恋人の悪い噂を聞いてあなたはどうする?周りに踊らされない大切な4つの思考!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

「ねぇ、○○君てなんかヤバいらしいよ?」

「あの子さぁ、なんか変なコトしてるらしいよ」

 

こういう会話、懐かしい(笑)

学生時代には友達間でこんな会話がありませんでしたか?

 

実は社会に出てもいろんな噂が絶えないんですよね。

 

……あ、申し遅れました夢見屋です(笑)

 

 

あなたは恋人の噂に振り回されて痛い目を見たことがありませんか?芸能界とか見てたらよく分かるんですが、世の中嘘が9割と言われているくらい、真っ当な情報が出回っていません。それは近いコミュニティでも同じことです。

 

恋人がいると、何も幸せなことだけじゃなくて、周りからの影響で傷ついたり傷つけたりしてしまうことがたくさんあります。

若い頃なんかは特にそうですよね。

 

彼(彼女)の悪い噂を聞いてしまった!

そんな時にどう考えるべきなのか、今回はそんな話をシェアしたいと思います。こういう話って初々しくてむっちゃ懐かしいんですが(笑)、はてさてそんな事で結構悩んだりお互いの関係を悪くしてしまったりするので、深刻な人もいらっしゃるはず。

 

独断と偏見ですが少しばかり参考にしてみて下さい。

火のない所に煙は立たぬ……とは言うが

噂話がどうやって起きるのか、火のない所に煙は立たぬとは言えど気になりますね。

問題は、それを真に受けて真実を探そうとしてしまうという事。

友達や同僚に何かを言ってこられるかもしれません。

 

でもそれはもしかしたら「誰かがあなたを貶めようとしてる」可能性だってあるんです。大げさに思えるかもですが僕は経験ありますからね(。-`ω-)

人の嫉妬や妬みは本当に際限ないから、その噂が真実かどうかなんていうのは分からないワケですよ。

 

戦国時代の中国じゃ敵対する国を内部から崩そうとするために「流言」なんて言葉があったくらいだから、安易に出どころの分からない情報を信じて相手を疑ったら、それこそ相手の思うつぼですよね。

 

噂は噂、ことわざ通り75日もすればみんな飽きるんです。

そんなことで惑わされて相手を疑うというのは愚の骨頂。

後で後悔しても遅いんです。

仮にその悪い噂が本当ならどうする?

じゃぁその噂が本当だったらどうするか?

 

「あの人他にも彼女いるらしいよ」

「あいつ結構借金あるみたいなんだって」

「彼は昔こんな事してたらしいよ」

 

あなたの知らない恋人の姿があっても不思議じゃないでしょう。もちろん、恋人にもあなたに言えない事の1つや2つあるかもしれません。

 

もし知りたくない噂や過去を知ってしまう位で冷めたり懐疑心に駆られてしまうようなら、別れた方が良いです。ちょっと冷たい言い方かもしれませんが……

そうじゃないと、あなたが段々相手を信用できなくなってズルズルいってしまうだけですからね。

 

僕も色んな過去がありますし、キレイなコトばっかりしてきたわけじゃない。当然初めに全部話します。少なくとも自分はね。でも相手は女性だし、嘘をつくことだってあると思うから、よほどのことじゃなければ女性の嘘は許すと決めてます。

嘘つかれると悲しいけどね(ノД`)・゜・。

 

だからあなたは悪いうわさが本当だったとしてどうするのか、自分の中で決めておくのが一番良いです。

変に慌てふためいて勘ぐった態度をとったり変な会話になったりするからお互いにぎこちなくなっちゃうんですよ。

 

本当なら別れる

本当であったとしても気にしない

 

どちらかに自分の意思を置いておくと良いでしょう。

どちらでもない様なたわいのない噂であれば笑ってあしらうのが一番です。

あなたは相手のどこが好きなのか?

かく言う僕も若かりし頃はそんな周囲の意見や噂話にほんろうしてた時もありましたが(笑)好きだからこそ全部知っていたいと思うし、理解したいとも思いますからね。

ただ相手も他人である以上価値観が違う事もあるし、自分の知らなかった事実を知って失望してしまう事もあるでしょう。

 

付き合ってからそうならない様に、お互いの「これだけは嫌だ」ってものを決めておくと良いと思います。

 

あなたにとって致命的な真実でないのでしたら、噂なんてなんでも良いんですよ。言い換えると、そういう噂や知ってしまった過去があるときは「中間チェックテスト」を受けてるんだくらいに捉えてみてください。周りの噂や干渉なんてほとんど冷やかしなんだから(笑)

 

他人に言われて改めて相手を見た時に、「自分はあの人のどこに惚れたんだろう」って考えると、初心に帰ってあの頃の恋心が刺激されますよ☆

僕はそうやって彼女への熱を燃やし直してました(笑)

あなただけは信じてあげるチャンス

もし他人が入り込んで恋人に何か吹き込まれていたり、周囲が噂だって恋人がやり玉にあがっているのなら、恋人との仲を深めるチャンスでもあります。

 

だってあなたが恋人なら、「あなただけはその人を信じてあげればイイ」んですから。そりゃ相手からしたら嬉しいコトこの上ないですよ。

もっと極端な事を言ってしまうと、「世界中が敵になってもあなただけ味方」ならあなたの恋人はそれだけで救われるんです。

 

ちなみに僕の今の結婚基準は、「1文無しだとしても友達のいない孤独な男でも関係ないって言ってくれる女性」です(笑)

どれだけ誰かに嫌われていても、独りぼっちでも、そんな所が一緒にいる基準じゃないんだよって言うの、もの凄く相手は嬉しいですよ。

 

多分そういうのが本当のパートナーなのかなってつくづく思います。あなたも今の恋人のどこが好きなのか、お金が無くても周囲から浮いていても気持ちが冷める事がないのか、考えてみてはいかがですか?

疑ってしまったが故に関係が壊れてしまった【実話】

これは僕の高校生の時に実際に体験した事なのですが、当時僕は地元の高校の野球部マネージャーと付き合っていました。

もうマネージャーと言えばテッパンの時代(笑)

 

お互い別の高校だったので普段の生活は知る由もなく、まためっちゃ可愛いコで周囲からもモテてたので僕はいつも心配でたまりませんでした。

 

そんな中、別の高校の元中学友達(僕の地元は狭いので結構同じ中学から色んな高校に進学してました)からある噂を聞いたんです。

 

「あいつ、結構浮気性だぜ」

「色んな男に股開くんだよ」

「お願いしたらヤラしてくれる女だってみんな言ってる」

 

ちなみにそいつは彼女の元カレでした。

そりゃもう完全に信じきっちゃいましたよ。

 

会ってる時もメールしてる時も、「他の男にも同じセリフ言ってんのかなぁ」とか「他の奴とどんだけ連絡取ったりしてんのかな」とか、授業中手につかない位気にしちまってましたね(若いな💧)

 

そんなだからデートの時も一緒に帰る時もなんだかギクシャクしちゃって、何にも知らない彼女からは「どうしたの?」「なんか変なコトあったの?」なんて聞かれる始末……

おバカな僕は居ても立ってもいられなくなって、ある日真相を確かめようとその友達の話をぜーんぶ彼女に問い質したんです。

 

 

まぁ、結末はあなたの予想する通りです……(´;ω;`)

 

 

 

その時彼女に言われたセリフが今でも忘れられません。

 

「そうやってみんな私の事を否定する!」

「そう思うなら思ってよ!」

 

 

……これほど自分をバカだと思った事はないな、と、その当時はめちゃくちゃ後悔しました。自分のその質問は誰の為だったんだ?相手のため?違いますよね。

 

結果的に、僕に噂を吹き込んできた元カレの情報は全部間違いではなかったんです。彼女は看護学校に通って、将来看護婦になりたいって夢を持つくらいだったので心底優しい子だったんです。だからどれだけアホな男だとしても、自分が出来る事をって思ったら懇願された事を突き放せなかったんでしょうね。色んな男と関係を持っていたのは確かだった。

 

………………ただ、それが自分にとって致命的な事だったのか?

彼女を泣かせてまで問い質せなきゃならなかった事なのか?

本当に彼女に必要だったのは”恋人という全てを認めてくれる存在”だったんです。色んな人に噂立てられて白い目で見られる事もあって、それでもそばにいてくれる存在。

 

 

「そんな事関係ないでしょ」

「過去何したかとかどうだったかとかじゃなくて」

「今○○と付き合ってんのは俺だから」

「周りがなんと言おうと俺は○○の味方だよ」

 

何故このセリフが言えなかったかと今でも後悔💦

本当にカッコいい男はそういうもんだと思います。

だから僕はこの経験があってからは一度も噂話に流されたことはありません。そういうとこれは誓って言える事だなぁ(^^;

 

中々きつい僕の学生エピソードです。

第三者に客観的な意見を求めるのも大切

学生だったり、まだ若いうちはそんな経験もしながら成長出来ると思いますが、大人になっても失敗しちゃうコト、ありますよ(笑)

 

そんな時は第三者に客観的な意見を求めてみるのも良いでしょう。あなたとは全く関係ない人です。今ではネットがありますからこういう記事を見てみても良いですし、Youtubeなんかもあると思います。自分の所属してるコミュニティがあればそこで打ち明けてみても良いかもしれません。

 

僕は本当に悩んだり判断に困ったりしたときは医者やカウンセラーに相談します(笑)恥ずかしいですが電話相談とかもしたことがあります。

(まぁあまり参考にはならないですけどね)

 

むしろ「あなたの事別に知らないからどうでもいい」と思ってるくらいの人の方が逆に忌憚のない意見をくれたりします(笑)


変な噂をきいたり、知る由もなかった恋人の過去を知ってしまった時にもそれに踊らされて相手を傷つけないよう、自分で悩みそうな時は思い切って知らない人に聞いてみるって言うのも一つの手です。

勿論この記事にコメントくれてもOKです。

 

まとめ

いかがでしたか?

あなたにも思う節がありましたか?

僕は学生時代には結構孤独な事が多かったので、恋人に対しても僕と正直ベースで向き合ってくれない子とはあまり付き合わない様にしてました。

 

特に、友達に「止めた方がいいよ」って言われて僕への態度が変わる様な子は完全NGでしたね💧「一体誰と付き合ってんの?」って思っちゃうから。

 

相手の事を思ったら、周囲に惑わされずに流されずずに「あなたを信じてます」って言う態度が一番です。

場合によっては家族からも信じてもらえていない人だっているんです。今あなたに恋人がいるのなら、あなたしかその恋人を最後まで信じてあげられる人はいないんですよ。

 

長続きするしないは別にして、その時その時の恋人を精一杯大事にしてあげてください。失敗してしまったとしても裏切られてしまったとしても、あなた自身がちゃんと決めてとった態度なら最後に自分自身が納得できます。

 

これ、伝わったら嬉しいなぁ(笑)

 

恋人がいるってホント素晴らしいことだから、ちゃんと大事にしてあげてください!

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.