2018/02/20

社内失恋をどうしてもを引きずってしまう男性の乗り越え方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

どうしても失った恋に執着してしまう。

そんなことってありませんか?

特に男性は失恋を引きずりやすいと言われますが、女性に比べて過去に執着しやすいのが男性の特徴なんだと思います。

その辺の理由は心理学でも証明されてますし、色んなサイトを見て頂ければどれほど男が過去の恋愛に執着しやすいか分かると思います。

特にそれが同じ職場だったりするともう目も当てられない!

 

……まぁそんな僕みたいに情けない男性はあんまりいないと思いますが(笑)

僕の場合、特に重くて引きずりやすい性格だったので恋愛に関しては苦労が絶えませんでした。

別れてもまだ忘れられなくて、いつか戻ってくるんじゃないかって心のどこかで執着してしまって……

 

でも男として女々しい事は言えないし、なんか見栄張ってしまううんですよね。

 

誰にも言えないからこそ家に帰って一人でメソメソしてしまったり……

そんな世のヘタレ男性(きっといるはず!)と思いを共感出来たら幸いです。

 

世の中の一般論やどこぞの男女アンケートで失恋から立ち直るまでやれ1か月だ半年だってありますけど、そんなデータ何のあてになるんじゃい!

ってくらい引きずってます……

そらもう悲しくなるくらい毎日顔見ますからね……

 

社内で恋が終わってしまうと、その後が大変です。

そしてこれがまた周囲にモテる子なんかだったりするともう大変。

会社のイベントがある度に色んな男のトコ行って楽しそーに会話してるわけですよ。

んでそんな彼女を気づくと追ってる自分が情けなくて、「もう次の男とよろしくやってるよ」って自分にツッコんでやりたくなります(泣

 

今回は職場で失恋した人に向けて想いの丈をぶちまけたいと思います。

※あまりに情けないため同じ経験のある人限定です

 

ヘタレ男目線ですが、女性の方もこんな男がいるのかって参考にしてみてください。

 

仕事に打ち込むとかそんなの気休め!

いきなりですが……

社内で失恋して「仕事に打ち込んで見返してやる」みたいな理由で納得できる人は多分この先の内容は必要ないと思います(笑)

そもそも失恋して仕事に打ち込める状態であればこんなへんぴな所まで見に来ないでしょうし、多分ここまで辿り着いた人はそんな心境ではないと思います。

 

僕がそうでしたからね。

「社内失恋 男 辛い」 みたいな検索キーワードで気づいたら何十ページも見てる人中々いないと思います💧

でもそれだけ辛く感じる男は辛いんです(泣

 

本当に本当に大好きだったのにフラれた場合…

これはもう死に至るといっても過言でないくらいのレベルです。

 

一般的に社内恋愛の場合、別れたときのリスクが高い反面最終的な目的地である「結婚」までの可能性は他の出会いよりも高いと言われています。

それは周りの環境や、リスクから逃げられないことへの無意識の覚悟と言われ、統計上では実に”70%以上のカップルが”でゴールインするんだとか…

 

だからこそ、そんな社内での恋愛で別れてしまった時の喪失感たるや想像を絶するわけで。

仕事なんかにうちこめるはずがない!

 

実際に私も失恋後に軽いうつになり、また別れるとき彼女に「好きな人がいる」と告げられて(しかも同じ社内!!)いましたので、会社になんかとてもいられず、1週間ほど海外へ逃亡していた時期もあります……

 

まずは安心してください、仕事に手がつかないのなんて当たり前です!

 

世間の声

「男のくせに情けない!」

「会社は仕事をするところなんだから私情なんか持ち込むな!」

「社会人として常識に欠ける!」

「そういうリスクも承知で付き合ったんじゃないの?」

こんな罵声を浴びられそうですが……

気にしないようにしましょう(笑)

 

大切なものを失ってしまった、その相手はもう違う誰かとの未来を見ているってやっぱり、男でも女でも辛いですよ。

社内だからリスク承知でなんて、そんな事はじめから考えて付き合わないです。

 

社会人であろうが男であろうが女であろうが、その前に一人の人間です。

どうしても好きになってしまったんだから仕方ないです。

 

だから今仕事とか、生活とか、そういうの思い詰めて考えなくても大丈夫ですから。

 

別れてもう半年も経つのに…

なんて人もいるでしょうが、人によって傷の癒え方は様々です。

 

最大の薬である「時間」だって、同じ社内で顔を合わせる環境であればかさぶたをはがしながら薬塗ってるようなものですから。

仕事に支障が出てくるようであればとりあえず最低限の業務はこなして、あとは自分を癒してあげる時間を作ってあげましょう。

 

自分を責める・相手を責めるのはやめよう

やっぱりひきずってしまう人って、どこかで自分を責めたり相手を責めたりしてしまうんですよね…

 

「あのときこんな事言ったから」 とか

「なんでもっと早く言ってくれなかったんだ」 とか

「もう恋愛なんて怖くてできない」 とか

 

どれだけ時間が経っても頭の中にそういった考えがぐるぐるぐるぐる…

その気持ちは痛いほどよくわかります。

 

だから、思い切り自分と相手を責めまくったら、そろそろお休みしませんか?

 

ずっと責めてるだけでも過去は戻ってきません。

分かってます、そんな事言っても考えが止まらないのも…

人は1日に6万回以上は考え事をしていると言われますから、別れた恋人がまだ頭の中に巣くっているのであれば大半は無意識に彼女のことでしょう。

 

責めてるのってね、結局自分自身に執着しているからなんです。

認めたくなくても、彼女が気になって仕方ないんです。

だからまずはそんな執着している自分を受け入れてあげることです。

 

「オレやっぱ執着してるよな…でも仕方ないよ、それだけ好きだったんだから」

 

こうやって自分自身に言い聞かせてあげることが大事です。だって自分を守ってやれるのは結局自分しかいませんから。他人に、しかも終わってしまった元恋人にその役割を押し付けてしまうのは悲しいだけでしょ…

 

誰かに話を聞いてもらったっていい

分かってるんです、友達や先輩、同僚に自分の身の上話をしたって自分の中で何かが解決することなんてないってことくらい。

それでも話が出来る人がいればしてみましょう。

 

今は少し自分勝手かもしれませんが、誰かに頼ってでも話を聞いてもらってください。

誰もいなければカウンセリングや恋愛セラピストでも良いです。

恥ずかしいとか、プライドがどうとかそんなことは気にする必要ありません。

 

僕もフラれて3か月以上経っても同じ社内で顔合わせるのが凄く嫌で、一度恋愛カウンセリングを受けたことがあります。

すっきりとまではいきませんが、それでも誰かに共感してもらえると本当に落ち着きます。冷静になることができます。

 

社内の事なので、秘密裏に付き合っていた場合はおそらく誰も話せる人がいないと思います。だからそのままにしていると自分の中でネガティブな感情がぐるぐる回っているだけになってしまいます。

 

友達がいるのであれば、どこか遠い、しばらく連絡を取っていなかった様な人に相談してみると良いでしょう。

と言ってもいきなりというのも難しいので、ここは正直に自分に起きた事を伝えて、「愚痴や泣き言になっちゃうかもしれないけど、話を聞いてほしい」と打ち明けましょう。きっと話を聞いてくれると思います。

 

ちなみに僕の場合は300㎞以上離れた他県の友達(10年くらい会ってなかった)に突然連絡して、「今度の休日行くからやけ酒付き合ってくれ!」って言って車飛ばして朝まで飲んでました(泣

 

辛い時に一人でうじうじしている必要はありません。

こんな時くらい誰かを頼っても良いんです。

 

復縁したいかどうか、一度考えてみよう

社内での失恋をどうしても引きずってしまう人は、一度

 

「あの人とヨリを戻す事が出来たとしたら戻りたいか?」

 

と、考えてみましょう。

 

「そんなの、戻りたいに決まってる!」こう考える人が大多数でしょう。そりゃそうですよね。僕もそうでしたから。

「きっとまた笑いあえる」

「今度は失敗しない」

そう思って恋愛本読みまくり、高額の復縁教材や引き寄せの法則なんかも試しまくりました。

 

けど彼女の今の幸せに気づいたとき、自分の存在は邪魔なだけだと悟ってしまいました…

そして心のどこかで何かふっ切れた気がして、引きずるのやめようって思ったんです。

 

心に問いかけること

復縁してどうなるか?

今の自分のまま元に戻れたとして、本当に彼女を幸せに出来るか?

自分は美化された過去を思い出すことで自分自身を満足させてるだけじゃないか?

今の自分に足りないものは何?

社内で別れたってことはまた顔を合わせる機会があるはずですから、相手はどんどん変わっていきます。

相手の環境も、考え方も、容姿も、身に着けるものも、全部変わっていきます。

 

そんな時、自分はただ過去の思い出に浸っているだけで成長出来ていないって、なんか虚しいじゃないですか。

 

時間が経ってもずっと引きずってしまうってことは「過去にとどまってる」ってことです。そんな状態で復縁したとして、本当に相手を幸せに出来るか?を冷静に考えてみましょう。

 

辛いのは分かります、僕もそうでしたし。

ふとしたら過去の記憶が自然とよみがえってきて、彼女を見てしまう度にその記憶と現実を重ね合わせてしまって…

 

だからこそ一度「復縁」というものを考えてみてほしいのです

 

かりにその復縁が叶ったとして現実味があるかどうかを。

自分でしっくりくるのかどうかを。

 

しっくりこなければあなたのその引きずりは悲しみしか生み出しません。彼女が戻ってきたとしても絶対に幸せにはできません。それが現実であって真実です。悲しいですが…

 

だからって簡単にふっ切れとは言えません。

ただそう考えると「いつまでも引きずっていても仕方ないのかも」と腹に落ちてくる時がきます、必ず。

 

彼女が幸せならそれでいい

気持ちを整理するのが難しいのは分かります。

彼女を見たり、彼女と話をするときに途端に冷静でいられなくなる自分がいるってことも分かっています。

 

ですが少しずつ、少しずつで良いので目線を彼女に向けてあげましょう。

 

あなたが本当に望むのは何ですか?

早く立ち直りたいという気持ちですか?

復縁したいという気持ちですか?

 

引きずっている自分自身を開放してくれるのは過去との決別しかありません。

そして、間違いなくあなたのその過去は幸せなものであったはずです。

出なければそんなに引きずりませんよね?

 

だからこそ、自分自身が苦しい時にその苦しみを少しだけ変換して、「彼女のこれからの幸せ」に向けてあげてください。それがあなた自身の未来を切り開いてくれる唯一の方法です。

 

自分の事しか考えられない状態から、ちょっとずつ彼女のこれからの幸せを考えられる気持ちの変化があったなら、それはあなたにとって大きな成長です!

 

だってあなたが本当に望むことって、「相手が幸せになること」[keikou]じゃないですか?

 

本当は自分が幸せにしたかったけど、でもそれが結果的に「彼女が幸せを感じること」である以上、別れたとしてもそれを願ってあげられることが一番大切なことですからね。

 

そして、そう思えることが本当の愛情です。

 

だから辛いけど、彼女には笑顔で接してあげましょう。

 

( •́‧̫  • ̀)

そう、こんな感じの顔。

「ありがとう、幸せになれよ」

そう思わせるなんとも絶妙な顔文字(笑)

 

実はこれ僕が元カノに最後に送ったメールにつけた顔文字です。

全然しっくりくる顔文字がなくて、探しまくった果てに見つけたのがこれだったので(笑)

 

僕もたくさん悩んで苦しんでもがいて泣いて、それでも最終的に行き着いた結論はやっぱり[keikou]向こうが幸せならそれで良いよって答えでしたから。

 

少しずつ相手の幸せを願うことが出来る様になったら、もうあなたを引きずる怨念は消えています。無理せず、気持ちに余裕が出てきたら相手の幸せを考えてあげてください。

 

さいごに

失恋は本当に辛いです。

特に職場恋愛からの失恋は分かれてしまった後も苦しみが中々癒えてくれないのがやっかいです。

 

自分もホント苦しんできましたが今ではどことなくふっ切れて前へ進めています。

多分時間薬に任せていたらこんなに早くはふっ切れなかったでしょうし、自分自身の考え方もネガティブなままでいたことだと思います。

 

いい加減な発言かもしれませんが自分も、この記事を読んで下さっている方も、あの失恋にはおそらく「自分を成長させてくれる意味があったんだ」と思います。

 

だから今は辛くとも、この経験が必ずあなたの人生をよりよいものにしてくれるはずです。

離れていってしまった人の幸せを願いつつ、今度は自分が自分の足で自分の幸せをつかむんだという小さな気持ちを大切にして、ちょっとずつ前へ進んで行きましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. タカヨシ より:

    こんにちは。タカヨと申します。
    先日、社内失恋して毎日鬱状態で眠れない時に夢見屋さんの記事を拝見しました。
    もし差し支えなければ、お話を聞いてみたいただけると助かります。
    僕の場合は、同い年(42歳)で異動先の契約社員さんでした。向こうから「同い年なんですね」って話掛けられたのをきっかけにお茶やご飯に頻繁に行くようになりました。
    会社の人間関係(女性同士)に悩んでて、その話を聞く内に(一応、私は管理職です)、段々と彼女に惹かれていきました。彼女と一緒に居るとすごい落ち着くんです。
    LINEも毎日してて、その辺りのことも伝えてはいました。
    因みに、僕は結婚して子どももいますが、もう彼女以外に考えられなくなってしまいました。離婚も考えるようになる中で、噂で、同じ社内に彼氏が居ると話を聞き、お酒を飲んだ勢いで彼女に確認したところ、「そうだよ」と認めて、「思わせ振りな態度でゴメン」と謝られました。
    聞いた僕がバカだったと思いつつ、継続して離婚の話も具体的に決まってましたので、「実は君が今まででいちばん好きだった」とLINEで告白してしまいました(今までは不倫の話になるので、言えなかった)。
    友達としてなら付き合ってもイイとの答でしたので、後日、直接会って「結婚を前提にお付き合いしてください」と改めて告白しました(今思えば、焦りすぎたかなって思いましたが、そうせずには居られませんでした)。
    彼女からは、「嬉しいけど、答は出せない」と保留の返事でした(当然、今同じ社内に彼氏がいるのですから)。
    それからは、多少ぎこちないですが、LINEや社内で仕事上のやり取りはこなしてますが、この先が見えないことで、本当に参っています。
    彼女もその気があるのかないのか?
    (社内の上司なんで、断りたくても断れずにいるのか、気にはしてくれているのか…)
    元々、あまり自分の事を積極的にアピールする子ではないですがハッキリとはしている子です。
    それと、恋愛体質ではなく淡白だとも話ははしていました。
    今後、どのような心持でいれば良いでしょうか?
    スッパリ諦めて、次のステップに進むべきでしょうか?
    アドバイスをいただけると大変助かります。
    長文大変失礼いたしました。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • 夢見屋 より:

      タカヨシ様

      コメントありがとうございます!
      返事が遅れてしまって申し訳ありません(>_<) 内容拝見させてもらいました、その後いかがでしょうか? タカヨシさんの置かれた状況や取った行動、男同士としてとても共感できます。 こんな僕から一つアドバイスできるとすれば、その女性に対しては離婚とか子どもがいるとか関係なく 一人の男として振舞っていって欲しいと思っています。 偉そうな事言ってしまいますが、「やらない後悔よりやる後悔」です。 タカヨシさんの行動はホントに凄いと思います! ただ相手方に彼氏さんがいるのであればあまりしつこくせず、想いを伝えたのならあとは普段通りの態度で 接してあげてください。 そして恋愛感情関係なく、彼女が困っている時は笑顔で助けてあげてほしいです。 ダメなら潔く引く、これも(離婚もされるとのことなので)本当に辛いですが、彼女も悩んでくれていると 思いますので、その気持ちに感謝して一度自分の気持ちを落ち着ける事も必要かもしれません。 僕は「自分!自分!」っていう方向にどんどん行ってしまって結果的に相手にイヤな思いを させてしまった事がありました。 相手には相手の時間軸があります。タカヨシさんも進まない状況の中色んな考えが頭に浮かんできて参ってしまって いるのかもしれませんが、恋愛は双方が惹かれあわなければ辛いだけですから、その女性が本当に好きなら、相手が幸せになる事が一番です。 「君が幸せならそれで良い」 「僕の所に来てくれるのなら全力で幸せにする」 そのくらいのスタンスが良いのかなとも思います。 やせ我慢でも強がりでも、男としてはやっぱり”女性に惚れてもらう”のが一番嬉しい事だと思いますし。 参考になるか分かりませんが、タカヨシさんが悔いの無いこれからの人生を歩める様に陰ながら応援しています。 いつでも寄ってください☆ つたない記事ですが読んでいただいて本当にありがとうございます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2017 All Rights Reserved.