」

◉もちろん、学校や職場で「ありがとう」の心がけ

◉家に帰ってきたら、TVをつける前に「今日感謝出来たことを5個考える」

◉お風呂に入ったら「はぁ、いい湯だ」

◉夜寝る前には「今日も一日お疲れでした」

 

ホントに些細な事でも感謝出来る気持ちになると、だんだんと心が豊かになってきます。

声に出してボソッと言ってみるだけで結構違うものですよ。

ぜひ習慣づけしていきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになる人はいません。

また、感謝の気持ちをもってストレスがたまるということもありません。

キレイごとだと思うのではなく、まずは自分自身の気持ちが明るくなるために、少しずつ実践していってみてはいかがでしょうか?

 

どうせなら、色んなものや人に喜ばれた方が嬉しいですよね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.