男なら嫌われることを恐れるな!それが恋愛でもなんでもうまくいくんだよ。。。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、夢見屋です!

 

「嫌われる勇気」

 

一世を風靡した著書ですよね。

自己啓発の源流とも呼ばれるその人間学の切り口は、これまでにない新鮮な感覚と価値観を世論に与えたと言っても過言ではないかもしれません。

 

僕も読みましたが、どことなく僕の以前の恋愛観に似ていたところがあります。

 

「媚びない」

「退かない」

「恐れない」

 

僕の恋愛観の三原則でした(笑)

別にナンパしまくってたわけじゃないし、オラオラ系で売ってたわけじゃありません。

でもなぜかモテてました。

それは何か?

 

今思うのはやっぱり「嫌われたり白い目で見られることを意に介していなかったから」だと思うんですね。

後に行き過ぎて挫折を味わうことになるんですが……(泣

 

誰かに嫌われることを恐れない本質を知っている男は絶対モテるし成長出来る!

そう断言できるのは自分がその体験をしてきたから。

 

みんなに好かれる人はいない

だって考えてみて下さい。

これまで会う人会う人全員に好かれてきた人いますか??

 

そんな人いたら会ってみたいです(笑)

 

人間一人として完全に価値観や恋愛観が一致する人なんでいないんです。

 

「ああいう媚売る様なやつ嫌いなんだよね」

「なんかおちゃらけてだらしなさそうで嫌だな」

「俺様系って自分勝手そうでマジきもい」

 

この↑3つの価値観だけでも対極といって良いほど違うのに、そんな十人十色の人たちみんなに好かれるなんてこと自体が無理ありません⁉

 

誰からも好かれる必要なんてない5つの理由!

人に好かれようとしない生き方が大切な理由

 

これらにも書きましたが、みんなに好かれる必要なんてないんです。

 

「私友達いないから……」

「会社の同僚だし嫌われるのはちょっと……」

 

それが一番の問題です。

”一番嫌われたくないと思っている人に嫌われる事”を恐れているから周りに合わせる事しか出来なくなる。

 

よく考えてみてください、自分が嫌われたくないからといって他人の価値観で生きるんですか?

嫌われないための生活をする気ですか?

 

あなたの考えや軸をもって生きていて、それで離れていく人は「離れていくことが必然」なんです。

 

みんなに好かれる必要なんてないって思ってる男が最後は魅力的なんです。

 

 嫌われていることが自分が自由であることの証

かのアルフレッド・アドラーも「自分を嫌う人がいるということは自分が自由に生きていられる証」だと明言しています。

 

人に合わせていると誰も自分を嫌いません。

八方美人していればいいのでしょうが、そういう生き方ってなんか楽しくないって思いません?

 

「自分の周りに自分を嫌う人が一人もいない人は、不自由な生き方をしている」

「逆に、自分のことを嫌う人がいるとすれば、その人は自由な生き方をしている」

 

アドラーや岸見一郎さんはこう唱えています。

 

つまり、自由に生きるためにはそれくらい(人に嫌われる事くらい)の代償は払わなければならないということです。

 

むしろ、嫌われているくらいの方がまだ良いのかもしれません。

 

本当に寂しいのは周囲から”無関心”でいられること。

 

自分の存在が誰にも気づかれないって、これ以上ない孤独です。

だから、嫌われているうちは「認識されている」という事でもあるんです。

 

恋愛でもなんでも、うまくいく男はそういう「嫌われる事」ですら嬉しく捉えます。

 

男だったら、嫌われる事でさえポジティブに捉えてみましょう!

 

恋愛では媚びへつらわない

これは僕の体験談でもありますが、モテる男、何事もうまく事を運ぶ男は誰にも「媚びる」という事をしません。

 

裏返せばそれは「寂しさ」「恐れ」だからです。

 

女性に対しての「優しさ」と「ごますり」は違うのです。

本当の優しさとは単に相手のご機嫌を取る事ではありません。

 

時に厳しく時に理不尽。でもちゃんと相手の気持ちを汲み取ってくれる仕草がふとした時に垣間見られる

 

そういう姿に女性は惚れるのです。

 

決して女性に媚を売るということなく、自分の考えを貫く。

だから恋愛でもうまくいくんです。

恋愛関係って、どれだけ歳が離れていようがあくまで対等の関係ですからね。

 

ご機嫌を取ることなく、嫌われることを恐れず、自分らしくいけばそれで良いんです!

失敗したらそこで改良、成長していけば良いんです!

 

嫌われる勇気があるからこそモテる

「嫌われてもかまわない」という意思がある人は本当に強い。

何故なら我が道を堂々と歩むことができるから。

 

たとえ孤独になろうとも、共感してくれる人がいなくとも、自分が楽しいと思える人生を送る人には必ず人がついてくる。

異性にもぜったにモテる様になる。

 

男って単純でバカだけど、この「意志の強さ」は女性には中々まねできない事なんじゃないかな。

 

普通の人が読むと「嫌われる勇気」はなんとなく取っつきにくいかもしれないけど、人間の心理を突いてると思う。

 

ただそれを実際に実践できる人がどれだけいるだろうかとも思う。

 

その人なりの環境があるだろうし、その人なりの価値観もある。

そんなに簡単にはいかないにしても、やっぱ「男だったら嫌われても我が道を行くぜ!」くらいの根性は欲しい。

 

嫌われる覚悟と驕りは違う

でも一つ勘違いしてはいけないのは

 

「嫌われてもかまわないという覚悟を持つことと、ワガママばかりで周囲の事を考えない驕りを持つことは違う」

 

ということ。

マイウェイも行き過ぎるとただの傲慢にすぎない。

 

大切な考え方は、「他人にも気遣って配慮は忘れないけれど、無理に好かれようとする必要はない」ということ。

 

これはけっこう絶妙なバランス感覚だと思う。

 

自信の上には驕りがあり、自信の下には卑屈がある。

過信してもダメだし、媚びへつらってもダメ。

 

だから成長するって難しいんですよね(笑)

 

嫌われる覚悟って、なんでもかんでも自分勝手にして良いってわけじゃないから、そこは間違えないようにしてくださいね。

 

でないと僕みたいに勘違いして痛い目を見ることになりますよ(泣

 

まとめ

今の人たちって群衆社会で育ってきたから、中々自分自身で自立したり独立したりすることが難しいのかもしれません。

 

かく言う僕もゆとり世代ではないけれど、基本的に寂しがりだし仲間意識も強かったりする。

 

ただ、今これだけ自由になった社会で周囲と迎合しながら生活していく人生ってのもちょっともったいないなって思うんですよね。

 

進んで嫌われる必要はないし、誰かを頼ったり依存したりするのも別に悪くないと思う。

人は一人では生きていけないってのは確かですしね。

 

だからこそ、「嫌われる勇気」でも語っている様な”他者や社会への貢献”という考えはどこかで持っていて欲しい。

 

僕はバカばっかりやってきたからようやくそこに気づけたし、こらからの世界も多分そこが一番大切なマインドになるんだと感じてます。

 

あとやっぱり、「男だったら嫌われたってへっちゃらって勇気をもって、自分の人生堂々と歩もうぜ!」って言いたくなります(笑)

 

一人でも多くの男がカッコよくなることを応援したいですね☆

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.