2018/10/21

人は満たされていないと満たせないって話!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
「自分を幸せに出来ない人間は人も幸せに出来ない」

こういう話ってよく聞きますよね。

自分がちゃんと満たされていないと、誰かを満たしてあげる事も出来ないわけですよね。

これってどういう事なんでしょう?

言ってることは分かるんだけど、いざ実践しようとしてもしっくりこない……そんなモヤモヤを抱えている人も少なくないはず。

人は基本的にネガティブな生き物ですから、中々そんな考え方にならないのも無理はありません。

この記事を読んでもらっているという事は、あなたも何かしら悩み事やお困りごとがあるのでしょう。そういう人の為に、徹底的に自分を大事にするマインドをお伝えしたいと思います。僕もかなり悩み通した時期があり、結局この考え方に至りました。

参考になれば幸いです。

まずは自分在りきの考え方

一番初めに考えて欲しいのが、「自分の人生は自分だけのもの」[keikou]という事です。

友達のものでも、親のものでも、何かの組織のものでもありません。

極論してしまえば、”どれだけキレイごとを並べられても、どれだけの善行や富を得ても、自分が幸福感を感じられなければあなたにとって意味のない人生”ということです。

人は何のために生まれてくるのかと言われると、僕は「幸福感を感じるため」と迷いなく答えるでしょう。

そしてその幸せも一人一人違います。

自分の外側に幸せを求める事もあるかもしれません。恋人が欲しい・親友が欲しい・お金持ちになりたい・世界旅行がしたい……ただ、その幸せは自分でコントロールすることが出来ません。いつか無くなってしまうかもしれない、急に裏切られるかもしれない。だから無くなった時の反動が大きいのです。

 

まずは「自分一人でも楽しめる事・ワクワクできること」を探すのに大量の時間を費やしてください。

遠いようで虚しいようでこれが一番の近道です。

 

孤独力を身につける!孤独を経験すると大きくなれる5つの理由でも触れましたが、人は幸せそうな人をみて惹かれ、そして寄って来るのです。だからまずは[keikou]あなたが一人でも笑顔でイキイキしていることが真っ先に大事なことというわけですね。

正直これが一番大変ですが、自分ありきの考え方をしてみてください。

自分のことが好きかどうか?

自分の人生を大切にするには自分の事を好きでなければいけません。

自分のことが好きって言うと、「おいおいナルシストになれってかよ!」って思うかもしれませんが、そうではありません。かといって、”自分を認めて~”なんて堅苦しいことも思えってことじゃありません。

 

じゃあ何かというと、よくも悪くも自分勝手な考え方で良いってこと。

 

認めるとか、赦すとか、あまり考えすぎたら本当の自分がどんどん離れてっちゃうから、理由なんてなく自分は自分だって感情を持つことです。外側に好き嫌いの判断をゆだねないことが大切なんです。

僕は昔から自分のこと「カッコいい」って思ってます(笑)

男でも女でも誰でも、周りにも普通に言ってます。

バカにされたり呆れられたりするけど、別に気にしないしどうでも良い。要は自分がどう思うかだから

 

それに周りの人間だってね、そう言う相手を蔑んでいるようで実はうらやましかったりするんですよ。

平然とそういう事を言える人間がちょっとうらやましいから、小バカにするんです。そんなものですね。

 

ナルシストでなくてもいいし堅苦しく考えなくても良いけど、自分だけは自分の事好きでいてあげなきゃかわいそうです。

自分のダメなところとかイヤなところばかりに目を向けてないで、そんなものは誰だって持ってる欠点だって勝手に思っとけば良い。それが気を楽に自分を受け止めるコツです。

ホント、あなたが思ってる欠点とか短所って、相手から見たら羨ましかったりするんですよ。

徹底的に自分のことを考えていい

世の中には確かに特殊な人もいます。マザーテレサの様な半ば自己犠牲の様な生き方もあります。ガンジーの様な非暴力に訴える人もいるでしょう。それは一件”自分より他人のことに重きを置いている”と思われがちですが、そうではないのです。

彼らは「ただ自分がそうしたいという欲求のために生きていた」だけなのです。

はたから見たら善行をしている様に見えても、あの人たちからすれば自分の事を考えて自分がしたいと思ったからそうしているだけで、”自分を犠牲にしてでも”と本人が思っているわけではありません(そりゃ真実は本人しか分からないとしてもね)

だから自分を満たすために、徹底的に自分のわがままのことを考えてみて良いんです。

それは社会一般にみて「立派であること」でなくかまいません。

あなたが知っている程度の常識で考えた”良いこと”はそこまで大したことはないのですから。

 

〇「なんでもして良いとしたらやってみたいこと」

〇「心がワクワクすること」

〇「ホッと一息つけること」

〇「自然に夢中になれること」

〇「楽しくて笑顔が溢れてくること」

 

これらを少し意識して探してみてください。もしかしたら子供の頃に夢中になっていた事かもしれませんし、学生時代に友人たちとワイワイやっていた事かもしれません。

「あなたにとってためになること」「自分が笑える・楽しめること」を積極的に探すことが満足に繋がります。

 

そうしているうちにあなた自身から活力が湧いてきます。

そうすると周りから見て魅力的に見える様になります。

結果、あなたの知らないところで誰かを元気づけていたり喜ばせていたりするものです

自分のために誰かが不幸になるから失敗する

この様に挙げてくると、「自分の事だけ考えているなんてただのわがままだ」という人もいます。

勘違いしないで欲しいのが、”自分本位”と”自分勝手”は違います。

 

自分本位は「自分の事を第一に考えること」ですが、自分勝手(わがまま)は「自分の事だけ考えて他人に迷惑をかけること」です。

人が周囲から嫌われて失敗するのは、自分のこと「だけ」考えるからです。

 

そこをはき違えてしまうと、厄介なことになりますよ。僕みたいに(笑)

自分の代わりに誰かが不幸になってしまう自分の満たし方は間違っています。こらもう完全に。

だから「幸せを外側だけに求めるのはまずい」ということになるのです。

そうならないためにも、まずは自分一人でも楽しめる事や、ホッと一息つける事を探してみてください。

理想は三方よし

誰かに喜んでもらったり、周囲と良好な関係を築いていきたいのなら、まずは自分がちゃんと楽しんで喜んで満たされること。人が嫌がったり迷惑になったりすることでなければ自然と周りの評価は上がってきます(自分がそんな事を全く意識していなくても知らずのうちに好かれるようになっています)

 

理想的には「三方よし」です。

自分も相手(周囲)も、社会(学校や職場)にも良いことという事です。

学校や職場というと中々難しいかもしれませんが、ほんの小さなことで良いんです。

 

自分の好きなスポーツをやっていたら友達が自分もやりたいと言い出した。その内「僕も」「私も」という人間が増えてきていつの間にか何十人という娯楽チームになっていた。それが学校(職場)の目に留まり、ひょんなことからクラブチームを作ることに。徐々に大会にも出る事になり、「面白いチームだ」「強いチームだ」と周りの目を引くようになった。結果、に学校(職場)の評価も上がって知らぬ間に社会にも貢献していた。

なーんて、こんな様な事例も知っています。

 

自分を満たすことを考えていると現実にそういう事だって起こりうるのです。

これって最高じゃありません?(笑)

 

だから、まずは自分のことを最優先で良いですから、思い切り楽しめることを見つけてみてください。

それが結果的にあなたも周りも世の中も幸せにすることに繋がっていきますから。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.