仕事でも人間関係でも素直さを持つことがうまくいくコツ!~4つの考えを体に刻もう~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、夢見屋です!

今日は僕の苦手だった「素直さを持つと人は必ず幸せになれる」っていう話です。

皆さん素直さ、持ってますか?

子供の頃は純粋に先生や大人の言う事を聞いていたのに、大きくなるにつれて色んな知識や先入観が入ってついつい色んな物事にフィルターをかけちゃうんですよね。

人って基本疑い深い様に出来てますから、大人になってから新しい知見や価値観に触れた時にどうしても素直に受け入れられることが出来ず、

 

「でもどうせ○○なんでしょ」

「それは普通に考えたらおかしいよ」

「あの人の言うことは私には合わない」

 

なんて勝手に弾いて裁いちゃうんですよね。

自分の価値観だけで世の中のもの全てを判断できるわけじゃありません。

新しく何かを学びたい、もっと成長したい、人間関係を円滑にしたい、こう思った時に必ず必要になってくるものは何か?

それは僕は”素直な心”であると実感しています。

 

でも意外に素直な心って持ちづらいんですよね、ついつい自分の価値観や考え方が前に出てきちゃう……

そんな人の為に今回は人間関係・成長に必要な考え方をシェアしたいと思います。

色んな事に素直な人って、やっぱ男でも女でもモテるんですよね(笑)

 

教えてもらう能力

まず考えてもらいたいのが、何かを学ぼうとしたとき、大事なのは「教える側の能力ではなく教えられる側の能力」です。

つまり、仕事の先輩であったり、友達であったり、学校の先生であったり、どれだけ指導する側の能力が優れていても、それを享受する側の能力が低かったら全くと言って良いほど身になりません。

要はそこに「素直に実行し、身につけようとする姿」があるかどうかで、結果は大きく変わってくるってことです。

これに関しては僕は相当色んな師匠たちに鍛えられてきたので、自信を持って真実だと言い切れます。

友達関係だってそうですよね?何か教えてもらったり、新しい事を聞くときに、能書き垂れてくる奴と「ふんふん、へぇ~そうなのか💡」って素直に聞いてくれる奴、どっちが好感持てます?

考えるまでもないですよね(笑)

 

変に自分の考え方や価値観に固執せず、新しいものごとの考え方として受け入れる姿勢で臨んでいれば、色んな人から可愛がってもらえるってことです。

特に年齢を気にする人は多いですが、社会に出たら年齢なんてあまり関係ありません!(年上にタメ口でイイとかじゃないすからね!)

年齢が若くても人として大成している人はゴマンといます。「年下の奴に教わりたくない」「若いから自分の方が人生経験豊富」といった思い込みは絶対に捨てましょう。

素直さは指導してもらう側の能力です。自分にその力がちゃんとあるか、自問自答してみてください。

偉い人ほどとにかく謙虚

「実るほど頭が下がる稲穂かな」とはよく言ったもので、出世している人や成功してお金持ちになった人などを見ると、みんな謙虚な姿勢を持っています。

肩書とか年齢とか関係なく、どんな人に対しても分け隔てなく接しています。(その代わり自分の時間を使うべき価値があるかどうかは鋭く見分けています、恐ろしや)

 

昔とある社長の講演で印象に残った言葉がありますが、その社長は「人生で出会う人は全て自分の師である」と言っておられました。

つまり、”自分が60歳になろうが70歳になろうが、他の人たちの人生はその人にしかない経験があるから、それは自分には新鮮な知識や経験になる。そう考えたら人生で出会う人は20歳だろうが30歳だろうがみんな色んな事を教えてもらえる師匠みたいなもんだ”という事なんだそうです。

 

いや、謙虚すぎるでしょ(笑)

そういう言葉に触れると普段後輩に偉そうな口叩いてる自分が恥ずかしくなりますね💦

 

素直さと謙虚は同じ性質を持っています。素直さがある人は謙虚だし、謙虚な人は必ず素直な一面があります。

自分一人ごときの経験や能力なんてたかが知れてる

素直さを持つために気を付けなければいけないのが、中途半端なプライドです。

自分がこれまでに経験してきたことや学んできたこと、それらは自分にとってはとてつもなく貴重な体験かもしれませんし、大変な苦労をしてきた結果なのかもしれません。それ自体を否定はしませんが、あくまでそれは自分だけの経験です。

世の中には人の数だけ体験・経験があります。

自分を成長させようとした時、単純に自分の過去の延長線上だけでものごと考えてしまったら、それは自分の殻の中だけの話になってしまいます。

 

僕は既に30歳を超えていますが、僕が30年かけて得た知識や体験なんて本当に微々たるものなんです。

そこにプライドを感じて安っぽい体験談に己惚れてしまっていては成長はありません。

素直さを持つという事は「自分の固定観念や過去の栄光にすがらない」ということなんですね。

常に自分が初心者のつもりで、修行者のつもりで事に当たっていく姿勢を持てれるかどうか、これはもの凄く大事です。

 

僕もうまくいっていなかった時期は必ずと言って良いほど過去の成功体験を基準に物事を捉えていました。

後輩の前では自分の体験談を鼻高々に話していても、そんな小さな成功が絶対なんかじゃないんです。

過去の成功が全てだと思っていたら、新しいスキルも、ビジネスも、人間関係も創り上げていくことはできません。

もちろん、異性にモテる事もできません(笑)

 

くだらない自尊心は捨て去りましょう。常に学ぶ姿勢を持つことで人は多きく成長することが出来ます。

こういった記事を読んで、「なんだよありきたりな話じゃないか」と思っている時点で固定観念に縛られてますよ(笑)

 

どんな小さなことでも、聞き飽きた様な話であっても、それを受け流すのか積み重ねていくかで未来のあなたの姿が大きく変わります。

いつも柔軟な心構えでいる事で、色んな人の支えや協力があって世界が出来ていることに深く気づくことができます。

失敗や裏切りに対しては良い学びだと捉える

素直さというのは「なんでもかんでも全てを信じて受け入れる」という事ではありません。

時に失敗や挫折、そして誰かの裏切りや詐欺まがいの出来事に遭遇することもあるでしょう。

精神的にもキツイですよね。

 

ただそこで素直さを後悔してほしくはありません。なぜならそれも貴重な体験だからです。

これは僕自身も声を大にして言いたいところですが、「人は失敗や裏切りで落ちたことがなければ絶対に成長しない」です。

嘘だと思ったら色んな自己啓発のブログや本を読んでみて下さい。みんな大きな失敗をしてます(笑)

仕事でも、恋愛でも、家族関係でも、失敗からしか人は学べないようにできているんです。

危機が起こるから、必死に生き延びようとして知恵やスキルをつけるのが人間です。その本質を知っていれば”ただの失意や後悔”ではなく”成長するための学び”として捉える事が出来るはずです。

この体質になっていくには時間がかかるでしょう、それでも「当たって砕ける」ことをしていくことが成功や幸せへの大事なカギだという事を忘れないでください。

意外にみなさん、失敗しまくってますよ(笑)

まとめ

いかがでしょうか?

大人になればなるほど、素直な気持ちで学んでいくって難しいですよね?

会社で働いていけば後輩や部下もできるでしょうし、これまで自分の人生で得た考え方って中々変える事ができないものです。

ですが少なくとも僕の尊敬している人たちは40歳でも50歳でも勉強する姿勢や好奇心を持ち続けています。

子供心と言っても良いかもしれません。

 

そしてそういう心構えはやはり素直な心からしか生まれてきません。

素直に学ぶから出世や収入がついてくるし、新たな発見があったり新たな出会いも生まれてきます。

 

あなたが楽しい人間関係や充実した生活を送りたいと願っているのであれば、ぜひ素直さをもつ努力をしてみて下さい。

それはちょっとした受け答えや態度に現れてきます。よく観察してみると面白いくらい自分が分かりますよ(笑)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.