男は独占欲のかたまり⁉男の出す独占欲や支配欲とその心理とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

なぜ男ってこんなに彼女の事を独占したがるのか。

女性からしたら時にドン引きってくらい支配欲強い男っていますよね?

かく言う自分も昔はかなーり支配欲の強い男でした(笑)

だから女性が喜んでくれる場合もあれば明らかにウザがられてしまった時もあります。

 

独占欲が強いことは、女性にとって良くも悪くもあります。当然相性や恋愛観によっても異なりますが、そもそもなんで男に独占欲の強い人が多いのか、今回はその心理と特徴、そしてそんな男とどう付き合っていけば良いのかをシェアさせてもらいます。

プライドが高い&感情表現が苦手

男は本来自尊心が強く設定されています。

今でこそ「草食系男子」なんてのがいますが、巷では草食系男子では成功しないとも言われています。

 

元々競争心があり、男であろうが女であろうが支配することに喜びを覚えるので、当然彼女や奥さんに対しても束縛が強くなりがちです。

つまり”自分の思い通りにしたい”という欲求を元々持っているんです。

 

しかも女性と違って感情表現が苦手な部分があるため、プライドも邪魔をして中々本心を言ったり言葉にして表現したりできません。

なぜか急に機嫌が悪くなったり、お酒を飲むと饒舌になったりするのもこういう男の性質があるからなんですね。

普段言えないことがお酒が入ると言えてしまうっていう……(笑)

 

この様な男は人一倍独占欲や支配欲が強いとみて良いでしょう。

我が強い男ほど、彼女も”自分の色”に染めたくなるものです。

生物的にライバルより優位に立ちたがる習性が…

これが一番の理由といっても良いかもしれませんが、男の世界は基本的に競争世界です。

 

〇あいつより良い点を取りたい

〇出世したい

〇収入を増やして勝ち組に入りたい

〇口論で負けたくない

 

色々ありますが、要は他のオスに負けたくないんですね。

逆を返せば「負けたらどうしようという不安」があるがために、こと恋愛においては相手を自分の縄張りに置こうとします。

彼女が他の男のいる飲み会に行くのを執拗に嫌がったり、携帯チェックとかして浮気していないか確認したがるのも、この不安から来ています。

 

なぜそこまで縛るかというと、「自分から離れていったら他の男にとられる」のが超絶嫌だから(笑)

極論を言えば、「仮に自分と別れたらもう一生他の男とは付き合わないという事が分かっていたら、絶対に束縛しない」ということです。

 

批判を恐れずに言うとすれば、”彼女と離れるのが嫌”なのではなく”他の男に行かれるのが嫌”なんですね。

女性からすれば一度はこういう男は経験あるかもしれません。

これも愚かな男のプライドがなす諸行か、とにかく行動が分かりやすい(笑)

だから別れた後も、彼女との思い出を引きずるのではなく、美化された恋愛の思い出そのものを引きずるんですね。

 

失恋を引きずりやすい男ほど執着深く、独占欲が強いと言えるでしょう。

(そう、僕の様にね……泣)

自分が価値が高いと思ったものに執着する

男は獲得率の低いレアな物や、世界に○○つなどの限定品にめちゃくちゃ弱いです。

ゲームでもそうでしょ。ドロップ率の低いアイテムとかをひたすら周回しまくって手に入れようとしてる男のコ、周りにいません?(笑)

 

恋愛でもそうです。

「この子めっちゃ可愛い!」

「本気で惚れた!」

って子にはのめり込んでしまいます。そして結果的に男らしさに欠けてしまいうまくいかなくなることも多々あります……

 

人一倍限定品や高価なレアものに弱い男は独占欲が強い傾向にあります。

ただし、お金持ちは別です。

そういう人たちは生活や精神的にも余裕があるので、恋愛でものめり込んだり独占しようとはしません。

そんなことしなくてもいくらでも女性は手に入ると心のどこかで思っている節があるからです。(ちょっと偏見ですが)

 

お金がないのに無理して見栄張ったり、後先考えずに一つのことにこだわり過ぎて周りが見えなくなってしまう男は少し注意が必要ですね。

付き合ったら過去までも全部手に入れたい

男ってバカなので、どうにもならない過去までも把握したいと思うものです。

 

男のあるある質問
今まで何人と付き合ったの?

前の男と俺どっちが好き?

プレゼントされたことないものって何?

初体験いつなの?

今までで何番目に大きい?(自分のムスコを見せながら)

 

こういう質問、女性なら絶対一度は聞かれたことあるでしょう(笑)

男は彼女の過去までも全部知りたいんです。つまり記憶も独占したいってコト。

だから執拗に聞いてくるし、正直に答えたら答えたでムッとしたりいきなり凹みだしたり……

 

女性には中々理解できないことなのかもしれません。

これも競争意識の本能だったり、独占欲の表れです。

 

前の恋人と比較したがったり、元カレより優れているところを必死で探そうとする男性はこれまた要注意です。

というかそんな経験がある男は少しばかり自分を鍛えましょう。

そこまで自分を想ってくれて嬉しいと思う女性もいるでしょうが、多くの場合はその器の狭さにガッカリされてしまうものです。

 

特殊な場合:途中で独占欲が強くなった男も

まれにですが、元々我が強いタイプではなかったものの、過去の浮気やひどい裏切りが原因で独占欲が強くなったパターンもあります。

その場合は本来の性格・気性とは違い、軽く女性不信になっているケースもあります。

 

中々見分けが難しいものの、重い考え方をしていたり、何かと約束や誓いを立てさせられたりする場合は過去のトラウマが原因となって独占欲(というより束縛欲)が強くなっていることがあります

 

僕もひどい失恋から鬱になり、女性不信になったこともありますが、やはりその時は出会った女性も心から信じる事が出来ませんでしたね。マジな話、付き合うなら公正証書としての誓約書を作ってくれって本気で思ってましたからね……

そういう時はやっぱり恋愛が重くなるので、よっぽど献身的で一途な気持ちがある女性じゃないとついてけません。

 

男の場合は特に過去を引きずりやすい傾向にもありますので、そういう場合はあまり刺激せずにそっと寄り添ってあげられるのが一番でしょう。

そうでなければ相手の為にも、本気でない恋愛はしてあげない方が良いです。

独占欲が強い男のメリット・デメリット

独占欲が強い男が悪いわけではありませんが、そういう男と付き合うことでメリットもあればデメリットもあります。

 

【メリット】

〇自分に心底惚れこんでくれる可能性が高い

〇単純なので裏表がない場合が多い

〇頼りになることが多い

 

基本的に直情的なので、扱いやすいです(笑)

ストレートな人、オレオレだけど頼りがいがある人が好きな女性には相性はぴったりでしょう。

 

【デメリット】

〇束縛が激しい

〇感情的なのでケンカも多くなりがち

〇恋愛依存の傾向なので考え方が重い場合がある

 

自立した女性にとってはあまり合わないかもしれませんね。

特に束縛や色んなチェックがあるため、そういうのを毛嫌いする女性にとっては向きません。

またケンカも多くなりがちなので、平穏な恋愛をしたい人は注意が必要です。

まとめ:独占欲の強い男とうまく付き合っていくには

独占欲や支配欲が強い男と付き合っていくには、いろいろとめんどくさい事をしなければならないこともあるでしょう。ですが、うまく手玉に取ることが出来ればコントロールは簡単です(ゲス顔)

たとえば……

独占欲男を手玉に取る言葉

「あなただけだよ♡」

「○○じゃなきゃダメ♡」

「上目遣いでウルウル……ごめんなさい♡」

「お願い、信じて欲しいの♡」

「いつでも会いたいんだからね♡」

「○○が好きなのでいいよ♡」

なんか書いてて気持ち悪くなってきたww

でも、こういうセリフは独占欲の強い男、支配欲の強い男にはキラーワードですね。

ちなみに僕もなんだかんだ言ってこういう小悪魔的なセリフ、嫌いじゃない(笑)

 

あなたがもし独占欲の強い男子が嫌いでないのなら、上手に扱ってあげると男は喜びますし、うまく付き合いを運ぶことも出来ます。

三つ指立てて三歩後ろをついてくるなんて古風な表現ですが、結構効果ありますよ。

 

せっかく縁あって付き合ったのなら、そういう相手のための努力も嬉しいものですし、相手だってなにかしてあげたいって思ってくれるものです。

ぜひ参考にしてみて、うまーく手のひらで転がしてあげてください(笑)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.