2018/11/05

人を裁かない方が人間関係がうまくいくコツ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、夢見屋です。

今の時代、どこを見渡しても人間関係の悩みばかり。

なんだか滅入っちゃいますねぇ…

 

あなたは気づいていないかもしれませんが、日々の生活でどっぷりとネガティブな情報に埋もれてしまってます。人が人を評価して、人に合わせようとして、人と同じ価値観が正しいと思って、嫌われないようはみ出さないよう毎日毎日一生懸命無理して張り合って。

 

東京の通勤ラッシュを見てるとホントに寂しくなりますよ。

人間関係に疲れて既存の常識に振り回されてる人がこんなにいるもんかと……。

 

あなたは毎日疲れていませんか?

仕方ないじゃないか!といって自分を誤魔化していませんか?

もう肩ひじ張るのやめてみませんか?

 

人の悩みの9割以上は人間関係だと言われています。

なぜでしょうか……

「人は勝手に人を裁いたり裁かれたりし合ってるから」です。

 

「誰かに認められたい」

「あの人に振り向いてもらいたい」

「贅沢な暮らしをしたい」

「学校や会社で嫌われたくない」

「休日が孤独で自分が情けない」

「あの人が許せない」

「親に縛られている、息苦しい」

「周囲の価値観と合わない」

「ご近所づきあいが煩わしい」

「恋人にフラれたくない」

 

とまぁ、挙げればキリがなさすぎですな(笑)

 

今回はそんな人間関係に疲れている人の為にちょっと離れた目線でものごとを見れる記事をお伝えしたいと思います。僕が色んな事を学んできた中で効果のあったものや、「なるほど」と思えるような内容です。少しでも気が楽になる事が大事ですから、気楽に読んでみてください。

人は自然に何かを裁いてる

 

普段生活してたら色んなニュース見て、事件があると「あれはヒドイ!」とか「最低だ!」とかつい人と話してしまったりしますよね。言い換えると自分の価値観とか、世間の常識に照らし合わせて善悪を判断してるってことです。

浮気はダメだって思ったり、ケンカは良くないって考えたりするのも、一般常識でものごとを捉えているからなのです。

だから自分の価値観や常識に沿って善悪を決めてるのって、結果的に人を裁いているのと同じことなんですね。

これってムダな事だと思いません?

少なくとも、他人の意見や世間常識に流されて出来事を上から目線で評価する様な生き方って僕はちっこいなぁって思ってしまいます(笑)

 

何故なら自分が今までそういう考え方をしてきたから(;^ω^)

メディアに踊らされて情報洗脳されてきたってことですね。色んな価値観を斜に構えて、「どうせ水掛け論でしょ」とか「たまたまうまくいった奴の宣伝でしょ」とか(笑)

 

世の中100万通りも200万通りもいくらでも考え方って存在するんですから、素直に色んな価値観があるって認められるのが大事なんですよ。そこに一切の間違いや悪なんて存在しないわけで。

そう考えると僕たちは知らず知らずに相手に対する評価=他人を裁いてるってことになるんです。

 

こんな考え疲れちまいますから、良い悪いを決めつけて生きるのはやめてみましょう。

見栄や世間体ほどムダなものはない

はっきり言います、「人によく見られたい」とか「世間体が悪い」とかそういうの、一切やめた方が良いです。

 

これも僕自身が昔からそういった世間体とかご近所様の目とかを気にして生きてきたから、”どれだけ周りを気にして生活することが息苦しいか”身をもって体験しています。

 

なにせ育った家が昔の考え方でしたからね(^^;

「よそ様恥ずかしくない振る舞い」とか

「普通の生き方をしなさい」とか

 

そういう教育を受けてきました。まぁ今の社会の変化スピードを考えれば、当時の日本人がまさかここまでパラダイムシフトしまくる社会になるとは想像してなかったんでしょう(笑)

だから、自分自身失敗してからのリカバリーがもの凄く大変でした。

普段から人を裁いていたり、自分すらも裁いていたから価値観を変化させるのにえらい時間がかかってしまったのです。

周囲を気にするようになると、必然的に周囲の価値観を学ぶ必要があります。そうすると「自分もそういう価値観であらなければならない」というマインドが生まれて、どんどんと人を評価して、自分をそれに照らし合わせて評価するようになります。

そしてその価値観に合わないと「あいつは悪い」とか「あの人ちょっとイタイ」とかって言葉を口にするようになるんです。

 

それから先はもう負のスパイラルですよね。

この記事を読んでくれているあなたは、極端に言えば「僕の言っている事ですら鵜呑みにする必要なんかない」んです。

特に”幼い頃に頭に入れてくるもの”って言うのは、その人間の人生をとてつもなく大きく左右させます。今お子さんをお持ちの方は絶対に偏った価値観を子供に押し付けてあげないでくださいね。もう完全に余計なお世話ですが、批判されてもこれだけは伝えておきたいです!

自分の正義は絶対ではない

自分の中に確固たる信念や正義を持つことはとてつもなく重要です。そんな人は中々いないと思うしとても貴重ですからね。

 

ただ、あなたのその正義や信念が他人や社会では絶対ではないという事。これを覚えておいてほしいです。僕にも軸がありますが、それは多くの人に理解されないものだと思ってるし、自分自身だけがその信念を認めてあげられると確信しています。

あなたにもそれがあるのなら、それで良いと思います。人を裁くのではなく、どんな考え方も受け入れるという姿勢が視野を広くしてくれ、モノゴトを何からも学ぼうという意識にしてくれます。

 

残念ながら多くの人はそんなマインドになっていません。

他人は他人と言いながら自分のことだけしか考えていなかったり、「自分の考えを正当化しようとしたり」します。正当化ってことは誰かに自分の考えを認めてほしいってことですよね?

 

誰かに認めてもらえる事は嬉しい事ですが、それが”ありき”になってしまっては元も子もありません。時には嫌われる事ですら大事な事なんです。

心配しないでください、誰かを裁かないという事を意識して、この世界には様々な考え方があるんだっていう姿勢で生きている人にはちゃんと自分の価値観に合った人が「自然に」寄ってきます。

 

理屈は分からなくとも、そういう風に出来てるんです(笑)

(今は量子物理学でも感情の波動が解明されてきてますしね)

他人を律しようとすると自由が奪われる

僕がいつも気を付けているのはコレ。昔こんなアホな性格して失敗しまくってきました(笑)

他人は変えられないって言うのは本当なんです。マジで。

 

とあるツイートや動画コメント欄などで殺人や虐待なんかの議論投稿に対して

「あなたは残された遺族の気持ちを考えたことがあるのか!」

「子供がかわいそうだとは思わないのか!」

 

なんて意見が飛び交ってます。

 

 

……………それはあなたやその他大勢の価値観ではないですか?

て僕は思います。

そりゃ確かに殺人や虐待は僕はしたいと思いませんが、だからって”自分と違うから律しよう”って考え方もいかがなものかと(^^;

自分が悪いと思ったら自分はやらなければいいのです。

何かしたいと思ったら殺人や虐待の起きない社会を作るために行動をすればいいのです。それだけですよ。わざわざコメント欄に書き込んでまで自分の意見主張してるのは、一見正しい様に見えても価値観の押し付けであることが多いです。

そういったケースに限って最終的には売り言葉に買い言葉で論点がずれてることが多いし(笑)

 

だから僕はそういったコメントは一切しませんし、もし自分の中で感ずるものがあれば「自分は絶対やめよう」とか「少し寄付でもしよう」とか、行動に移すことを考えます。

それが僕にとっては健全だし、人は人の考えがあるから、合わせる必要なんてない。

 

周囲の人に対しても、人を従わせようとしてしまうと逆に自分ががんじがらめになってしまうものです。起きてるコトを少し俯瞰してみて、感じたものを自分の中に取り入れて学んでいけば良いのです。自分が違うと思ったら考えを改めればいいし、自分がそうじゃないなと思ったら「だまって」いればいいんですよ。

 

ついつい自分の意見を押し通そうとして白熱してしまうと、あとで手痛いしっぺ返しが来ます。僕はこれで女の子に嫌われまくったことがあります(笑)

 

覚えておいてください、議論をすることと相手を言い負かそうとすることは全く違うという事です。

テレビとニュースを遮断してみよう

じゃぁどうすれば良いのかというと、

「今見ているテレビやニュースの情報を遮断する」のです。つまり自分にとって余計な情報は頭の中に入れないってコト。だって人は楽しみたいし幸せになりたいし笑顔でやりたいから、ネガティブな情報をわざわざ見たり読んだりする必要ないですよね?

 

でも人ってちょっとおバカなところがあるから、”怖いもの見たさ”とか”他人の不幸は蜜の味”みたいな欲が出て、自分で自分のことダメにしちゃうんですね(笑)

 

カッコいい男目指すとか、人として良い生き様でいたいとか望むなら、そんなマイナスな情報はいらんのですよ。

 

…………あ、このサイトそういうところですから(笑)

 

 

これは意識的に遮断していかないと、ニュースフィードとかほっといてもどんどん情報が流れてきますからね。僕は変なニュースやネガティブな情報は一切入れてません。自分がもっと幸せになる方法をいつも探してます。だってその方が将来絶対に良いから。自分が笑顔で楽しくないと人にだってその幸せをお裾分けしてあげる事もできん。

 

芸能人が付き合ったり結婚したり、そういうニュースを見て自分が幸せな気持ちになるなら大いに結構ですが、ちょっとでも嫉妬や負の感情が湧くのであれば見るべきじゃありません。

だってあなたが幸せになる事が一番大事なんですから!

それを忘れないでくださいね。

まとめ

いかがですか?

普段僕も気を付けているつもりで、つい偉そうに評論しちゃうことがたまにあります💦これって本人は鼻高々なんですけど、周りから見たら結構カッコ悪いんですよね(笑)

 

人を裁かない事がどれだけ大切かお判りいただけたでしょうか?

勝った負けたという世界では2者しか存在することは出来ません。ですが、みんなそれで良いんじゃね?って人ばっかりだったら、全員が勝者です。

お金を稼ぎたいのなら他人なんか気にせず自分の社会的価値を高めていけば良い、絵を描きたいのなら他の画家からたくさん学ぶことを考えれば良いんです。

 

世間の常識や情報に惑わされず、また自分から何かを決めつける=裁くという事を止めてみたら、人間関係も恋愛も仕事も、意外にうまくいくもんなんです。

あ、その代わりそういう人間になる訓練はしてくださいね(笑)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. まりこ より:

    初めまして。
    夢見屋さんの記事を全てではないですが、拝見しました。
    読むと元気になれます。
    だから、最近毎日読んでます(笑)
    夢見屋さんは、私よりずっと年下なのに、とても聡明で心が綺麗な方なんだなと思いました。
    お世辞じゃありません。
    お世辞言う為にわざわざコメントしませんから。
    これからも、夢見屋さんのブログを励みに日々の生活を頑張ろうと思います。
    活力を与えてくれて、ありがとう。

    • 夢見屋 より:

      まりこ様

      はじめまして、コメントありがとうございます☆
      記事読んでくださって嬉しいです(^^♪

      お褒めの言葉とてもありがたいです!
      が、僕はそんなに綺麗な心は持ってません(笑)
      失敗や後悔の連続でしたからね

      ただその経験があるから、反省して成長していこうって日々思ってます(^^;

      僕のつたない記事を読んで少しでも元気になってくれているのでしたら
      これほど嬉しい事はありません。
      これからも人が元気になる記事を投稿できるため、僕も頑張ります!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.