2018/02/21

30代にして人生をやり直したいと思っている人へ……自分を整頓してみましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

何かと転機が多い30代

みなさん「人生について見直す」という機会はありますか?

多くの若い20才世代の人たちはあまり関心を持ったことはないかもしれませんね。

私も30代に突入し様々なイベントが待ち受けていました。

離婚や失恋、仕事での信用失墜、自分を見つめ直すための一人旅……

自分で呼び込んでしまったものあれば予期せぬ遭遇もありました。

30代になると人生の転機が訪れたり、これからの人生について深く悩むことが出てくると思います。

 

僕自身も自分のこれからの人生をしっかり考えることがありました。

 

多くの人は人生を見つめ直すなんて普段は考えることも無いのかもしれません。

それは現状に満足しているから…

 

もしくは忙しくて、毎日が仕事⇔家の往復で惰性になっているのかもしれませんよね。

見つめ直す必要なんてないと思ってる方もいるかもしれません。

それはそれでいいのでしょうが、30代ともなると一度は自分自身今後の人生について考える…そんな事があってもいいのではないでしょうか?

 

そしてそれにはなにか「きっかけ」があると思うのです。

 

その多くは環境が変わる、とか、何かを失うといった「変化が起きた時」だと思います。

 

私も30代で独身に戻り、自分の人生の終わりである「死」を深く考えるようになりました。

俺はこの先何がしたいんだろう?

このままなんとなく歳を取り、ずっと独りぼっちで人生を過ごしていくのだろうか?

自分が年老いた時、若かりし頃を後悔することがないか?

 

ものすごーーく悩みました。いや、今でも悩んでいるのかもしれません。

 

それはなぜだろうか?と考えてみると……

 

たぶん、将来や自分の人生に対する不安や恐れなのかなと。

 

なぜ不安なのか?恐れ怯えるのか?

それは人間としての一つの境地に基づくものだと思うからです。

人は生き方、過ごし方に違いはあれど、求めるもの、最終的な到達点は一つです。

 

それは、自分の人生における『幸せ』を達成・実感することです。

おそらくそれ以外にはないのではないかと思います。

自分のやりたい事はなんなのか?

「大金持ちになる」

「たくさんの家族や仲間に囲まれて人生を謳歌する」

「自分のやりたい事を実現する」

「一度でいいから結婚したい」

「海外ボランティアを通じて社会貢献する」

 

これらも全て元を正せば自身から出てくる幸せに対する欲求ですよね?

また、

「今健康であること」

「今仕事が出来て収入を得られていること」

「日本に生まれてきたこと」

「目の前に大切な人・存在がいること」

 

これも『幸せ』を実感できることですね。

 

やはり人って最終的には幸せを追い続ける事が人生の目的なんだと思うんです。

だから私自身も「自分にとっての幸せって何だろう?」って考えるようになりました。

これまでそんな事ほとんど考えてこなかった人間がきっかけを通じて自分の人生を見直すことになるなんて思ってもみなかったですが(笑)

 

本当にこのままでいいのだろうか?

30も後半になってくると普通の人は生活が惰性化してきます。

定職についている人は会社から帰るとお風呂に入り、TVをつけ、ビール片手に近所のスーパーで買ってきたおつとめ品を貪ります。

そして酔いも回っていい気分になったら横になり、気が付くと次の日の朝を迎える。

さぁて、仕事にいくかぁ…

 

この繰り返しです。

家庭を持っている方は子供の面倒を見たり、夫婦でドラマを見る時間もあるかもしれませんね。

子供の成長を見守りつつ、自分の時間を日々使っていく。

 

また仕事が忙しい人なんかは家に帰れないこともしばしば、近くのコンビニで食事を済ませとりあえずシャワーを浴びにアパートに帰って、また会社に戻り仮眠をして次の日になり…

……自分の人生このままでいいんだろうか?

 

この先50代になり、時期そこそこに両親も他界し、独身の方は定年後の身の振り方も考えなければなりません。

 

女性の場合は子供が大きくなって自立したころ、長年連れ添った旦那様と第二の人生をどう歩もうか?

なんて考えることもあるでしょう。

 

30代の半ばにさしかかると、どこかで将来に不安・恐れを抱くようになります。

 

将来が不安で不安でしょうがないんですね。

そんな時、やっぱり必要なのは色んな事がまだまだ自分の体の中に取り入れられるんだと自分自身に言い聞かせてきたことです。

どう言い訳しようと取り繕うと、自分で選択してきた人生ですからね。

結局自分の人生は自分で生きてくしかないわけです。

どう悩んでも、あがいてもそれは変わりません。

どうなるか分からない、だからこそ自分の「寿命」を迎えるその時までに自分の悔いの無い行いをしていこうと……

 

中には思い切って40代で大学に進学し、医者や国家資格を有する職業に転職した方なんかもいます。

凄いですよね…

自分にはできないなぁ…なんて思いつつも、「ちょっと待て、そんなことないんだぞ!」と、自分自身に言い聞かせています(笑)

 

他人と比較する必要なんかないです、要は「自分の人生なんだからどういったら自分が満足なの?」と考えることが大事なんです。

 

そのためにとにかくあがいてみるんです。私も今その段階にいます。

 

他の人が生きてきた人生を真似たってそれが自分の幸せに繋がるとは限らない。

要は自分が楽しい・嬉しいと思える人生を送れるかなんです!

そしてそれは一人一人違いますから、やっぱりあなた自身が見つけていくしかないんですよね。

ただ、私も含めて、今あなたが感じている感覚や思考はあなただけのものであると同時にあなたしか感じていないものではないという事です。

 

同じ様な悩み方、もがき方をしている人がたくさんいます。どうかその事を忘れず、一人ではないと感じてください。

 

私は自分を成長させたい、そしてたくさんの人に喜んでもらえる人生にしたい、そう決めました。

 

だからブログやSNSを通じて同じ様な境遇の方々、苦しんでいる人達に何かできないか考えてみたり、旅先で出会った人が開くセミナーに行ってみたり、再婚もしたいのでもっともっと魅力的なるために自分を磨いたり、ずっと避けてきた両親に感謝し孝行してあげてみたり…

 

そう考えたら、自分と対面して答えを出した後の方が忙しいですね(;^ω^)

 

始めは小さな行動から

読書をして様々な人の価値観に触れてみるのも良いですし、スポーツや習い事を通じて様々な出会いをしてみることも良いと思います。

何にもやる気が起きない、なんて人は1日中家で映画を観たり、とにかく寝まくるって日があっても良いと思います。

 

それをただ漠然と過ごすのではなく、自分に対する学びの精神を持ってするのとでは大きく違ってきます。

 

「自分は今頑張ってる、これで良いんだ!」

 

どんな自分であってもそう声をかけてあげてください。

 

自分と見つめあい、話し合ってきたことは決して無駄にはなりませんから。

少しずつの行動がやがて大きな結果やきっかけになって表れてきます。だから「今」から小さな行動からみてください。

 

このブログが少しでも見てくださった方の励みになれたならこの上ない喜びです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. スタミナ次郎 より:

    このブログを拝見し、すごく勇気を頂きました。
    筆者様と同じ1983年生まれ男、サラリーマンです。

    学生から30歳までお付き合いした女性と別れ、
    数年間荒れた生活を続けて1年お付き合いを経て昨年結婚しました。
    結婚した年齢が遅かったので結婚式や新婚旅行を急ピッチで済ませ、
    次は住宅。そこで人生に躓きました。
    不動産屋に言葉巧みに言われ、オーバーローンに気づかず契約してしまいました。
    そのときは夫婦ともどもウキウキでしたが、
    インターネットで情報を集めていくうちに借りられる額と実際に返済できる額が違うことに不安を抱き、
    ローン破綻などの絶望的な不安が襲ってきました。
    そのときに誰かに相談すればと悔いております。
    『自分が死ねはローンがチャラになる』『生きていたら借金地獄』『妻が路頭に迷うのでは』
    人生で初めて『死』を意識し絶望に襲われました。
    友人や家族に相談して、200万を超える違約金を支払うことになりますが辞退することに決めました。
    高い勉強代と思いますが、すべて自分で選択した結果です。

    住宅を購入しようと決めたのは、結婚してくれた妻に老後の心配をさせてたくないと思ったからです。
    子供はまだいませんが、無理してまでとは言いませんが欲しいとおもっております。
    今回のことで将来への不安が絶望的に増し、今後どのように行動すれば幸せになれるのか笑って暮らすことができるかを模索しております。
    妻は明るい性格でネガティブ、私は逆に過去や見えない将来に不安を抱くネガティブ。
    今の妻に出会えていなかったら、私の人生は海底に沈んでいったと思います。

    貯金はだいぶ減りましたが、
    夫婦二人で力ろ合わせ、相談できる人たちに感謝して人生をやり直そうと決心しました。

    誰かと比較してもしょうがない、自分の人生の幸福を求めて行動しようと思います。
    この記事に出会うことができて本当に良かったです。ありがとうございました。

    長文失礼しました。

    • 夢見屋 より:

      スタミナ次郎さん

      コメントありがとうございます。
      スタミナ次郎さんの想いを読ませてもらい、いたく感激しています。

      スタミナ次郎さんがした事も、失敗した内容も、これからの意気込みも、ぜんぶ奥様のため、家族のためじゃないですか。
      全然躓きでもなんでもないです!
      (スタミナ次郎さんにとってはとてつもなく辛い出来事だと思うので申し訳ないのですが)

      人は「誰かのため」に頑張っている時が一番力がでます。
      家族のため、恋人のため、お客さんのため、友達のため……

      大失恋をして荒れた生活を過ごされた後にちゃんと幸せを掴んでいらっしゃる。
      そんな経験があるから、自らの軽率と思える判断で起きた失敗からも地べた踏み込んで立ち上がることが出来る。
      僕も見習わせてもらいたいくらいご立派です。

      「転ぶことが恥じゃない、転んで立ち上がろうとしない事が恥だ」と言われる言葉もありますが、まさに
      その通りだと思います。
       文面だけでお返事させて頂いているのでとても恐縮ですが、スタミナ次郎さんなら絶対にもっと大きな幸せを
      手にすることができますよ!
      悩んだ時、迷った時、きつい時、これからもそういう時期が来るかもしれませんが、そんな時は周りを見回して
      「家族が笑顔になるんだったらいっか!」って見方で捉えてみてください。
      もの凄い力がでます(笑)

      僕は色んなもの失ってみて気づいた事がたくさんあります。
      スタミナ次郎さんも、そばで支えてくれている奥様の普段あたりまえに思える何気ない支えに「ありがとう」の
      気持ちを持って、家族みんなで幸せになっちゃってください☆

      陰ながら応援しています(^^)

      拙いブログですが、読んでいただいてありがとうございます☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.