【失恋】辛くても過去に逃げないと言う事が死ぬほど大事な6つの理由!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

こんにちは、最近初心を思い返している夢見屋です!

 

人は誰でもきつい時、辛い時、比較的うまくいってる時、絶好調の時、色んな状態がありますよね。

そして何かきついことがあると「あぁ、あの頃は良かった……」なんて過去を振り返って思い出にふけること、よくありませんか?

 

特に失恋に関してはある意味お金の問題以上にきつい話ですよね。

 

僕は一時期マジメに”お金で本物の愛情が買えたらこれほど楽な事はない”って考えてたことがあります。お金目当ての女性じゃなくて自分が望むすべての性格や容姿を兼ね備えた女性がお金で買えるとしたらこれほど天国な事はないだろうと(笑)

 

人って失恋して辛かったりしんどかったりするとすぐに過去に逃げちゃうんですよね💧自分の成功体験にすがっちゃうと言うか。

そして

 

「もうあんな恋愛は出来ない」

「あれだけの人とはもう付き合えない」

「自分はもう誰にも見向きされない」

 

って自暴自棄になってしまう。

これじゃせっかくの人生がもったいない!

 

という事で、今回は「辛くても過去に逃げない」という大切さをこれでもかってくらい伝えたいと思います(笑)だって自分が情けない頃ありましたからねぇ……泣

少しばかりでも参考にしてみて下さい。

辛い過去が思い出される時は逃げたい時

何度も何度も辛い失恋の記憶がよみがえる時、それはどこかしらこの現状から抜け出したいと思っているという事。

 

今がイヤで、不満足で、良くなりたいから過去の思い出に浸っては良かった頃、幸せだったころを思い出すんです。

そうじゃなかったら人は過去を思い出すことなんてないです。今をしっかり充実させてたら浸ってるヒマなんてない(笑)

ふと過去の恋愛や幸せだった思い出に流されてるな~って思ったら、妄想でも良いから「幸せな未来・笑顔になってる未来」を頭の中に思い浮かべてください。その熱意や願望があなたを未来の幸せに向けて前進させてくれます。

 

僕も同じようにきつい時や苦しい時は過去ではなく、未来の自分の笑顔を思い浮かべて頑張ってます。その方が健全ですし、異性から見ても”希望とか願望”を抱いてせっせしてる人を好きになりますよね?世界中の人が知ってるごく当たり前で単純なことなんです。

 

それが知ってても出来ないから困ってるんだ!

 

って思うでしょ?

だからこそ大切なんですよ(笑)

無理やりにでもイイし、逆にストレス溜まるって思ってもイイからそうするんです。あなたの失恋が同じ原理で実現してきたように、未来もまた、どうなるか分からないんですから。

本当は過去に浸ると気持ちがイイだけ

それに、人は感傷に浸ってる自分が可愛いんです。悲劇のヒロインになって自分が可哀そうだと思い込んで、被害者だと感じると楽でいられます。

失恋したばかりの人はちょっときつい言葉なのでこれから先は見ないでくださいね💦

 

失恋したばかりで死にそうな人はコチラ⇩⇩

 

自分は悪くない、自分だけが本当に辛いと思っていると自分自身では完結できるかもしれませんが、そこから進めません。誰かのせいにしたり環境のせいにしたり、時に自分自身を否定して責めたりしてうまくいかないのです。

僕も体験済みなので、執着してしまったり過去に逃げたりする気持ちはよーーく分かります。でもそういう時間はできるだけ少ない方が良い。

ちなみに僕は過去を引きずる事2年3年は当たり前というダメ男でした(笑)いや、笑い事じゃないくらい自分で嫌気がさしてましたけどね💦

だから身をもって分かるんです。

「この性分続けてても何も起きんな、と」

 

大事なのはあなたの幸せですから、これから先どうやって幸せになってやろうかと作戦を練ることが一番なのです。

今どうしても過去の失恋や楽しかった恋愛に逃げてしまう人はこの事を覚えておいてください。あなたが幸せにならにゃ始まらんのです。

過去を思い出すという事は忘れない練習をしているという事

ちょっと小難しい医学的な事を言ってしまうと、記憶は一旦「海馬という脳の短期間保管庫」に運ばれます。

この海馬は一時的な保管庫なので、どうでも良いと思っている事はすぐに消去されてしまいますが、インパクトの大きい出来事や、”繰り返し呼び起こされる事象”に関しては、大脳皮質というでっかい保管庫に移されます。あなたが頑張って暗記した九九算や英単語なんかもこっちに移ってます。

 

当然、「思いきり幸福を感じた事」や「死にそうな思いをした事」も同じです。つまり、過去を思い出すという事は”記憶を何度もがっつりと脳みそに刻み込んでいる”ってコトになります。

 

例えば、忘れたい・思い出したくないと思っているのに、それを思い出してしまうかの様な思い出の品や思い出の場所、景色、生活環境なんかがあったりするなんてことありませんか?

そりゃ忘れないための体制が万全という事に(笑)

 

あなたにも意外にそんなところがあるはず……

 

僕はこれがイヤで思い出品も全部捨てて、日用品から食器まで使うもの全部変えて、住むところも捨てて、しまいには働く場所も変えました。自分が前に進むためにはこれくらいしないとと思ったから、周りの声とか一般常識とかそういうの一切無視して自分で決めました。

やりすぎか(笑)

 

まぁそこまでしなくても、何かを決断する時ってやっぱり自分で思い切り過ぎるくらいが丁度良かったりするんです。

 

覚えておいて下さい、今辛いからとか満たされないからって言って過去に逃げていたら、あなたの脳みその記憶には「絶対に変わることのない思い出」しか残りません

そんなの寂しいじゃないですか。

 

これから先の未来の思い出とか幸せを創っていかにゃ。

もっと先に待ってる喜びや幸福感をどんどんと長期保管庫に貯めてくんですよ。大脳皮質はどうも1,000兆個の項目を保存できるみたいですから。

まだまだパソコンには負けてられませんな(笑)

イヤな過去は辛いという自分を自己正当化するためのもの

「自分はよくやったよ」

「あれはあれでどうしようもなかった」

こういう風に思う事も大事です。

大事なんですが、その自分への声かけは「単に自分を正当化するための言葉」になっていませんか?要はただの言い訳として都合よくなっちゃってませんかってことです。

 

自分を責め続けて自分が壊れてしまうくらいならそっちの方がマシですが、単なる逃げ口上として使っているのであれば少し注意が必要ですね。

上に挙げたように、人はずっと思い込んでいる事が刷り込まれますから、逃げ癖がつくとどんどんと人格が弱くなってっちゃいます。

 

どうしても思い出してしまったり過去に引きずられそうになるのなら、「その思い出す過去から自分が改善しようと思える何かを見つける」ことに意識してみてください。

良いですか?改善ですからね?

 

ひねくれて自暴自棄になって悪い方向に考え方を改悪してしまうと、僕の様な大きな軌道修正が必要になりますから気を付けて(笑)

人間は弱い生き物

…………と、ここまで書いてきましたが、それでもやっぱり人は弱い生き物です。過去にすがったり何かに依存したりしてしまうもの。

 

上に書いてきたこともホントに大事な事なんですけど、それでもきつい時ありますよね。僕もそうだったからあまり偉そうな事は言えません。

お医者さん通いになったり薬漬けになったり、色んなもの乗り越えてきた気がします。特にセロトニンとかドーパミンを作らにゃと思って食生活に豆類とか魚類とかをふんだんに取り入れてたこともあります。(今でもなるべく健康食に気を付けてますけどね)

 

場合によってはPTSDの疑いなんかもあると思うので、明らかにヤバいと思ったら医療機関に頼るのも手です。

薬がイヤなら下のようなサプリメントでも良いでしょう。



僕も使ってましたけど、効果は確かにあります。

そして言えるのは、どういうメーカーのサプリもさして大差はないということです。ドラッグストア行って元気系のドリンク買ってもいいし、ネットなら安く買えますし。

 

気を付けなければいけないのが依存ですね。

医薬品でないサプリとかでも、プラセボ効果で 使ってると、逆にその薬が無いと不安でしょうがないという気分になってしまう場合もあるので要注意です。

 

薬を使うのは変な事じゃないし恥ずかしいことでもないけど、あくまで一時的なものとして捉えてください。

最終的に必要なのは「そんな弱い自分を受け入れて、それでも未来にもっと幸せになる」という自分の決意です。

 

結局はそういうみんながバカにする様なマインドが大事なんですよ。これは辛い体験やホントに苦しい経験をしてみないと分からないことかもしれませんけどね。

未来に潔さをもつことが本当に大切

僕がこの記事を通して伝えたいのは、「未来に潔い希望を持つこと」です。なんだか自己啓発的な言い方になっちゃいますが、学問も仕事も恋愛も友人関係もみんなそうです。

 

明るい方が良い

楽しい方が良い

笑顔な方が良い

希望があった方が良い

 

結局ここかって感じですけどね(笑)

普段はあえて口にすることもないし、だから本質はやはりここかなと。言い訳して自己正当化して他人のせいにして生活することもできる。

 

けどキレイごとを言いながら生活することもできる。

だったらキレイごと言いながらがっつり稼ぎたいと思いませんか? どマジメに明るい話で女の子(男の子)口説きたいと思いませんか?

潔い男になれ!別れ際に男の器が問われる5つの思考!

僕はこの先何が起ころうとも、昔のように周囲のせいにしたり自分の人生を呪ったり怒りをまき散らしたりせず、明るく生きると決めてますから。

(また重いって言われる笑)

 

だからあなたも潔さを持ちましょう。

過去を諦めて未来を見ましょ。

 

そうした方が絶対に楽しい。あなたが楽しい。

まとめ

思い返してみるとこういう【過去系】の記事って多くなってるなって改めて分かりました(笑)それだけ僕自身も過去に執着してきたんでしょうね💧

 

そんな偉そうな事言えないけど、少しでも伝えていくことは出来るのかなと。特にまだ若い20代の人たちにはホントに未来に願望とか目標を描いてほしいなって思います。そんな大げさなものじゃなくてイイから、「思い切り自分目線の欲望」を持って欲しい。

 

そういう所から段々周りが見えてきて、その先の世界が見えてきて、そのうち社会貢献したいとか思い始めるから(笑)

 

過去に逃げてたらホントにもったいない。

僕もこの歳で頑張ってます。

ここまで読んでくれたあなたも頑張れます。

だからお互いに前に進んで行けますよ!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.