成功体験は慢心を生む!いつでも挑戦者であり謙虚さを維持する4つの考え

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、夢見屋です。

今回は「人は盛んな時に慢心に陥りがち」だという記事です。

 

こういうタイトルに関しては僕自身もこれ以上ないってくらい辛酸を舐めてますから、いつでもお気軽にお問合せ下さいね(笑)

 

よく自信をつけるためには小さな成功体験を積み重ねることだと言われますよね?

これはまことしやかに大切だと思います。

ただ、大きな成功の後には落とし穴がつきもの。

 

油断や慢心の心を持っていてはその成功は大きな転落へとつながっていってしまいます。そして一番怖いのは”自分自身で己惚れていることに気が付かない”ことなんですね。

 

なぜ成功体験が危険なのか、今回は色んな視点からあなたの役に立つ物事の捉え方をお伝えしたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

大学に受かった途端勉強をしなくなる学生

今この記事を読んでくれているあなたは大学生でしょうか?

それとも大学を卒業した社会人の方でしょうか?

 

今大学生の人も、昔大学生だった人も思い返してみてください。

無茶苦茶勉強しまくって授業を1講義たりとも欠席したことなく、大学生活の全てを勉学に費やしてきたという人、または今その真っただ中だという人、どれくらいいますか??

 

何が言いたいかというと、「人は頑張ったことが達成できた時、どうしても気が緩んでしまうもの」だという事です。

僕もそこまで有名大学を出ているわけではないですが、それでも足りない頭で必死に受験勉強をしたのを覚えています。

 

しかし……いざ合格して大学に入った途端、堰を切ったように遊び惚けたのもまた記憶に新しい(笑)目標が達成できたことで気が緩んでしまうんですね。

 

今さらながら思うのは、「本質的な事は、大学に入ることではなく大学で何を成し遂げたいか」だという事。

 

この考え方は勉強だけでなく仕事や恋愛や人間関係、ひいては人生においても重要な考え方です。

その会社に入って自分はどう在りたいのか、その人と付き合うことで自分はどう成長していくのか。大事なのは異性と付き合うことではなく、彼女や彼氏と付き合うことで将来の幸せを作っていくことなのです。

 

大学合格や就職内定が成功だとしたのなら、その先に目標設定をすることもまた成功と言えます。多くの人はそれを見落としがちだから、無駄に時間を過ごしてしまったり挫折してしまったりするんですね。いやぁ、耳のイタイ話だ(笑)

 

こう考えるとむしろ、浪人や就職できずにニートを経験した様な人たちの方が遥に成長していると思います。予備校に行ったりハローワークに通いつめたり、そういう”簡単に成功してきた”人たちと比べた時に経験の差が出ますね。

 

社会に出ても、生え抜きで同じ会社にいる人と転職を繰り返している人とは少し持ち味が違かったりします。もちろん、両者ともしっかりと努力をしているという事が前提ですが。

だからと言って絶対浪人しろとかすぐ会社辞めろとかっていうわけじゃないですからね(笑)

 

”合格や昇進という成功は気を引き締めるための出来事”だという事なんです。

「勝って兜の緒を締めよ」という言葉があるくらい、昔から人は成功すると慢心して隙が出てくるものだと分かっているんです。そしてそんな当たり前の事が分かっていながらも油断をしてしまうのが今この時期を読んでいるあなたでもあります。

もちろん僕も💧

 

宝くじの1等に当籤した人のその後の人生の末路を知っていますか?

約半数の人たちがその後人生に破綻したり、当選前より貧乏になったりしているんです。

そんな経験をするのもまた貴重ですが、できることなら成功や幸せを手にした後、しっかりと兜や財布のひもを締めて更に成長した方が良いですよね?

そしてその時気づくんです。

「あっぶね!油断しないでよかった!」って(笑)

稼げないから稼ごうと努力をする

人は頭が悪いから勉強しようとします。お金がないからどうやって稼ごうか頭をひねります。

人類が進化してきたのも、この「不足感」があったからなんです。欲求と言い換えても良いでしょう。

 

別に堅苦しくもなんともないことで、普段見ているテレビも「もっと面白い番組ないかなぁ……」という不足感があるでしょう?マンガやゲームも「もっと楽しくやりがいのあるもの」があったらそちらに飛びつくでしょう?その不足感という欲が需要となり、世の中のビジネスが回ってるんです。

あなたの人生もそれと同じで、「これでイイや」と思った瞬間に成長が止まります。そしてその先は”過去の栄光”しか残りません。

だから人は成功体験に惑わされて有頂天になり、その先の成長を見据えられず失脚していくのです。

 

これ、ホント僕体験済みですから(´;ω;`)

 

もう一つ付け足して言うと、こういう話を聞いて「それは容量の悪い奴だからだ」と思ってしまう方は残念ながら僕と同じような結果になる可能性大でしょう………

 

成功や獲得には謙虚な姿勢が伴うべきです。というかそれが無いと結果的に傲慢になっていってしまいます。もうこれは人間の性と言って良いと思いますね。

 

お金とか出世とかだけじゃなく、人生で大切な事は”成功し続けること”なんです。成功し続けるためには日々勉強し続け、成長し続けていかなければなりません。

そのために必要なのは常に”挑戦し続ける意志””周りに感謝・配慮できる謙虚な姿勢”です。

 

その時あるものや豊かさに感謝する気持ちも当然大事ですし、それと合わせていつも「まだ自分は成長出来る」という上昇志向を持つこともまた大事なのです。

 

今は”あまり無理をしない”という風潮がありますが、人の根源として、努力をしなければいつか自分も人間社会も満足はさせられないということを覚えておいて下さい。

 

いつの世だって、幸せを手に出来るのは「貢献できる人間」だけです。

貢献の大きさや広さは関係ありません。言ってしまえば、自分の家族やパートナーに最大の貢献が出来ればそれでも良いのです。

 

そう考えたら、たかだか一度の大きな成功体験で慢心している暇はないですよね。

油断に負けない屈強な精神力

成功に負けない、と言った方が良いでしょうか。成功には油断や慢心がつきものですから、その誘惑に負けない精神力を鍛える必要があります。

 

手っ取り早くおススメなのは、成功したら”次の成功をすぐさま設定すること”です。

無理をして休まず動きまくれ!というわけではありません。

少なくとも自分の頭の中だけは、「一つ達成したがこれで終わりじゃない」と考えておくことです。それがあなたを将来的に成長させてくれます。

 

良いですか?”将来的に”です。

僕もそうでしたが、人は成功したその瞬間は先の事なんて考えないんです。満足してしまっているから。

 

「まだ足りない」と思う必要はありません、その代わり「自分はもっとできる」と考える事です。

そのために必要なことは、次の目標設定の為のステップと、”自分自身の精神力をさらに向上させること”です。

人は慢心さえしなければ、一つの成功体験から様々な知識やスキルを学ぶことが出来ます。

成功体験自体はとてつもない結果を持っているんです。

ただそれに驕らなければいいだけの話。

 

何かを達成したら、みんなで打ち上げをするもよし、家族でお祝いパーティをするもよし。

 

その後、自分自身で成功を振り返った時、過去の栄光にしてしまうのではなく、その成功を生かした次の成長目標を設定するのです。

 

試しに周りで大きな成功をした人に聞いてみてください。

必ず油断や気の緩みと言った言葉が出てくるでしょう。そこまでに人は怖いものなのです。

 

世の中の成功者は須らく失敗をしています。その多くは慢心や油断から来ているものです。(もちろん不可抗力的なものもありますが)

 

結果的に成功に溺れてしまうという事は”自分のメンタルがまだその成功に追いついていない”という事ですから、余計な自惚れで折角の成果を台無しにしない様、気持ちの心構えは必要です。

痛い思いをすると成功した時には味わえない
気分を味わえる

成功の過程にはもちろん失敗や挫折もあります。

「なぜ自分がこんな目に!」という様な事もあるでしょう。

 

ですが、僕からしてみればそういうキツイ思いは”成功した時に慢心を防ぐ大きな経験値”だと思っています。

 

どんな成功者でも絶対に”底”だったり”下積み”は経験しています。

そんな人たちが口々に言うのは「そんなもん、失敗の方が多いよ」です

 

僕が思うに、今幸せや経済的余裕を手に入れている人は「失敗を失敗とも思わない、ちょっと頭のネジ外れてる様なおバカ」なんじゃないかと(笑)

ただ、痛い思いをしてきたから今の成功があるわけで、「そんな当たり前の事既に知ってるよ!」とのっけから否定せずに積極的にリスクをとれる人だけがチャンスをものにしてるんだと思います。

そりゃぁ怖いですよ、守るべきものがある場合なんかは特に。僕も昔だったら絶対にリスクなんて取らないって思ってました(笑)

 

でも、「棚から牡丹餅」的な成功では先は見えてます。それもみなさん分かってるんですよね。

 

そう、みんな分かってるんですよ。

「大きな苦労の後に味わう成功の方が自分を豊かにしてくれる」ってことを。逆に言うとその成功は挑戦したから得られたもの、努力したから得られたもの、そして成功するためには謙虚な姿勢でものごとに取り組んだ結果だっていう事を分かってるんです。

 

でも成功した瞬間それを忘れてしまうから溺れてしまう………

人間て面白いですよね(;^ω^)

 

意中のあの人と付き合えてしばらくはモノスゴク幸せなのに、それが続くと当たり前になってしまうのと同じです。

言ってしまうと「失敗体験を絶対に忘れない」意識があれば成功しても慢心することはありません。

成功と挫折は常に表裏一体

成功と挫折はいつも紙一重だと覚えておいてください。成功は成就するまでに時間がかかりますが、挫折はほんの些細なことで一瞬にして起こります。

 

これは信頼と同じですね。

友達関係も会社での関係もそうですが、信頼関係を築くというのはとても時間がかかるものです。反面、信頼を地につけるのはあっという間です。ホント、あっという間ですよ。

 

一つの成功に慢心して油断していたら、転落は一気に起こります。

人はその転落の可能性をほとんど考えていません。だから色々なものを失った後にようやく気付くのです。

 

僕からしてみれば、「一度大きく失った方が人は勉強できる」ものだと思っていますが、できることなら転落するより成功し続けられた方が良いですよね?

 

失敗をあまり経験せずに成功ばかりというのは稀です。それでもやっぱり人は幸福感や成功という結果にやりがいを感じますから、いつも”自分にとっての成功や幸せを得る事と、何かを失ったりどん底に落ちたりするという事は表裏一体のもの”だという事を忘れないでください。

 

成功にはリスクがつきものです。挑戦しなければ何事も成果を得る事はできません。成果を得るためには何事からも学ぶという謙虚な努力が不可欠です。

 

まとめ:とにかくメンタルを鍛える!

いかがでしょうか?

目の前の成功に甘んじていては自分の人生が豊かにならないという事がお判りいただけたでしょうか?

本当は失敗なんかなく、ぜーんぶ自分の想い通りの人生になった方がそりゃ良いですよね(笑)

 

でも、成長失くして成功が掴めないのと同様に、人はなぜか”簡単に手に入る成功は面白くない”と感じるものなのです。

小さい頃からの刷り込みかもしれませんし、世間一般の常識に問われているだけなのかもしれません。ただ、上の言葉は真実です。少なくとも僕はそう信じています。

 

そのためには、確固たる信念や揺るぎないメンタルを身につける必要があるでしょう。

人は感情の生き物ですから、自分の感情=メンタルを上手にコントロールしなければ大きな成功は達成できません。

仕事でも恋愛でも、根本は同じことです。

 

度胸があって恐れず目標につき進める人ほど強い人はいません。それは成果云々の比較ではないのです。

 

自分にとっての成功を維持したいのなら、過去の成功体験に惑わされないことです。

 

成功は1日経てばもう過去の栄光です。その結果に甘んずることなく向上し続ける事を止めない人に本当の成果や成功が訪れるという事を忘れないでくださいね。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.