2018/02/06

褒める習慣を身につけよう!褒めることの大切な6つの理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

褒める習慣、みなさんにはあるでしょうか?

それとも「そんな習慣ねぇよ!」って感じでしょうか?(笑)

 

昨今の現代では「褒めることは甘やかすこと」「相手に媚びている」というような、褒めるということに対してネガティブな風潮がどこかしらとなくありますが、褒めることはとても大切です。

 

それは周囲に対して明るい印象を与えるだけでなく、自分の感情もコントロールできる効果があるからです。

 

特に今のストレス社会だと自分のことで精一杯で中々周りの事まで気が回らないもの……

 

自分の事ばかりだと人生必ず行き詰ります。自分の機嫌を自分で取れない人は「自己肯定感」や「自己重要感」が持てないため、自分の不機嫌を周囲にまき散らすだけの存在になります、悲しいことに…

 

なぜ褒めるということがそんなに大切、必要なのか?を伝えていきたいと思います。

 

 

 

褒めるということは認めるということ

褒めるということは「相手を認める」ということです。

相手の存在や行動、生き方などを素直に認めて、「あなたはそれでいいんだよ」って伝えてあげることです。

 

相手にとってこれほど嬉しいことはあるでしょうか?
※嫌われている人なら分かりませんが……

 

人は誰しも褒められて嫌な気持ちになることはありません。

 

「自分を認めてくれている」

「自分の事に気づいてくれている」

 

そういったプラスの感情が相手にも湧いてきます。

 

けれども、別にだからって自分が得するわけじゃないですよね(笑)その通りです。

 

試しに相手に向かって褒めてあげてください。

 

その時の相手の笑顔って、こっちまでなんだか嬉しくなってしまいますよ(*^^*)

 

誰かを褒めるというのは、認めるということであり、自分も笑顔になれる最大の効果があるんです!

 

特に異性から言われたら余計嬉しいですよ(笑)

 

だから自分からもその人の良いところを褒めてあげてください。
きっと自分も明るくなれますから!

 

褒める事で気持ちが明るくなる

誰かを褒めることが出来るということは、裏を返せば「自分の心に余裕がある」ということです。

 

余裕があるということは自分に満足してますから、相手を褒める事によって自分自身も明るくなってきます。

 

実際に僕も褒める習慣をつけてから気持ちが明るく前向きになってきてます!

 

普段ストレス社会で生きる人たちはそんな余裕もないかもしれません。
ただそれでも自分以外の人間関係に焦点をあてて、「褒める」という動作をいれるだけで自分の気持ちも次第に明るくなってきます。

 

「相手に喜んでもらえた」

「あの人の良いところが分かった」

 

 

コレだけでも大きな収穫ではないでしょうか?

誰かに喜んでもらうことができるって、本当に素敵な事だと思いますよ♪

僕が褒めるという習慣を勧める理由もここにあります。

無償で相手を褒められるから、自分も嬉しいんです。

 

人間社会で他者承認な生き方をするなら(いや本当はそれが今の普通なのでしょう)、目の前の人に喜んで笑顔になってもらってナンボだと思うんですね。

 

だって自分が気持ちいいじゃないですか(笑)

 

人を笑顔にして得る自分の幸福感も、大事にしてほしいものです。

 

毎日1回は誰かを褒めてみよう

毎日誰かを褒めてみる習慣をつけましょう。

これは結構難しいとも思います。

特に普段誰かを褒めるという習慣がない人は苦労するでしょう。

 

逆に言うとそんな人は「普段から自分のことしか考えていない」証拠です。

 

もっと周りに目を向けて、どんな人でも良いから1日1回は褒める!というのを習慣化してみましょう。

 

何も同僚やクラスメイトである必要はないんです。

 

バイト先の店長でも良いし会社の役員でも良い、後輩だって見知らぬ人だって良いんです。

 

因みに僕は今日、スーパーのレジの店員さんに

 

「いつもお仕事お疲れ様です。バーコード打ち早いですね、無理せず頑張ってください」

 

って声を掛けました。

 

勿論、後ろに並んでいたお客さんは怪訝な顔してました(笑)

 

でも当のレジの奥さんは満面の笑顔で「ありがとうございます!」って言ってくれました。

 

見知らぬ人でも道端ですれ違った人でも、褒めることで誰か喜んでくれるなら単純に嬉しいじゃないですか。

 

そういう気概を持てる人はやっぱ魅力的ですよ!

 

自分を褒めると自己肯定感が上がる

自分を褒める、なんだか変な感じですよね(笑)

誰かを褒める事が出来る人でも自分自身を褒めてあげることの出来る人は中々いないんじゃないでしょうか?

 

実は自分を褒めてあげることってとても大事なんです。
それは自己肯定感を充実させてあげることに起因します。

 

自分で自分を褒めてあげられる、認められるという人は芯がしっかりとしています。「自分はこれで良いんだ」という状態でいられるからです。

 

例えばとびきりの笑顔で「○○さんいつも頼もしいね!」「そういう優しいところ君の良いところだよね」って相手を喜ばせてあげられます。

 

「ありがとう!お世辞でも嬉しいです☆」「どうしたんだよ急に(笑)なんか狙ってんの?」

 

こう返ってきます。
…少なくとも嫌な感情はどこにもありませんよね?
自分が自分を好きでなかったらこんなやり取りはできないでしょう。
自分が自分を好きだから、人のことも見てあげられるんです。

 

そして褒めることはどんどん連鎖していきます。

「ミラーリング効果」として、あなたが褒めた人がまた違う人を褒めたくなる、あなたへの好意的なイメージも出来る、それは良い評判としてあなたに戻ってきます。結果的にあなた自身が「褒めることができた自分をもっと好きになる」ことが出来ます。

 

これはキレイごとなんかじゃありませんよ?
人としてとても大事な事で、自分が幸せになるためにも凄く効果的な事なんです。

 

自分を褒めるってちょっと恥ずかしいかもしれませんが、「なにかうまくいった」「役に立てた」こんな時は自分を”よくやった”と褒めてあげましょう。

 

きっとあなた自身の幸福感に繋がっていくはずです。

 

 

褒めるのは人間じゃなくたって良い

褒めるのはなにも人じゃなくたって良いんです。

自分のペットを褒めてあげることだっていいですし、目の前にスカートの女性がいた時のあの強風に「グッジョブ!」したって良いんです(笑)

 

何かを褒めるということは感謝するということにもつながります。

だから褒める時は同時に感謝の気持ちも伝える様にすると更に自己幸福感もあがります。

 

どんどん褒めて自分の雰囲気を良くしちゃいましょう!

 

ただし、忘れてはいけないのは「そこに本心と気持ちが乗っかっている」ことです。

 

誰かを褒めるにしろ動物をほめるにしろ、ちゃんと本心をもたないと変な伝わり方をしてしまうことがありますから注意してください。

 

単なるお世辞では逆に相手に不快感を与えてしまいます。

 

例えば明らかに太ってらっしゃる方に「グラマーな体型ですね」なんていったらただの嫌味にしか聞こえません。

 

スカートの前の素敵な強風に大声で「よくやった!」なんて言おうものなら捕まります(笑)

 

くれぐれも、「自分の本心から言う事」「相手を喜ばせる」「自分もいい気分になる」ということを頭において、自然と褒められる様な習慣をつけていきましょう。

 

褒める習慣はポジティブの始まり

上にも挙げましたが、褒めることは他人や周囲を明るくし、自分の幸福感も上げてくれます。

 

これを繰り返していると段々とポジティブに物事を考えられるようになってきます。

 

僕も実際にそうでした。全然褒めるなんて習慣なかったのに、自分の自己肯定感を上げるにはどうしようと思って悩んでいた時に「とりあえず人を褒める習慣をつけよう」と書かれている本を読んで実践したのが始まりです。

 

それまで人を褒めることなんてほとんどなかったし、いつも「オレがオレが」という性格でしたから、僕の周りには負のオーラが立ち込めていた事でしょう(笑)
それなのに自分が幸せになりたいだなんて、今思えばとんでもない野郎でしたね!

 

それが人を褒める、感謝するということを習慣づけてからは気持ちもスッと楽になり始め、色んなことが視点広く見えてくるようになりました。

 

別にいつも褒めまくれ!
ということではありません。

 

ちょっとしたことや自分の機嫌の少し良い時なんかにさり気なく声をかけて褒める、動物や自然に対して「グッジョブ!」してみる、そんな些細なことからで良いんです。

きっと自分が少しずつポジティブな感情を抱いてくることを実感できるでしょう。

 

そうするとけっこう世界って広がりますよ!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

褒めることの重要性がお判りいただけましたか?

 

「褒めるということは認めるということ」

「褒めることで気持ちが明るくなる」

「毎日1回は褒める習慣をつけよう」

「褒めることで自己肯定感をあげる」

「褒めるのは人間じゃなくてもいい」

「褒めるていると段々ポジティブになる」

 

この6つのことを忘れないでくださいね。

仕事でも学校でもご近所づきあいでも、褒め上手な人は多くの人から好かれています。

 

「単なる社交辞令や打算的なものではなく、本心から褒める事」

 

これも凄く大事な要素です。

 

是非褒めることを習慣化して、誰かを笑顔にしてあげてください。

それがあなたを笑顔にしてくれる事でもあるのです。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.