<面白がって見てるだけじゃつまらない>山口達也さんの事件から学ぶこと~真実は関係ない~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。

2018年5月、アイドルグループ「TOKIO」の山口達也さん(メンバーと呼ばれている)が、女子高生に無理矢理キスをし書類送検されたとして世間を騒がせた強制わいせつ事件。

当の本人を厳しく叱咤する声や被害者に対して同情・批判する記事がたくさん出ましたね。

 

芸能界は怖いもので、個人のブランドやイメージで売っているだけあって一度不祥事やスキャンダルを起こしてしまうと一気に失脚してしまうものです。

そして世間もいわゆる「やらかした」話ってのが非常に好きなので、良い様に言われ続けてます。

特に芸能界関係の著名人からの批判、怒りの声はネタとしても売れるため、面白い様に連日取り上げられてますよね。

今回の山口さんの件、個人的にはなんとなく分かるなぁって気がします(笑)

こういうとものすごく批判を受けそうですが、山口さん本人がどう感じているのか同じ男として考察してみました。

そしていつもそうですが、芸能界の不祥事や問題って世の中の縮図だと思うんですよね。

一般人の私生活でもそこらじゅうで起こってるわけだし。

そんな事件やトラブルをただ面白がって見てるんじゃなく、何か教訓になるものを考えてみます。

本当の真実は分からない

芸能界での話です、メディアでは色んな説が騒がれるもんです。

目新しいネタや人目を引くようは説など、何が本当の真実だったかなんて当の本人同士しか分からんのです。

 

”隠された真実”とか”実は○○だった”とか、そういうきな臭い話が喜ばれますから、マスコミや利権関係者はこぞってあることないこと金のために書きます、噂を流します。

はたから見てると一般人て本当にメディアの良いエサにされてるんだなって思いますが、それも大衆の性なのかもしれません。

 

ただ、誰かが不幸になった話に喜んで食いついていくより、そこから何が学べるのかという見方をしてほしいんですね。

メディアを通じての情報は脚色されていたり売れる様に操作されたりしてますから、あなたが直接山口さんと会って話を聞かない限り真実は分かりません。

 

そんなこと分かってるって?

そんな事分かっていながら関係ない他人の不幸や不祥事に乗っかって面白がって見てるの、なんだか虚しいじゃないですか。

せっかくなら、客観的に今回の事件を見て自分に活かせるものを見つけてみましょう。

起こってしまったものを真摯に受け止める

とはいえ、山口さんが「犯罪」を犯したことは事実です。

”強制わいせつ罪”………なんだか悲しいなぁ。

けどこれが紛れもない事実。巷では色んな説が騒がれているし、なかにはハニートラップだったんじゃないかって言われ方もしてますが、なにはどうあれ犯罪は犯罪です。

 

仮にたとえ”無実の罪”だったとしても、その騒動を引き起こしたのは山口さん本人です。

 

もしかしたら女子高生を部屋に呼びつけたなんて真っ赤なウソかもしれません。

だれかの陰謀ではめられたのかもしれません。(まぁ記者会見を見る限りはそんなことはあまり考えられませんが……)

 

ただ自分に全く関係ないところからの仕打ちだったとしても、自分の責任です。

普段の自分の振る舞いや態度に隙は無かったか?

独り身だったとしても自分を保つ努力をしていたか?

現代社会で暮らすための最小限の常識やマナーは持ち得ていたか?

 

こう考えてみたら、何が起ころうとも、どんな真実があろうとも結局は本人の責任以外のなにものでもありません。

というかそういう考え方でなければいけないのです。

ましてや芸能人というイメージで売っている人物であれば尚更世間の反応に対しては過敏すぎると言って良いほど普段の生活は律しなければならない部分があったはず。

だからこそ会見での「もう一度やり直すことが出来たら……」というセリフには少し悲しさを覚えました。

 

男なら、やっちまったコトはどんな理由があっても背負わなきゃなりません。

その覚悟と自覚がなければ、世間に顔を出すことは出来ないでしょう。

芸能人だって逃げたいところはある

とはいえ、(マスコミの情報を全て信じるとして)山口さんのしてきたこと、僕にもよく分かるなぁ(笑)

確かに芸能人だから、世間に対するイメージや印象、信頼が一番だと思うんです。

 

ただ山口さんでも誰でも、今まで捕まってきた人だって一人の人間です。

芸能人だから特別メンタルが強いわけじゃない。むしろ過酷な仕事で辛いこともたくさんあるんだと思います。

そんなとき、どこかに心の安らぎを求めてしまうのは無理もない話。

 

確かに法を犯して世間様から批判を受けるようなことだったと思いますが、同じような経験をしてきた僕には少し分かる様な気がします。

日々過酷な生活や仕事環境で精神をすり減らしていたんだと思います。

 

時間にも追われ、仕事にも追われ、メディアにも追われ……

それが当たり前の業界とはいえ、やっぱりどうしても彼を責める事は出来ないですね。

 

芸能人だって逃げたい事はありますよ。休みたい時だって嫌になる時だって自暴自棄になるときだってある。今回は逃げ方がまずかっただけで、みんなそう。

むしろ適当に面白がって誹謗中傷してる輩は自分自身が本当に自分の人生を生きてるのか?とさえ思う。

 

だから誰か一人くらいはあの会見での涙の理由を違う解釈で捉えてあげられる人が居ても良いんじゃないかって。

絶対に腐ってほしくない

僕もそうだし、僕だけじゃない同じような人はたくさんいる。

「やらかした」

「恥をかいた」

「大失敗・大挫折をした」

「落ちぶれた」

山口さんは芸能界の人間だから、ああいう業界で今回みたいな不祥事が起きたら、舞台に戻れる可能性は限りなく低くなってしまうかもしれない……

それでも、山口さんには腐って欲しくないなぁ。

 

そこから恥をしのいで、やっちまったこと全部受け入れて、迷惑をかけた被害者やメンバーの気持ちも全部背負って、前向いて成長していって欲しいなぁって心から思います。

 

大きな失敗で色んなもの失って、それが自分の責任だったら自業自得だって罵られて。

ほっといたらどんどん腐ってしまいそうな心を、それでもしっかり大切にしてほしい(本人しか出来ないからね)

 

失敗や罪悪感や後悔が無かったら、多分人は大きく成長することは出来ないと思うし、これはやっぱり同じように苦しんできた人にしか分からんと思う(笑)

 

まとめ:個人的意見

記事を書こうと思って山口さんとかTOKIOを検索してみたら、ホント事件の話題ばっかり(笑)

それだけ負のイベントは人気が出るんですな。

 

僕は芸能界の人間じゃないし、業界の事もてんで分からないけど、一人の人間として、男としては共感できるものがたくさんあります。

今までTOKIOって「鉄腕ダッシュ」くらいしか知らなかったしイメージもなかったから、山口さんのキャラクターだってよく分からん。

 

それでもこの事件の事については山口さんのしてきたことがよく分かる(笑)

寂しかったんだろうなぁって。

安らぎが欲しかったんだろうなぁって。

自分の欲に素直になってみたかったんだろうなぁって。

 

結果的に法律違反になっちゃったけど、でもこれまでの報道がおおむね合っているんだとしたら、気持ちは凄く分かるし応援したいと思う。

1000人いて985人は猛烈批判だとしても、15人くらいは気持ちに寄り添ってくれる人はいるよ。

その15人の人たちに心から感謝することから始まって、これから長い道のりになるかもしれないけどもっともっと自分を成長させていって欲しいって。

いつかあの時支えてくれた人たち、励ましの言葉・叱咤激励の言葉をくれた人たちに恩返しするつもりで、頑張って欲しいです。

腐るな、負けるな、これがポイントですね(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年生まれ、片田舎の町でごくごく普通の生活を過ごしてきた男。 幼少期から色恋沙汰に恵まれ、良くも悪くも恋愛にのめり込んできた人生だが、32歳で離婚を経験、その後の失恋続きで自分の生き方や人生を大きく見つめ直す事になる。 「人生しくじったダメ男が恋愛と自分磨きを通じて成長していく」ことを立証するため、また悩める人へ力を届けたいとの思いからこのサイトを開設。 第二の人生を模索しながら日々ブログを更新している中年若輩者。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 生き様オトコ恋.com , 2018 All Rights Reserved.