過去は引きずらない、背負っていくものだから、苦しむ必要はありません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

人は生きていれば様々な過去を持っています。

楽しい記憶もあれば悲しい思いでもあるでしょう。

 

楽しい事ばかりであればなんの気兼ねもありませんが、誰でもそんな簡単に人生生きませんよね。

 

「大変な失敗をしてしまった」

「人前で恥をかいてから臆病になった」

「大好きだった人と別れてしまった」

 

こういった過去を持つ人がほとんどでしょう。

ですが、過去に引きずられていてはイイ男・素敵な女にはなれないですし、過去を引きずっているとやがて恨みに変わってきます。

 

なんでこんな記事を書くのかというと、自分でも

「これは引きずってる」

「これは背負えてるな」

ってことが感じられるからです。

 

嫌な過去を引きずるという事は”執着している”という事です。

 

いつまでもクヨクヨいじいじしているだけでは物事は好転しません。

……ただそんな事分かっててもそういう感情が止められないのが人間なわけで(笑)

 

そんな時は無理に執着(過去)を忘れよう、捨てようとするのではなく、「背負っちゃう」のです。

 

なんだかんだ言ったって、自分が生きてきた結果が過去なわけで、それまでには「やっちまったこと」とか「トラウマになってること」なんかがどうしてもあります。

事実は変えられません。ですが解釈は変えられます。

 

良ければこちらも ⇩

全ての出来事は解釈次第。事実はあなた自身が決めている

起きたことを一般化しないのが気楽になるコツ!

 

どうせ変えられないし、捨て去ることも出来ないんだから、背負うんです。

背負うって、ずるずる考えて他人の目を気にしたり世間一般の常識に当てはめて悲観することじゃありません。

 

「それがなにか?」

 

って開き直ることです。

だって、楽しかったことも辛かったこともみーんな持ってますよ。

あなただけじゃありません。

 

僕だって不誠実なことたくさんしてきたし、自己中で暴力的で魅力減る様な言動ばっかりでした。

けどそれをいつまでも引きずってても、誰も肩代わりしてくれません。

誰にどう見られようと、自業自得だとしても、自分の人生は自分で背負って明るく生きていくしかないんです。

 

罪を犯さない人間はいないし、罪を犯した人間が正義を語る資格がないかと言うと決してそんなことはありませんから。

それに人って色々で、自分の事はるか彼方の雲の上にあげて人をバッシングしたり誹謗中傷したりするものなんです(笑)

 

逆に悲しいことがあって、それが不可抗力だったとしても、それを言い訳にして引きずるのは絶対によしましょう。それも誰も肩代わりしてくれないし保証してくれません。

人生の保証などどこにもない!だからこそ不安と期待を抱えて生きるのみ!

もしあなたがどうしても過去の過ちやトラウマに苦しんでいるのなら、出来るだけ外に出て色んな人に会ってみましょう。

バーでも講演会でも参加しやすいコミュニティでも、自分が行ける範囲のところでイイです。

 

そうすると一人、また一人と会ううちに、同じような境遇や過去を持つ人が必ず現れます。

その時自分の心中を話してみてください。

笑っちゃうほどおかしな乗り越え方してきてますから(笑)

 

そうやって外に出て自分が引きずってる過去と照らし合わせてると、「なんか自分ひとりで苦しんでたのがバカらしくなっちゃう」んです

 

過去は思い切って背負っちゃいましょう、そしたら案外軽く乗っかっちゃったりするもんです。

 

僕はそうやって後悔や罪悪感を自分で受け止めてきました。

だから前進できてます。

 

この記事を見てくれるあなたも、絶対大丈夫ですから。

気楽にいきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.