遠距離恋愛がうまくいく方法は一つ!うまくいく方法は何かなんて考えない事

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、夢見屋です。

遠距離恋愛って結構心配ですよね?

会えなかったり不安になったり、色々と心配事が多いのも遠距離恋愛ならではの醍醐味(?)ではないでしょうか。

 

これから遠距離になる人も、今遠距離の人も必要以上に遠距離だという事を否定的に捉える必要はありません。

うまくいくには、「うまくいくかどうかなんて考えない」ことが大切です。

変に考えてしまうから、”ただ遠い”というだけでお互いがギクシャクしてしまう行動をとってしまうんです。

 

今回はそんな心配性の人に僕の経験した話をお伝えできればと思います。

一般論では中々うまくいかない事ももしかしたら解決してしまうかも?(笑)

 

 

相手がどの程度の連絡頻度を望むのかしっかり話し合う

遠距離になる恋愛は色んなケースがあると思います。

 

「大学に進学することになって地元を離れる」

「就職することになってお互いに違う土地へ」

「転勤になって他県へ異動しなければならなくなった」

 

などなど、特に二人の合意で離れることはまずないですよね?

(そんなケースもあるのか!?)

 

という事は、少なくともお互いに望まぬ出来事のはずです。

 

離れて自由だー!なんて思うのは結婚して単身赴任になってからにでもしましょう(笑)

 

寂しい気持ちもあるでしょうが、もし心配であれば相手の生活がどの程度変化するのか、また元々遠距離でお付き合いが始まったという人はどの程度の連絡頻度にするか、”会話の中でさり気なく”確認しておきましょう。

 

「仕事が忙しいから1日1回しか連絡が取りあえない」

「勉強に集中したいから朝にメールやLINEがあると効果的」

 

など、色々あると思いますが、仕事が忙しい中でしつこく連絡してしまっては相手の重荷になるだけです。

また、勉強に集中しなければならない生活になるのであれば、送るメールなどには相手を労う文面が大事でしょう。

 

遠距離恋愛で一番の危険性は「遠くの恋人より近くの他人」という言葉がそのまま現実化してしまう可能性があるという点です。

 

”離れている存在が愛おしく想える関係”でなければ遠距離恋愛は成立しません。

なぜなら、付き合うだけなら近くの恋人を探した方が都合も良いし接点も多いからです。

この点だけはお互いに意識し、常に相手の事を信じて気にかけてあげる位の気持ちが必要です。

 

「離れていてもこんなに自分の事を思って応援してくれている彼(彼女)を裏切るわけにはいかない」

 

と思ってもらえることが最も重要な要素なのです。

 

そのために、相手を縛ることなく、また気持ちが離れていかない程度のバランスのいい連絡頻度を決めておきましょう。

 

会いになんてすぐに行ける!

遠距離ともなると、どうしてもマインドブロックになってしまうのが「中々会えない」という事でしょう。

 

遠距離恋愛でうまくいきたいなら、まずその考えを捨てましょう。

 

会いに行くのなんていつでも出来ます。

 

こっちも学校や仕事が忙しい?

⇒終わってから朝まで何時間あると思ってんですか!

 夜移動できますよ!

 

いきなり会いに行ったら向こうも迷惑ですって?

⇒アパートまで行って労いの差し入れと”お疲れ様”の手紙1通置いてきてください。

いつでも会えるしいつでも会いに行くよ!

その気持ちが相手を感動させます。

 

 

今は航空券でさえ当日にスマホから予約できます。新幹線も夜7時以降も走ってます。会おうと思ったらいつでも会えるんです。

 

 

特にケンカした時やすれ違いばっかりでなんとなくギクシャクしてる時なんかは、思い立ったらすぐ会いに行きましょう!

 

僕も大学時代の彼女が「バイトが忙しくて中々会う時間がなくて……」なんてぬかしてたもんだから夜中に高速ぶっ飛ばして2時間だけ会ってきましたよ(笑)

料理作って、「大変だけど無理せず頑張るんだぞ」って言葉だけ残してきました。

 

でも結局その子はすでに他に違う彼が好きだったみたいですけどね(笑)

 

 

そう、会おうと思えばいつでも会える。

そうしようとしないのは何か後ろめたい理由があるのかもしれませんね。(だからって絶対に疑わないでくださいね)

 

自分と相手の気持ちに差があることは理解しよう

離れているとお互いの気持ちの強さを肌で感じとることが中々できません。

もしかしたら相手は「今は恋人よりも仕事(勉強だったり趣味だったり遊びだったり)の方が優先度が高い」のかもしれません。

 

近くにいればそういう相手の”クセ”も分かりますが、遠距離の場合そうはいきません。

また、自分も同じように、優先度の高いことがあるのかもしれません。

 

気を付けたいのが、どちらかが依存的な状態になっている場合です。

相手が恋愛依存になっているとかなりの束縛を受ける場合があります。

 

また、あなた自身が生活の中で恋愛に対する比重が高い場合も要注意です。

 

ただでさえ離れているのに、束縛して相手を縛り付けてしまったら、何のために遠距離にも関わらずあなたと付き合っているのか分からなくなってしまいます。

 

どうしても片方が息苦しくなってしまったら、手遅れになる前に”必ず直接会って話し合う”事が必須です。

 

「あなたの事は大切だけどこれ以上束縛はしてほしくない」

「LINEは必ず返信するから、あまりしつこく送ってこないで欲しい」

 

言い回し、表現は難しいですが、遠距離恋愛では自分の考えている事思っている事を正直に相手に伝えないとうまくいきません。

 

電話でも良いです、それで収拾つかなければ時間を作って会いに行きましょう。

 

それほど人の気持ちは移ろいやすいし、変動的で不安定なものなのです。

そこをちゃんと理解して、相手の事を思いやってあげる気持ちを持ってあげてください。

 

最も注意しなければならないのは疑心と不安

遠距離恋愛で失敗する最も高い原因が、「疑心に駆られて相手を信用できず、信頼を失ってしまうこと」や、「自分や相手の浮気」です。

 

どんな人間関係でもそうですが、信頼を失うと絶対にうまくいきません。

 

「相手が何しているのか気になって仕方ない」

「ついつい疑ってかかってしまう」

 

こういう経験ありませんか?

僕はありますが……(笑)

 

離れていて寂しいのも不安なのも分かりますが、付き合っている以上は根本的に相手の事を思いやる事が大事です。

自分のことばかり相手に押し付けては相手の気持ちを失ってしまい、本末転倒です。

 

どうしても寂しい時、辛くて傍にいて欲しい時は会いに行けば良いのです。

あとは相手の生活基盤もか考えてあげて、支えてあげられる様にしてみてください。

 

離れているからこそ心で繋がっている事を第一に考えてあげてくださいね。

 

 二人でいられる時間は思い切り幸せを噛みしめる

なんといっても、遠距離恋愛で一番うれしいのは”会っている時”ではないでしょうか?

むしろ会っている時に嬉しくならなかったら遠距離してまで付き合ってる意味ありません(笑)

 

「どうやったらうまくいくのか?」を考えるよりも、「今度会った時になにしようか?」を考える時間を増やしてみてください。

 

普段相手の事を応援して、思いやっているからこそ、会った時くらいはお互い甘えて良いんです。

きっと新鮮な気持ちで相手と幸せな時間を過ごせるでしょう。

 

こうやって会える時間を大切に育めるカップルは必ずうまくいきます。

 

離れているからデメリットばかりではなく、離れているからこそのメリットだってあるんです。

 

まとめ

いかがでしょう?

僕も今となっては懐かしい思い出ですが、離れている恋愛も年を取ってみると中々良いものかも?と思えます。

 

世間一般にはあまり良いイメージが無いようですが、普段そばにいないからこそ大切にできることもあります。

自分の時間だってある程度自由になりますしね(笑)

 

相手を信じて労わり、遠くからでも支えてあげる位の気持ちがあればきっとうまくいくでしょう。

 

ポイントは、

 

「自分の我を押し付けずに恋人の生活を考えてあげること」

「二人きりの時間を思い切り大切にすること」

 

です。

遠距離恋愛真っ最中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.