自分に枠を設けないとうまくいく9つの理由!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

僕たちは知らぬ知らぬの間に世間の常識にとらわれて、自分の中に常識を作ってしまっています。

 

「人と違うことをすると白い目で見られる」

「出る杭は打たれるから出しゃばらない」

「夢があっても現実的に考えれば無理だ」

 

こんな意見に翻弄されていませんか?

 

自分の人生を決めるのは自分。

となると自分の限界を決めるのも自分ですね。

 

自分自身で「私はこんな人間だ」とレッテルを貼ってしまうと人生つまらなくなってしまいます。

 

なぜ自分に枠を設けない方が良いんでしょう?

 

 

 

そりゃぁ人生楽しんだ方が良いじゃないですか(笑)

 

人生謳歌するのに自分で自分を縛ってたら楽しめるのも楽しめない。

だから枠を設けない方が良いんです。

 

今回は僕がいつもマインドセットにしている考え方をシェアさせてもらいます。

参考になればありがたいですね。

 

1、思い込みが人を作る

人は思った通りの人間になります。

というより「こうしたい」「ああしたい」という願いに自分の考える現実性がマッチングした時にそういう人間になる事が出来ます

 

であるなら、その現実性の枠を広げてあげたらもっと選択肢増えません?

かの有名なデール・カーネギーは「思考は現実になる」と言いましたが、多分それってホントにそうなんだって最近実感します。

 

何故なら僕自身、自分が枠を外して考えたこと、期待したことに何らかしらのチャンスがあったからです。

兆候と言っても良いでしょう。

 

「自分はここまでだ」

「今の環境ではこれが精いっぱいだろう」

 

そう考えるのも自由ですが、ちょっともったいないですよね。

それで自分が満足して幸せだ!ってならいいですけど、なんとなく諦めてしまっているのなら、どこかで自分に枠を設けちゃってるんですよ。

 

過去にしてきた行動や結果から自分の限界を決めると、その通りにしか行きません。

自分のコンフォートゾーンから少しずつ出て、本当になりたいという姿を思い描くと、向こうからひょんなことできっかけが迎えに来てくれます。(マジでそういう風になります!)

 

そのきっかけを手にするかどうかはあなた次第。

運命かどうかも分からないし、自分で引き寄せたものかどうかも分からない。

でも、思い込んでなかったらそのきっかけはきっとやってこなかったでしょう。

 

欲しいなぁと思っている車が突然街中に現れるのも、自分が意識しているからですよね(笑)

だから思い込みって色んなものを引き寄せる事に凄く大事なんです。

 

2、どうせなら素敵な勘違いを

「自分に枠を設けない方がうまくいく」って言ってもそんなの確証も保証もないワケです。

……といってしまうと本末転倒ですが💧

 

ただ、自分はここまでだって思ったらなんとなくダメになりそうな気がしません?

 

例えば、明日の学校のテストで

 

「多分良い点数取れないな、うん、取れない取れない、俺の実力じゃ絶対無理だ」

 

と思ってテスト受けるのと

 

「ひょっとして満点とか取っちゃうかもよ⁉俺なら多分行けちゃうよコレ!」

 

と思ってテスト受けるの、どっちが良い点とれそうです?

そしてどっちの友達と付き合ってきたいなって思います?

 

……分かりますよね(笑)

同じ結果になるとしても、どうせなら心のマインドを素敵に勘違いさせといた方がなんかいいですよね?

 

無理やりポジティブに持ってけってんじゃありません。

ただネガティブで色々やるよりはほんの少し開き直ってみた時が気持ちがフッと楽になる事って多いんです。

ほんのちょっとの素敵な勘違いが人生変える事だってあるんですよ。

 

3、やろうと思えばなんだってできる

「オリンピックで1位を取る」とか

「世界一の億万長者になる」なんてのは

 

とりま置いておいて、年齢に制限のないものって大抵のことできると思うんですよね。

 

「なんの経験もないけど起業する」とか

「海外に移住して農業しながら暮らす」とか

 

別にやろうと思ったら出来るわけで、”無理だ”と枠をつけてるのは自分自身なんですよ。

 

他人事でもなんでもなく、僕自身30代後半から「人のために何かしたい」って漠然とした思いだけで独立したいって思ってますし(笑)

将来はとびきりカワイイ優しい子を彼女にして、喜ばすために海外連れてこうなんていうのもちょっとした夢です。

 

もちろんハードルはありますし、越えなきゃいけない壁だってある。

それでも絶対にできないか?って言われると、やっぱり出来る出来ないじゃなく、「やろうとするかしないか」だけなんですよ。

 

そしてそのアクションのために枠を設けずに素敵な勘違いが出来るかですよね?

 

4、感情を味方につける

大切なのは、自分の感情を味方につけるという事。

 

人って放っておくと否定的な考えがどんどん浮かんできます。

ヒマしてると後悔や不安が押し寄せてきます。

 

だから何かやろう、変わろうとするときに、自分の感情と和睦を結んでおくんです。

 

「お、今日も来たなネガティブ君。まぁそんなにいきり立つなよ」

「大丈夫大丈夫、今のこの負の感情はニセモノさ。午後になればまた気が明るくなるよ」

 

こう自分に言い聞かせるだけでも1日の生産性が全然違います。

心はコロコロ変わる。自分の感情とうまく付き合うコツでも書きましたが、人の心なんて移ろいやすいもの。

 

だったら前向きな気分の時の自分の感情だけ信じてれば、後は勝手に鎖が外れてってくれますよ!

 

5、ネガティブは素直に受け入れる

ネガティブは別に悪者じゃないんです。

⇒参考までに:マイナスな感情をプラスに変える5つの考え方!

 

人は本来身を護るためにネガティブな感情を持ち合わせていますし、その度合いが強いかどうかだけの話です。

 

だからネガティブな考えだって必要なんですよ。

けどその感情が邪魔をして何もできなくなると、それはそれで勿体ないですよね?

 

まずは受け入れる。

なにが浮かんできても、頭の中ぐるぐるしてても、「今日も来たねネガティブ君、でも僕(私)はもうちょっとしたらまた前を向くよ」と自分に言い聞かせてあげるんです。

 

いわゆる自己受容っていうやつです。

結局のところ、世間一般で言われている大切な事って、みんなが言うだけ大切な要素ってあるんですよ。

 

6、今日1つでも何か出来ればそれでよし

僕は毎日決めていることがあります。

それは夜布団に入る前、「今日自分は何が出来たか?」を自分に問いかける事です。

 

ブログを1記事更新した!でも良いですし、本を10ページ読んだ!でも、テレビを見なかった!お酒を我慢した!でもなんでも良いんです。

 

ほんのちょっとの前進が1年後2年後のあなたを形作っていきます。

 

今は分からないかもしれない、実感が沸かないかもしれない。

でも、ふとした瞬間に気づくんですよ

 

「自分、もしかしたら成長してるのか?」

 

って。

 

今日何か1つでも出来るようになったら、1か月後には30個出来るようになります。

1年で365個です。

忘れてしまうこともあるから、復習もかねて100個くらいはできる様になってるでしょう。

 

そう考えたら、自分に限界や枠なんでないんだって思いませんか?

 

7、前向きだから色んな出会いがある

自分に精神的な枠を設けず、前向きでいると色んな人から好かれます、モテます。

 

そうするうちに段々と新しい出会いがあります。

学校にいても、会社にいても、不思議な事にひょんなことから出会いが生まれます。

 

そこから「運命的な恋」をすることもあれば、「一生涯の親友」と出会うこともあります。

 

それが楽しいから、どんどんと前向きに笑顔になる。

 

ネガティブなままずっと過ごしていたら味わえない歓喜ですよ。

 

僕は全部都合よく前向きに考える様にしています。

過去の過ちに対する後悔や未来への不安もあるけど、どうせならネガティブになりながらも前向きでいたいと思うから。

 

30年の余生きてきて、今更ながら思うのは「やっぱ明るく人を笑顔にできる人がホントの幸せ掴むんだよな」ってことです(笑)

 

ずっと自分勝手し放題で落ちぶれてきたからこそ、分かることもある。

この記事を読んでいるあなたはどう前向きに考えますか?

ほんのちょっとで良いんですよ。

必ず素晴らしい出会いが待ってますから☆

 

8、とにかく行動、行動、行動!

「どこか遠くに行って見聞を広めてみたいな」

そう思ったら旅行カタログだけでも良いですからもらってきましょう。

ネットで行きたい国の事調べてみましょう。

 

「素敵な恋人が欲しいな」

そう思ったら恋活サイトでもなんでも良いから登録してみましょう。

友達に合コンお願いしたり紹介お願いしたりしてみましょう。

 

「もっと自分に合った仕事ないかな」

そう思ったら一度ハローワーク行ってみましょう。

転職サイト覗いてみましょう。

 

 

行動が結果を産みます。

思考だけでは物事がうまく進むことはほとんどありません。

 

学生さんでも社会人の方でも主婦のお姉さんでも、結局は小さな行動から全て始まっていきます。

 

だから僕は行動し続けます。

このブログも、自分の勉強も全部そう。

 

言い訳を付けて行動しないことは簡単です。

変わらなくて良いんだから。

それで良いなら、別にそれが悪いことじゃないしあなた自身が望んでいる事だと思う。

 

要は自分自身が納得するには、行動なんです。

「行動しないという行動」も含めて全部、動かない事には始まらない。

 

ちょこっとで良いから、なにか初めてみましょうよ!

 

9、自分の人生は自分が責任を取る

人生は選択の連続です。今この瞬間の連続です。

 

だから周りに何かされようが、親に何を言われようが、全て自分の選択した結果なんです。

 

「誰かのせいにしたい」気持ちも分かる、「環境が悪い」と言いたくなるのも分かる。

それでも自分の人生は自分しか責任取れません(笑)

 

親が幸せを保証してくれるわけでもないし、お金だって未来永劫あなたの懐にいると約束してくれてるわけじゃない

 

何が起ころうと自分の人生は自分で背負ってかにゃ。

病気になっても、一文無しになっても生きてくのはあなた。

 

だから僕はこうしてわずかながらあなたに元気を与えてあげる事しかできません。

この記事を見てくれているあなたが、自分の枠を取っ払って「本当に自分自身が幸せになる」生き方をしていくことが一番なんです。

 

自分の人生を自分で責任取る覚悟を持ってたら、限界を自分で決めるなんて馬鹿らしいですよ(笑)

 

まとめ

世の中には色んな自己啓発やマインドセットの方法がありますが、結局のところ大切な事っていくつかに集約されてくるんですね

 

ただ表現方法が違うだけ。

 

自分の限界を決めず枠を取っ払って自分を幸せに出来る人が周りも幸せにできるんです。

 

いける!!(多分……)

 

そんな馬鹿らしいチャレンジ精神で良いじゃないですか。

 

 

努力して挑戦している人には必ず周囲の支えが出てきます。

今は孤独でも、半年後1年後は分かりません。

 

その現実を信じることが出来る人のみ、本当の幸せをつかみ取るのかもしれませんね。

 

いやぁ、たとえ平凡な生活をしていたとしても、その事実を無意識に分かってる人って、ホント羨ましいです(笑)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.