2018/01/15

新年の目標は続かない!三日坊主から抜け出す効果的な方法について!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

みなさん、元旦や新年あけての正月早々といえば「今年の抱負」を意気込むことがあるのではないでしょうか?

 

「今年こそダイエットをする!」

「今年は資格を取ろう!」

「新しく習い事をする!」

「昇進するぞ!」

「彼氏(彼女)を作ってやる!」

 

などなど、まぁみなさま勇ましいことで頼もしい限りですな!

 

……………ところで、去年も同じような目標、立ててませんでしたっけ??(笑)

 

よくあるこの「新年特別感に便乗してやる気出そうプロジェクト」は奇しくもバージョンを変えて毎年繰り返されるわけで、その年の暮れには「今年も忙しくてやりたい事出来なかったなぁ」と言い訳がましく1年の幕を閉じることが明白です。

 

なぜ新年に立てる目標って続かないんでしょう??

 

 

 新たな年になっただけであなたが変わったわけではない

よく考えてみましょう、大晦日から元旦まではたった1日しか経っていません。

変わったのは西暦の数字とカレンダーの日付だけです。

そう、それだけ……

 

イベント的な特別感があるだけで、時間軸はたったの1日の出来事なのです。

4月15日⇒4月16日も、10月1日⇒10月2日もたった1日。

それと同じです。

 

気持ち新たに大層な目標を立てたところで、1日の中で人は変われるでしょうか?

今までサボり通してきたその怠慢な性格が1日で治るとでもいうのでしょうか?(笑)

 

 

なぜ新年に立てた目標は続かないのか?

分かりきったことです、変わったのは年だけであなたではないからです。

なんとなく「心機一転!」という感覚に酔っているだけです。

 

休みが明けたらまたあの日常は変わらない

 

しかも、いくら大層な目標を年間単位で立てたとしても、年末年始の休みが明けたら、学生さんも社会人の人もまたあの”日常”に戻っていくだけです。

 

勿論、長期休暇でリフレッシュはできるでしょう。

ストレスも発散することはできるし、家族サービスもする時間がある。

 

ただし、己を変えんがための目標立てははっきりいって{無意味}に近いものがあるでしょう。

 

 

それが簡単にできるのなら、あなたはもうすでに昨年の内には大きく変化しているはずだからです(笑)

 

昨年思い出してどうでしたでしょうか?

「やるぞやるぞ!」と息巻いて決心したまま何か具体的な行動や結果が出せましたか?

 

それは年初に立てた目標と比べてどの程度の達成度ですか?

 

もうお分かりだと思いますが、新年にこれぞ!と立てた目標が続かないのは、”新年”という特別感に包まれた空間の中で自分を変えられるという幻覚を見ているからに他なりません。

 

 

変わるつもりなら今すぐこの瞬間に

ではどうすればいいのか?

 

本当に自分が「こうしたい」「こうなりたい」と思ったら、その時からが変革の瞬間なのです。

新年がどうとか、誕生日がどうとか、なにも記念日に自分の変化をゆだねる必要はないんです。

 

変わるつもりがあるのなら、「思い立ったその瞬間」から変化を始めることが出来るんです。

 

というより、その「今」から変わろうとしなければ何も変わっていきません。

元旦を待つ必要もありません。

 

G.Wでも、お盆手前の日でも良いんです。

自分が「こうしたい」とおもった日が吉日です。

 

僕はこうししたい!と思った瞬間に、何らかしらのアクションを取るようにしています。

その方が自分自身の肯定感を満たすことにもなるし、元旦や記念日まで待つ必要もなく、自分が変わり始めることが出来るからです。

 

本当に本気で自分を変えたい、成長させたいという人はイベント毎に依存することはありません。

 

行動を重ねることで人は変われる

記念日や元旦という大きな節目を利用して自分を変えたいという人はたいていうまくいきません。

何故なら前述したように、長期休暇が明けたらまた同じ日常が待っているからです。

 

物事を変えられる人はいつでも”その瞬間”から何らかしらの行動を起こします。

 

仕事に明け暮れる日々の最中でも、何気ない土日休日でも、アクションを起こすことが出来ます。

 

そのくらいの行動力が無いと何も変えることはできません。

自分も成長出来ないし、モテる様にもなりません。

 

 

年始に立てた目標が休み中の三日坊主で終わってしまうのなら、その三日間を通常の平日にあててみましょう。

まずは三日続ける、そして三日続いたら四日目に突入してみる。

 

新年とかそういうのは関係なく、やろうと思ったその日から行動を積み重ねられる人が成長するし、結果的に良い方向に変わることが出来ます。

 

 

新年に希望を見出すのならまずは小さなアクションを

年始であったり自分の記念日であったり、そういうきっかけを利用して自分を鼓舞したいのなら、まずは小さくても良いのでアクションを起こしてみましょう。

 

一日一善、「ゴミ拾いをする」でも「コンビニのお釣りを募金する」でも良いです。

資格用の参考書に目を通すだけでも違います。

 

その小さなアクションを飽きずに続けられる人が新年の目標をクリアできる人です。

しかも学校や会社で忙しい中で継続して出来る事が条件ですよ。

 

新年というイベントを利用して自分を成長させたいと願うなら、そのくらいはしないと変わりません。

なにしろ新年というほんの数日間は「通常の休日」と同じ扱いなのですから(笑)

 

 

どうせ特別な日を遣うのなら、少しずつ実践していって、その年の最後にちょっとでも達成感のある年末を迎えたいものですよね!

 

だから僕は「思い立ったが元旦!」という気持ちで日々自分を成長させてますよ☆

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.