30代独身の男へ贈る休日「寂しい時」のおすすめ行動6つ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

 

こんにちは、夢見屋です。

今回は30代も半ばの寂しい気持ちを抱えて過ごしている独身男性へ贈りたい行動をピックアップしてみました。

私も早35歳を迎え、彼女と別れてもう半年…

未だに元カノが夢に出てくる日々を送っております(´・・`)

一人暮らしという事もあり、休日や連休など迎え、もうこの歳になってくると20代の頃の様に広い交友関係や遊び仲間も減ってきてやること無くなってきますよね。そんな時は家にポツンと一人でいる事も多くなり、余計に寂しさが募ってくると思います。

 

そんな寂しい思いを力に変えて、自分の人生を少しでも楽しく有意義に過ごす為のアクションを紹介いたします。

 

一人でも多くの方に元気になってもらえればありがたいです!

 

1、まずは早起きする!

なんといってもまずこれだけは実践していただきたいのがこれ!

「いきなりムチャぶりかよ!」と思うかもしれませんが、はっきり言って早起きするのとしないのとでは一日に”寂しい”と思う感情のレベルが違ってきます。

 

「寂しい=やることがない」ではありませんよ?寂しいというのは感情、やることがないというのはただのやる気の問題です。

……と言っても中々やる気なんて出るわけないか(笑)

 

でもね、休日を充実させている人は必ず朝の早い時間帯を有効活用しています。なぜか?他の人が活動していない時間帯だからです!!

考えてみてください、日中は他の人みんな起きています。友達と遊んだり恋人とデートしたりしているでしょう。そんな時間帯に起きて自分はポツンと独り家にこもり、Youtube見ながらダラダラ過ごしてる……

なんか余計に寂しい惨めな気持ちになってきませんか?

 

だから他の人が寝ている時間帯に早起きして、自分だけの時間をしっかり作るんです!それに早起きには精神的にも高揚効果があると証明されています。

 

僕の場合は独り身で寂しいと感じる休日はとにかく朝早く起きます。4時とか(笑)

その時間で本を読んだり映画を観たりするんです。そうすると何か「得した気分」になります。自分が早起きして何かしてること自体に恍惚感があるわけです!

 

寂しいから寝てるだけだと、そんな寝坊をしてる自分にも嫌気がさしてきてしまいます。それでは悪循環ですから……まずは自分の気持ちを少しでも前向きにしてあげるために早起きを習慣化してみましょう!

 

2、筋トレでテストステロン分泌!

これはですね、僕自身も最初は全く興味なくてやる気もありませんでした。

「筋トレして寂しさ紛らわせれるんだったら苦労ないよ!」本気でそう思ってました。

 

ですがやってみると不思議な事に結構気持ちが楽になって寂しさが消えます(笑)

 

これは脳内分泌物質である「テストステロン」「ドーパミン」といった快楽を感じさせるホルモンが筋トレによって大量に分泌されるためです。しかも意外だったのが、寂しさが和らぐのは”筋トレ中”ではなく”筋トレ後”に多かったということです。

 

これは筋トレ中に「アドレナリン」が同時に分泌されて、幸福感よりも集中力が強く出ているためです。なので終わってさて帰るか!って辺りで後追いで満足感や達成感がじわじわと出てきます。

 

正直始める前はかなりだるいです。けどやり始めると集中しますから、「寂しい」と感じる暇もあまりありませんし、終わった後は何気なく満足しています。これは本当に寂しいと感じた時こそ実践すべきですよ!

 

あと、やるのであれば出来るだけジムに行った方が良いです!自宅でやろうと思うと、やる前に「虚しさの大波」に襲われて断念します(笑)そして意外とジムで運動・筋トレしている人ってみんな「一人」です。女性ですら誰かと来ているのかと思いきや、かなりの人が一人でランニングマシンとかで走ってます。そうするとどことなく”仲間意識”みたいな感情が芽生えてきて勇気をくれます(笑)

 

寂しい休日に一人で筋トレはホントにおすすめですよ!

 

3、映画で自主トレ

映画も寂しい日のお供としては欠かせませんよね。TV番組じゃないんです、Youtubeでもない、映画です。

 

なぜ映画がおすすめかというと、

 

◉大体2時間程度の作品が多いため、区切りがはっきりしている

◉物語も起承転結がはっきりしているものが多い

◉ストーリー性、世界観があるため、自分の価値観に刺激を与えられる

◉特に人生踏破系の映画は楽しみながら自己啓発にもなる

◉洋画字幕版であればそこそこの英語の勉強にもなってしまう

 

などなど良いこと尽くしです!

 

ただしできることなら初めて観る新しい映画をおススメします。その方が新鮮味があって、得られる学びも多いですからね。

※間違っても昔彼女と見た映画とかは止めましょう、凹むだけです(泣

 

4、読書でマインドセット

独身、休日とくれば読書は自分磨きの代名詞です。

「小説」「ビジネス書」「実用書」「自己啓発書」「専門書」etc

とにかく何でも良いので”自分が読みやすい本”を読んでみましょう。少しでも興味があれば読んでいて楽しいですし、いきなり小難しい参考書や文学書を背伸びして読もうとしても絶対に続きません。

自分の趣味の本や興味のある分野の専門書などであれば、多少難しくても読んでいくうちに自分の頭に知識が流れていくのが分かります。

 

僕も一時期はとにかく自己啓発書を読みまくっていました。病んでましたね(笑)でもその時読んだ本のおかげでこうやってブログ発信で誰かを元気にしたいと考えられるようになりましたし、自己啓発系は「とにかく行動せよ!」的なマインドセットには持ってこいです!

 

最近は実務的にも役立てる様にと「起業」系の本だったり「海外営業」の本なんかも気に入って読んでますよ。

 

大事なのは自分が少しでも読みたいと思うジャンルを選ぶことです。

 

ただ、マンガだけは避けた方が良いでしょう。特にマンガ自体を否定するわけではありませんが、マンガは”絵”がセットですので、どちらかというとキャラクターや演出描写に目がいきがちです。文字も「会話」がほとんどだと思いますので、知識として得ようと思うと少し難しいかもしれません。

マンガを読むのであれば、そのマンガの「ストーリーの組み立て方」や「キャラクターの人間性や感情表現」を”作者側の目線”から読んでみると良いでしょう。作者がどのような描き方で読者に何を伝えたいのかが分かってくると思います。

 

「そんな小難しく考えてマンガなんか見ねーよ(笑)」

 

という気持ちも分かります、でもそれが活字本と漫画本の違いなんです。働かせる思考力に大きな差があります。

 

5、部屋の掃除で気持ちの整理を

これもやはり寂しい休日にはやってほしいですね。なんというか、心がスッキリします。

 

部屋が汚いまま、というか変わらない風景模様になっていると精神的な気持ちが停滞します。

これは心理学でも言われていて、見慣れた風景や部屋の視界をずっと見ていると、その場所にいる時の感情が固定されやすいというものです。

 

なのでよく部屋に一人きりで寂しくなるというのは、「見慣れたいつもの部屋=寂しい」という関係になってくるんです。

 

僕は大体半年に1度くらいに部屋の模様替えをします。大がかりなものではありませんが、

 

「カーテンの色を変えてみる」

「ベッドや作業机の位置を変えてみる」

「テーブルや冷蔵庫の配置を変えてみる」

 

など、見えるものの位置や色を変えることによって定期的に部屋に新鮮さを出すようにしています。これはちょっと大変かも分かりませんが意外に効果がありますよ!

 

部屋の模様替えをしていると合わせて掃除もすることになりますし、寂しい気持ちも和らぐ効果がありますので、一石二鳥ですね!

ぜひ定期的にやってみてください!

 

6、だらけると決めた日は徹底的に

ここまでアクティブなことばかり書いてきましたが、そうはいっても人間何もやる気が出ない日もあるというもの………

 

僕も偉そうに言ってますが毎週毎週そんなに部屋なんて掃除してません(笑)

それにずっと動きっぱなし、やる気出しっぱなしというのもやはり無理をしながらでは楽しくありません。なのでだらけてしまう日があったって良いと思います。自分の出来る範囲で試してみてください。

 

ただし、ただだらけるのではなく、「だらける!」と決めてだらけてください。

自分で選択した、という形でだらける分には全然問題ないです。だってだらけることが必要だったんですから(笑)

一番良くないのは中途半端になってしまうこと。

 

「筋トレやろうと思ってたのについついテレビ見ちゃった」

「本読もうと思ったらマンガの方が気になって……」

「部屋の掃除しようと思ったら突然睡魔が……」

 

はい、これダメです!こうなると余計に自分がダメ人間に思えて自己肯定できません。「俺何やってんだ…」って余計に寂しさが増してきます。

 

中途半端になりそうだったら、いっそのこと「今日は何もしない、ぐだる!」と自分で決めちゃって下さい。その方が気持ちが楽ですし、精神的にも健康です。

 

やる気が起きない日だってあるんですから、そんな日は自分で「だらける」ことを認めてあげて、たくさん休ませてあげて下さい。

 

まとめ ~未来の自分のために勉強~

ここまで挙げたことが全部出来る人はもしかしたら「寂しさ」なんか感じない休日を送っている人かもしれませんが、寂しさを糧に自分を磨くという意味では大変おすすめできます。

 

「資格の勉強(今はあまりお勧めできませんが)」をしてもよし

「ブログやネットビジネス」を始めてもよし(僕もそうでした)

「英会話の勉強」をしてもよし

 

寂しいと思う時間を自分の投資に使える人はかなり可能性を秘めた人と言えるでしょう。

 

30代にもなってしかも独身……「この先、生涯独身底辺生活でもいい!」って決め込んでる人はそれでもいいでしょうが、この記事を読んでくれているということは何かしら向上心や新しいことを始めたいと思ったり考えたりしているはず。

 

であれば、それは大きなチャンスです!

 

僕も離婚して一人の時間が増えたため、寂しいと感じることも正直たくさんありますが、逆に考えるとそれだけ「時間がある」ということでもあります。人生80年の時代とは言えもうすぐ折り返し地点、何歳まで生きられるという保証もない……

 

だったら自分を高めて成長して、何か自分の歴史に残せる行いをしようと決めています。

 

そして、未来は決まっていません。何が起こるかどうなるかも誰にも分かりません、だから何が起きてもいいように、未来の自分のために勉強しておこうと思っています。自分の本当にしたいこと、人の役に立てることを探しています。

 

あなたはどう感じるでしょうか?寂しい独身30代をどう生きていくか、決めるのは自分自身でしかありません。

 

どうせなら、「寂しい」を「楽しい」に変えて人生謳歌したいと思いませんか?

 

この記事を読んで一人でも多くの人が勇気を持ってくれたらこれほど嬉しい事はありません。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. ぺぇ より:

    35歳子持ちの独身女です。
    2カ月ほど前に恋人とお別れしました。
    いい大人が失恋くらいでってとこですが、応えますね。
    歳も歳だしこれで恋愛も最後かと思うと…
    お別れは正しい事でした。
    でも、モヤがかかった毎日がなかなか終わらなくて。
    夢見屋さんの記事を読むと、私の事であり、別れた彼であり…
    共感し、また落ち込んでます笑
    まだ、失恋に浸ってたいんだと思います。
    夢見屋さんの記事は好きです。
    またのぞきにきます。

    • 夢見屋 より:

      ぺぇ様

      コメントありがとうございます(^^♪
      記事に共感して頂いてとてつもなくありがたいのですが、
      年齢を理由に恋を諦めるのは早いですよ(*^^)v

      失恋をした時に前向きになる事なんてできませんから、
      今はゆっくり休んで、落ち着いたら自分自身がこの先幸せになる事を
      少し考えてみてください。
      お子さんの事もあると思いますが、「まずは絶対に自分」です。
      良ければこちらの記事も読んでみて下さい。
      http://otokogoi.com/rennainitaimurimittohnanntemoukenai/
      元気になれるような記事が書ければと思い頑張っています!(笑)
      またお時間ある時に立ち寄ってやってください(^^♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.