逆境に打ち勝つ人の特徴と学び方!生かすも殺すも自分次第。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

 

皆さんの周りにいませんか?何があってもへこたれない奴。

なんであんなにしぶといんでしょうね(笑)

 

魅力ある人間になるにはやはり逆境に強くあることが大切です。

人は誰しも人生において想像していない状況に追い込まれることがあります。

 

そんな時にその出来事をプラスにできるかマイナスにして腐ってしまうか、それはその人次第です。

 

だからこそ人生を豊かにするためにも、必ず訪れる逆境に備えて、「逆境に打ち勝つ人の特徴」を学んでおくことが大切です。

 

逆境をプラスに転じている人はどんな人なんでしょうか?

 

特徴1:深く考えない

「起きてしまったことは仕方ない」

「やっちまったもんはしゃーない」

 

逆境をものともしない様な人は向かい風にの状況に対してあまり深く考えません。

過ぎてしまったものは過去なんです。

 

それを分かっているから、起きたことを悔やむより「その先をどうするか」を考えます。

どれだけ罪悪感があっても、どれだけイタイ失敗でも、過ぎたことは過ぎたことです。

 

この切り替えの早さが一番の特徴でしょうね。

僕の知人でもいます、こういう人(笑)

 

その人曰く

 

「未来の事はこれでもかってくらいじっくり悩むべきだ」

「でも過ぎたことは肥料にしかならないから、撒くかどうかが大事なんだよ」

 

らしいです。

 

当時、失恋やら就活やらでウジウジしていた僕にとっては「そんな簡単に心の整理うまくいくかぁ!(ノД`)・゜・。」ってカンジでしたが、今思えばその考え方の違いが10年後に大きな差となって出てくるんだなってホント実感してます。

 

まずは”深く考えない”、コレがポイントです。

 

特徴2:言い訳しない

ワンピースのゾロが言った名言が僕は好きです。

 

「災難ってのはたたみかけるのが世の常だ」

 

その通りです(笑)

 

逆境や苦難は立て続けに起きるものです。

しかも”こんな時に限って”というケースがほとんどでしょう。

逆境に強い人、打ち勝つ人はやはりここぞの精神力が凄い!

 

言い訳したってなにも始まらないし、大体そういう境遇は自分で選択した結果だったりするものです。

だから強い人は常に腹をくくってます。

 

つまりしっかり覚悟を持ってるから、起きたことや選択した結果が自分の思うようにいかなくても決して人のせいにしたり環境のせいにしたりしません。

 

逆境に遭遇した時、勝てる人は面と向かってその困難に立ち向かいます。

これまたド正面から(笑)

※いやホントまじで!そういう人いますから絶対!

 

 

自分が招いた事であれ不遇の遭遇であれ、そこから逃げないという事ですね。

だから逆境に強い人は絶対に言い訳しませんし、そこから何か得てやろうとすら考えてます。

 

特徴3:ストレスを味方につける

困難に遭遇してもそこから壁を破ってくる人は、往々にしてストレス耐性が高いです。

それは外交的だとか、内気な人はダメとかいう事ではないですよ?

 

起こったことについて自分の解釈を都合の良い方に持っていってるんです。

参考:全ての出来事は解釈次第。事実はあなた自身が決めている

 

事実は事実、でもそれをどう捉えるかは本人次第。

逆境に打ち勝つ人はそこら辺がなんかあっけらかんとしているというか何というか………

 

だからストレスに対しても耐久性が高いです。

 

「こういう問題って、あの先輩なら屁でもないんだろうなぁ」

「まぁでも俺はそんな能力ないし、やるだけやってみるしかないさ」

 

こう話す友人を見て僕はまぁまぁな嫉妬心が湧いたものです(笑)

 

ストレスがたまると思うからきつくなるんです。

ストレスに対して自分の許容量を1mlでも増やせればそれで良いんです。

 

少なくとも僕の知る逆境に強い人はその本質を得ています。

 

特徴4:失敗を失敗と考えない

逆境に強い人とか、失敗しまくってるひとってどこか頭のネジおかしいんすよ(笑)

 

明らかな失敗なのに、本人にとっては失敗だって感覚がない。

まるでかのエジソンの様な考え方を持ってます。

 

「失敗ではなくて、これはいい教訓なんだ」

 

そう前向きに捉える人が大多数でした。

 

…………どれだけポジティブな言い方や表現をしてみても、普通の人からしてみたら失敗は凹むものだし自己嫌悪に陥ることすらある。

 

人が中々変われない理由は多分そこにあるんでしょうね。

どん底を味わう様な苦痛であればあるほど常人にとってはトラウマになりやすいもの。

 

逆境を味方につける人はその捉え方から既に違うのが現実です。

 

特徴5:とにかく自己肯定感がハンパない

逆境に強い人はとにかく自分を都合よく認める能力がハンパじゃなく高いです。

 

どんなことがあっても「自分は大丈夫」「これで更によくなるぞ」と思えるんですから。

 

真面目な話をすると、この「自己肯定感」を持つことは普通の人で会ってもとても大切な事です。

怠け者な自分や飽き性の自分を”それでいいんだ”と受け入れることができる人は、少しずつでも成長していきます。

 

苦難上等とでも言うべきか、自分がしっかり前向きでいれば何が起きても恐れる事はないということを心から感じ取っています。

 

だから普通の人が挫けてしまうことでも、難なくといって良いほど乗り越えていってしまいます。

 

辛いことはみな平等にあるはずなのに、自分を認めるだけでここまで差が出るのが自己肯定感の重要性なのかもしれません。

 

逆境から学ぶべきことは?

逆境に強い人たち、逆境を活かす人たちから学ぶこと。

それはまとめて言い切ってしまうと「開き直る強さ」だと僕は思っています。

 

「じたばたしてもしゃーない」

「自分が乗り越える壁だから言い訳したって始まらない」

「とりあえず足掻くだけ足掻いてみよう」

「ま、何とかなるさ」

 

こういう事を心から感じ取れる強さじゃないでしょうか?

死にたいほど辛い出来事があっても、「それでも生きるしかないしな」こう思えるセルフコントロールの術だと思っています。

 

決して精神論だけでは片付けられないですが、だからと言って生まれながらの先天的なものじゃないです。

 

捉え方ひとつ、考え方ひとつなんです。

 

僕自身もずっとネガティブで、ことある物事を全部否定的にとらえていましたが、こういう考え方、生き方に触れるとちょっぴり自分が恥ずかしくなります(笑)

 

「何を君はそんな小さなことを重く考えてるんだい?」

 

そう問われたこともありますし、当時はその問いかけすらもネガティブに否定してましたけどね(笑)

 

逆境に強くなるにはこの思考パターンを身につける必要があります。

 

それは従来の自分の固定観念や常識を取っ払って、自分に都合よく開き直ることです。

誰にどういわれようと自分に後悔があろうと、開き直っちゃえば良いんです。

 

「きっとこの底から抜け出せるさ!」

 

ってくらい、楽観的に考えられるとすっきりします。

いや、うまく楽観的になれるからこそ逆境を乗り越えられる人間に成長出来るんです。

 

まとめ

どうでしょうか?

 

キレイごとでうまくいくほどこの世の中甘くありません。

 

ですが、確かに苦難や逆境を乗り越えている人がいる事も確かです。

その人たちには、今回挙げた様なマインドが必ず頭にあったはずです。

 

前向きな姿勢や行動が無ければ壁は超えることはできません。

 

ひたむきな努力や地道な行動がイバラの道を踏破します。

 

どうせ辛いなら、開き直って自分の都合がいい様に解決しちゃえば良いじゃないですか!

 

少なくとも僕はそういう開き直りって大事だと思いますよ。

だって自分が大切にできないと何も始まらないですしね!

 

 

困難にぶち当たってる人に少しでも力になれたら本望です。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.